PAGE: 3 / 3

頑張るからちゃんと見てて――女性プロゲーマーはつめが語る “プロの責任”

格ゲーコミュニティとFPSコミュニティの架け橋として

――少し話が逸れますが、父ノ背中のメンバーはFPSプレイヤーが多いですよね。格闘ゲームとは文化が違うというか、コミュニケーションの仕方が違うイメージがありますが、実際のところどうなんでしょうか?

はつめ プレイヤー層は全然違いますね。考え方が違うというか。格ゲーは完全に縦社会ですけど、FPSは年齢が離れていても友達になったらタメ口ですし。

Twitterの使い方を見ても、全然違います。格ゲーの人達は、必要最低限のツイートしかしてないな人が多い印象です。職人気質というか。
逆に、FPSプレイヤーはすごいくだらないこともツイートもしてたり(笑)。

私はどっちも見ている立場なので、格ゲーにもFPSにも対応できる立ち回りをしたいと思っています。どちらのコミュニティにも良いところがあるので、良いとこ取りをしたい。フランクかつ丁寧に、ですね。

――コミュニティとして、お互いに学ばないといけないところってありますか?

はつめ それぞれのコミュニティの毛色が違うのは、まず年齢層が大きいと思います。どれくらいの時期からインターネットに触れてきたかって、SNSの使い方とかに結構出ます。格ゲーの人は年齢層高めだから、「Twitterなんて無くても別に」って思っている人が多いかもしれません。

あとは、顔を合わせてプレイする文化があるかどうかも全然違いますよね。FPSはオンライン上で活動していて、絶対に顔を見せないという人もいます。格ゲーは対戦するにしても、ゲーセンで顔を合わせて対戦することが多いですし、人と人のコミュニケーションが必要になってくるんです。

縦社会が出来上がっているからこそ、新しく入ってきた人に「これが俺たちの業界だ」ってはっきり言えるのは良いと思います。ただ、FPSはゲームの操作が比較的簡単ですし、コミュニティも若いから誰でも入りやすい、という良いところもありますよね。

どっちが良いとかじゃなくて、どっちにも良いところと悪いところがあると思います。

どっちのコミュニティにも入りづらいな……という時は、私みたいな人に聞いてもらえれば。

――格ゲー・FPSの架け橋的な立ち位置ですね。

はつめ そうですね。格ゲーの人が『PUBG』とか『フォートナイト』とかやり始めたり、FPSの人が格ゲーやりたいって言ってたりすることもあります。どちらの層の人も根っこは “ゲーマー” なので、お互いに興味はあるんだと思います。

その間にいる私は、できるだけ手を差し伸べるというか……声を掛けるようにしています。普段は格闘ゲームをプレイしている人が『PUBG』をやっていたら、アドバイスをすることもあるし、それこそシブゲーで書いている記事を読んでください、と伝えたり。その逆もあって、FPSプレイヤーが格闘ゲームに興味があるって言っていたら、最初はこのゲームやると良いですよって薦めたり。できる限り教えてあげられるようにしています。

もう私はいつでもオールウェルカムですので、分からないことがあったら聞いてください(笑)。

――はつめさんらしいお言葉、ありがとうございます!本日はお忙しい中、ありがとうございました。

 

関連記事



 

関連リンク

はつめ選手Twitter
父ノ背中 -Father’s Back- |公式サイト

前のページ
1
2
3
次のページ

シブゲー編集部

プロフィールを見る

シブヤの片隅からゲームのことを。シブヤの片隅から、ニュースやキーマンへのインタビュー、イベントレポートを中心に、ディープでエッジの効いたeスポーツ関連情報を発信します。

あわせて読みたい

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
すべての記事を見る