PAGE: 2 / 3

eリーグ代表決定戦のルールに大波乱の予感! 3位決定のジャイアンツ3選手へ直撃インタビュー!

試合後の読売ジャイアンツの3選手に独占インタビュー

ここからは、読売ジャイアンツ対広島東洋カープの試合後に、ジャイアンツの3選手が筆者にだけ明かしてくれたリアルな心境をお届けする。

初戦のてぃーの選手の敗北から、ころころ選手とたいじ選手が盤石の強さを見せての2連勝。シーズン序盤を孤軍奮闘で支えたてぃーの選手の敗北。それをころころ選手とたいじ選手がカバーする。個人的には、チームとしての完成が見えた、前節の3連勝にも劣らないベストカードだと感じた。

後日、3選手による「eペナントレース振り返り座談会」を公開するので、そちらもぜひチェックしていただきたい。

第一試合 てぃーの VS 坂本

※試合は6回制。延長は9回まで。

戦評:
カープの連打から試合の幕が上がった。野間、菊池の連続ツーベースで1点を先制。2本の内野ゴロの間にさらに1点を加える。
対するジャイアンツは3回裏、坂本のソロホームランで1点を返す。しかし、カープもすかさず4回表に新井のソロホームランで反撃。6回表には丸のソロホームランも飛び出し、試合の主導権を渡さない。
ジャイアンツは最終回にゲレーロのソロホームランで反撃を見せるも後が続かず。カープが東京ドームでの空中戦を制した。

――これまでの5試合のなかで、最も悔しそうな表情を浮かべているのが印象的でした。

てぃーの 自分が勝てば、後ろの二人で1勝してくれるだけで代表決定戦に進める確率が大きく上がる場面、しかも3連勝なら優勝の可能性を残せたという試合だったので……。1試合目から負けて本当に申し訳なかったです。

――しかし、後ろの二人が見事に挽回してくれた。本当にいいチームに成長したと感じました。

てぃーの 本当に。あの流れでは負けていてもおかしくないところでした。恵まれていると思います。

――試合前には、坂本選手のバッティングを警戒されるツイートをされていました。それが現実になってしまった結果ですね。

てぃーの 今までの坂本さんの4試合を確認してみたら、結果につながっていないだけでほとんどがバットの芯に当たっていたんです。これはカーソルの気分次第というか、数ミリ下を叩くか上を叩くかくらいの差でしかないんです。
それらがかみ合っていれば結果は全然違っていたはずなので、打率以上に危険さを感じていました。

――対して、てぃーの選手のバッティングはかみ合わなかった。

てぃーの 自分がやりたいことを坂本さんにやられました。ドラゴンズ戦のときと同じで、芯には当たるけども打球を浮かせることができませんでした。

――2回裏には、失投ど真ん中を空振りという場面もありました。実際のプロ野球でも逆にバッターが手を出せない球ですよね。

てぃーの 魔球が来ましたね。正直、難しい球です。練習しようと思ってできる球でもないので。

――序盤は先発の山口俊選手でナイスピッチがでていないように映りました。

てぃーの もともとナイスピッチを出せる投手ではあるんですが、今日はタイミングが合わず、使いづらさは少しありました。

――代表決定戦への意気込みなどは「eペナントレース振り返り座談会」でお聞きしたいと思います!

第二試合 カイ VS ころころ

戦評:
カープが1試合目に引き続き、丸のヒットから鈴木の2ランホームランであっという間に先制。
流れはカープと思いきや、制球が安定しない先発加藤をジャイアンツが捉える。マルティネスの二塁打と2つの四球を挟み、満塁の場面で菅野と小林がそれぞれ内野ゴロを打ち同点に。さらに長野が四球で歩き、坂本が仕上げの3ランホームラン。2回に一挙5点を上げる。
3回には再びマルティネスの二塁打から、亀井と吉川尚の内野ゴロの間に1点。菅野、小林の連打のあとには長野が試合を決める3ランホームラン。
カープは初回以降、得点圏にランナーを進めるも追加点が奪えず。打線爆発のジャイアンツが負けられない試合をものにした。

――連勝でシーズンを終えられましたね! おめでとうございます。

ころころ バッチリ決めました。

――第4節と最終節は、ころころ選手の持ち味が出ていたのではないでしょうか。

ころころ そうですね。初回に点は取られましたが、カイさんもナイスピッチが出ておらず四球も連発していたので、2点くらいはどうにかなると思っていました。
2回表ノーアウト満塁、菅野智之選手で内野ゴロの間に1点を取れたのがまず大きかったですね。続く小林誠司選手で同じように1点を取り、長野久義選手で四球を選び、坂本勇人選手で理想的な3ランにつながりました。

――あの場面での菅野選手への代打は悩まれましたか?

ころころ あそこで代えて3戦目の先発という選択肢もあったので迷いましたが、中継ぎ投手との兼ね合いと点差を考えれば、三振でもいいと判断してそのまま打席に立たせました。

――前回のマエピー選手との試合に引き続き、ころころ選手の選球眼が活きた試合に映りました。

ころころ ナイスピッチでなければ大抵のボールは見極められるので、基本的に枠の外のボールは打たないよう心がけたのが良かったと思います。四球絡みのランナーを返せたのは大きかったです。

――今日は投球面でも初回の2点以降は追加点を許さない、要所を抑えるピッチングが光ったように思います。これは今までのカイ選手との対戦の経験が活きていたのでしょうか。

ころころ それはやはりありますね。彼も初球をあまり振らない、見てくるタイプの打者。ナイスピッチミスの球を的確に打ってくるので、ボール球をうまく振らせることができたと思います。
後半は彼もだいぶ焦っていたようなので、それに助けられたところもあります。

――対談記事のあとですので触れないわけにはいかないのが、カイ選手からの挨拶代わりの失投によるデッドボールがありました。

ころころ バッターがゲレーロ選手だったので、乱闘騒ぎになってもおかしくなかったですね(笑)。

――代表決定戦への意気込みなどは「eペナントレース振り返り座談会」でお聞きしたいと思います!

読売ジャイアンツの代表決定戦出場を決めた たいじ選手へのインタビュー
前のページ
1
2
3
次のページ

砂拭

プロフィールを見る

シブゲーの某編集者との癒着によりeスポーツ業界へ潜り込んだ自称ライター。スポーツ紙よりはパワプロに詳しく、ゲームメディアよりは野球に詳しい独自のポジションでeBASEBALLライターの覇権を狙う。

あわせて読みたい

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

すべての記事を見る