ろく6935が「King’s Row(キングスロウ)」を徹底解説!最後の第三ポイントをチェックしよう!

どうも、ろく6935(@roku6935)です。
今回はキングスロウ編の最後ということで第三ポイントについて書いていきたいと思います。

関連記事


キングスロウ第三ポイント 特徴

・高台は少ないが戦略に生かしやすい非常に重要な場所
・ゴール付近が広く、射線が通りやすい
・守り側のリスポーンが圧倒的に近い

前半

後半


は主な高台
はチョークポイント
は裏取り可能な連通
『攻め』と『守り』の各解説で画像を使用するので、参考にしてください。

攻め

おすすめメインタンク――ラインハルト

長い射線が多い+遮蔽物が少ないため、ラインハルト盾が非常に効果的に働きます。通路の広さもラインハルトが戦いやすい広さで、裏取りルートや高台も少なく対処しやすいです。

前半部分は赤い矢印ルートから裏取りと青い高台からの射線を気を付けて進んでいきましょう。

後半部分の最後のひと押しでラインハルトがいれば非常に押し込みやすいです。アースシャターやチャージが狙いやすい上にハンマーの火力も存分に活かせます。
ただし後半部分は曲がり角を過ぎれば射線をもろに受ける上に遮蔽物が全くないのでバリアと体力を残して戦えるようにしておきましょう。

相性の良い味方ヒーロー:ザリア、ブリギッテ、ゼニヤッタ

おすすめメインタンク――ウィンストン

キングスロウ第三ポイントの高台は数こそ少ないですが、非常に重要な場所になっています。特に高台から狙撃するヒーローが双方どちらかにいる場合、高台を取れるか取れないかで勝敗が決まることもあります。高台の取り合いにおいてウィンストンは非常に有用です。

高台の抑え方としては味方の高台のカバーもしくは敵が確保している高台へ圧力をかけるかの2択が多くなります。敵高台へのジャンプはそれなりにリスクがあることを認識しておきましょう。

後半部分においても敵がリスポーンして出て来る左右の赤い場所の片方ならウィンストン単独で抑えることが出来ます。敵に射線が通らないと活躍できないヒーローがいるなら積極的にゾーニングしに行きましょう。ただし、一度奥に行ききってしまうとそこから味方のカバーがしにくいので判断は間違えないようにしましょう。

相性の良い味方ヒーロー:D.Va、ゼニヤッタ、ゲンジ

遂にキングスロウも最終回。しっかり内容を覚えよう!
前のページ
1
2
次のページ

ろく6935

プロフィールを見る

Overwatchを主にプレイ。 ロールをタンクとしてプレイする実力のあるプレイヤー。 得意タイトル:Overwatch。

あわせて読みたい

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る