【プレゼントキャンペーン】最高峰ゲーミングキーボード「REALFORCE RGB TKL」をGreen Leaves所属のbyknが発売直前レビュー!

投票すると豪華賞品GETのチャンス! シブゲミー賞 2018 この記事に投票する(1日1回)

東プレ株式会社が放つ待望のゲーミングキーボード「REALFORCE RGB TKL」が12月21日(金)に発売することが決定いたしました。
「REALFORCE RGB TKL」は2016年に発売したゲーミングキーボード「REALFORCE RGB」のテンキーレスバージョンであり、特にゲーマーにとっては垂涎もののキーボードとなっています。
そんな「REALFORCE RGB TKL」をGreen Leaves Fortnite部門にて活動中のbykn選手(@7_chx)にレビューしていただきました。
1週間~2週間ほどガッツリと「REALFORCE RGB TKL」を使い込んでもらった上でのレビューとなりますので、是非とも注目していきましょう。

また今回の記事では「REALFORCE RGB TKL」のプレゼントキャンペーンを実施しています! プレゼントキャンペーンへの応募方法は本記事の末尾にて記載していますので、しっかりとチェックしていただいて是非ともキャンペーンへ応募してみてください!

「REALFORCE RGB TKL」の大きな特徴

みなさんこんにちは、Pro Gaming Team Green Leaves Fortnite部門所属のbykn(ばいきん)です。

今回、「REALFORCE RGB TKL」(テンキーレス)が発売前に使えるということでREALFORCEキーボード歴6年の僕がレビューをしていきたいと思います!

静電容量無接点方式

静電容量無接点方式って何だ?!と言う人も多いかもしれません。恐らくREALFORCE以外ではあまり耳にする言葉ではないと思いますが、それもそのはず、これは東プレ社独自の技術なんです。

静電容量無接点方式とは物理的な接点なしでキー押下を認識する方式のことです。普通のキーボードだと物理的に電極が接しないと「ボタンが押された!」と認識してくれませんが、REALFORCEのキーボードは電極が接しなくても「ボタンが押された!」と言う風に反応してくれるんです!

このため長時間の入力作業でも疲れにくく、さらに優れた耐久性も兼ね備えています。値段は少し高めですが、頻繁にキーボードを買い替える必要がなく、安心して使うことができるのが静電容量無接点方式の利点ですね。

APC機能(Actuation Point Changer)

アクチュエーションポイントの深さを1.5mm・2.2mm・3.0mmと変更できるので、素早く入力したいキーには1.5mm、誤って入力したくないキーには3.0mmと設定することで、より良いパフォーマンスが発揮できます。
特殊で素早い操作が要求されるゲームにおいては、理想的な機能となるはずです。僕もこのお陰で間違いなくゲーム操作のし易さが変わりました。

テンキーレス(TKL)

今回大きく変更となったのがテンキーレスです。ゲーマーにとってテンキーがあるかないかでパフォーマンスも変わってくると思います。デスクの上が狭い方や、マウスパッドが大きい方でも十分に扱うことができます。

またオフラインのイベントや大会に参加する時に、テンキーレスのキーボードは真価を発揮します。オフライン会場のデスク環境は場合によってかなりまちまちです。マウスパッドやモニターとの兼ね合いもあるため、普通のキーボードだと上手く配置できないこともあります。そんな時にテンキーレスのキーボードだったら、対応できる幅がかなり広がります。しかも普通のキーボードよりもかなり持ち運びやすいのもポイントです。

RGBカラー

ゲーマーにとってRGBカラーはモチベーションや憧れだと思います。「REALFORCE RGB TKL」は、高い性能、クオリティがある状態でRGB機能も搭載してます。自分が好きなチームや、自分が所属しているチームのカラーに合わせるというのは、RGB搭載のキーボードだからこそ実現できる機能となります。
ちょっとした見た目のお洒落であり、実用性には直接は関わってきませんが、そういう”遊び”の要素が僕は大切だと思っています。

以下は実際にRGB機能を使った様子。約1677万色のカラーの中から自分の好きなようにキーに割り当てて設定できます。またテンキーレスなので横幅もとりません。

簡単にわかるマニュアル付き!


RGBの配色の設定や、ソフトフェアの入れ方など、キーボードを買ったけどめんどくさいし、説明書のどこに書いてあるかわからないという人、多いと思います。「REALFORCE RGB TKL」にはこのマニュアルが付属していて1枚をみるだけでソフトフェアの入れ方からカラーの変更までできるようになっていて物凄く設定しやすいと思いました。
その他にもブラウザやフォルダを開いたりするためのショートカットを設定することができます!

APCの位置調整:Fn(ファンクションキー) + ↑(方向キーの上)
ユーザー設定発行パターン切り替え:Fn + PgUp(ページアップキー)

多くのショートカットがありますが、「REALFORCE RGB TKL」独自の機能を使うとすれば上記二つのショートカットを覚えておけば間違いないと思います。
あと今日は発光無しでやりたいなぁ、という際にはFn + Endのショートカットで消灯が可能です。

今まで使っていたキーボードと比べてみて


今回「REALFORCE RGB TKL」をレビューするにあたって、今まで使っていた「REALFORCE TKL SA / R2TLSA-JP3-BK」との比較をしてみました。

サイズは全く同じで大きな違いはLEDカラーの有無、キーの押した時の硬さ、音の大きさです。
一つ一つ説明していきます。

LEDカラーの有無

これに関して言えば消灯することもできるので、より包括的な機能を「REALFORCE RGB TKL」が備えていると言えると思います。
色の面で言えば「REALFORCE TKL SA / R2TLSA-JP3-BK」は比較的シンプルですね。

キーの押したときの硬さ

「REALFORCE TKL SA / R2TLSA-JP3-BK」が荷重30gに対して「REALFORCE RGB TKL」は荷重45gなので軽すぎて誤入力すること自体は無くなりました。
普通のゲーミングキーボードは45gなので、キーボードの硬さという点においては特に違和感はないかと思います。

音の大きさ

また「REALFORCE TKL SA / R2TLSA-JP3-BK」は静音なのでかなり静かです。対する「REALFORCE RGB TKL」の打鍵音は比較的大きいです。この点に関しては「REALFORCE TKL SA / R2TLSA-JP3-BK」に軍配が上がりましたが、打鍵感自体は「REALFORCE RGB TKL」の方がガッツリと存在感があります。
またこの打鍵音が気になる場合でも簡単な解決方法があります。それはキースペーサーの使用です。

工具(写真上部)を使用してスペーサーをキートップの下にはめ込むことが可能

このキースペーサーを使うことで打鍵音はかなり小さくなります。しかも打鍵の深さも感覚的に相当変わります。もちろんキースペーサー自体は「REALFORCE TKL SA / R2TLSA-JP3-BK」でも使用可能です。
素早いキー入力を味わいたい方や、打鍵音が気になってしまう方はキースペーサーの使用を検討してみてください。世界が変わると思います。

ゲーム面に関して(フォートナイトで使用)

ゲーム面(フォートナイト)に関して、今までのキーボードタッチが軽すぎて誤入力をしがちでしたが、「REALFORCE RGB TKL」にしてからはキータッチが程よい重さになり、誤操作の減少・パフォーマンスの向上を実感しました。

キー設定が重要なフォートナイトではスペーサーやAPC機能がとても役にたっています!

感想

もともとREALFORCEを使っている身からすれば、RGBというだけでモチベーションアップにつながりました(笑)。実際に使ってみると、従来のREALFORCEより押し心地が固く、音も大きめです。ですが、付属しているスペーサー(2mm、3mm)を付けると音も気にならなくなり、押し心地も自分の好みに調整できました。APC機能もついているので、自分にあった使い方ができると思います。それと他のキーボードに比べて高級感があり、作りもしっかりしているので買い替える必要は今後当分来ないだろうと思っています。

値段は高いですが、見た目や作りがかなりしっかりしていて、パフォーマンスも十分発揮できるので値段相応のゲーミングキーボードだと思います。長い期間使いたい方、見た目とパフォーマンスを両立したい方にはおすすめです。もちろん自分はこれからも使い続けるつもりです。気になる人は是非とも使ってみてください。

Twitterキャンペーン情報

この記事で紹介した『REALFORCE RGB TKL』を1名様にプレゼント!

応募方法などの詳細内容は、下記の通りです。
賞品・当選者数
REALFORCE RGB TKL 1名様

応募方法
STEP1:「SHIBUYA GAME(@SHIBUGAME)」と「REALFORCE(@TOPRE_REALFORCE)」のTwitterアカウントをフォロー。
STEP2:こちらのキャンペーンツイートをリツイート

▲プレゼントキャンペーンツイート

キャンペーン期間
2018年12月19日(水)17:00 ~ 12月26日(水)16:59まで

抽選・発表
厳正なる抽選の上、当選された方には、2019年1月下旬頃までにTwitterのダイレクトメッセージにてご連絡させていただきます。

注意事項
※Twitterにて@SHIBUGAME@TOPRE_REALFORCEの2つのフォローが必要です。どちちらか1つでも解除されている場合は、当選無効とさせていただきます。
※ご応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
※ご案内する期間内に返信がない場合は、当選権利を放棄したものとさせていただきます。

オフィシャルリンク
東プレ

gappo3

プロフィールを見る

Green Leaves所属。現在はチームのマネージャーを担当。選手としての経験と、チームのマネージャーとしての活動を武器に、eスポーツに関わる様々な取材・執筆活動を行う。

あわせて読みたい

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る