【PUBG】「PJS Winter Invitational 2018(PWI2018)」に参戦した韓国の強豪2チームに直撃!「Gen.G」「OP GAMING Hunters」試合前インタビュー

DMM GAMESが主催する『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』(以下、PUBG)の公式リーグ「PUBG JAPAN SERIES」(以下、PJS)は、2018年12月16日(日)にオフライン大会「PJS Winter Invitational 2018(PWI2018)」を、ベルサール東京日本橋にて開催。

「PWI 2018」は、PJS初となる賞金1000万円を懸けた大会となり、さらには韓国の有名強豪チームである「Gen.G」と「OP GAMING Hunters」が招待されたことでも、大きな注目を集めていました。

今回、試合前に「Gen.G」と「OP GAMING Hunters」の2チームにインタビューする機会をいただいたので、その内容をお届けします!

「Gen.G」試合前インタビュー

「Gen.G」は、「KSV Notitle(KSV NTT)」として知られていたチームで、2018年5月にチーム名を変更。今年行われた世界大会の「PGI 2018」では、韓国から「Gen.G BLACK」と「Gen.G GOLD」の2チームが出場する実績を持ち、日本でも高い知名度を誇っているチームです。なお、2018年8月にチームが統合され、現在の「Gen.G」となっています。

Esther選手、Chelator選手、Loki選手、Dozer選手

――今回、このような形で日本の大会に招待されるのは初めてのことだと思います。出場が決まってどのような気持ちでしたか?

Esther 日本の大会に招待していただいて、とてもありがたく思います。「PAI MACAO 2019」に出場することができなかったので、その間にこういった大会に参加させていただき、良い成績を目指して頑張りたいと思います。

Chelator 日本はもともと旅行で行きたかった国なので、とても嬉しいです。アジアの選手たちとも試合を通じて交流したいと思っていたので、良い機会だと思っています。

Loki 日本の大会は初めてなのでドキドキしていますが、頑張りたいと思っています。よろしくお願いします。

Dozer 初めて海外の大会に参加するので少し緊張していますが、頑張りたいと思います。

――日本のPUBG競技シーンやプロチームについて、どのような印象を持たれていますか? 特に印象的な日本チームなどもいれば、教えてください。

Esther 日本のプロリーグをしっかり観戦したことはないのですが、日本チームとは「G-Star 2017」や「IEM katowice 2018」、そして「PGI 2018」などで一緒に試合をしたことがあるので、例えば「SunSister Suicider’s」や「Rascal Jester」、「Crest Gaming Xanadu」は、実力のあるチームだと思っています。ちゃんと自分たちのチームの力を発揮して戦えるのは、今回の大会だと思うので期待しています。

――韓国の招待チームが発表された時、とても大きな反響がありました。日本のPUBGファンに向けて、メッセージをお願いします。

Chelator 日本のファンの皆さんに応援と関心を頂き、とてもありがたく思っています。良い成績を出せるように頑張ります。

「OP GAMING Hunters」試合前インタビュー

「OP GAMING Hunters」は、プレイヤーの戦績を検索できるサイト「OP.GG」の運営会社が所有するチームの1つ。「Gen.G BLACK」に所属していたSexyPIG選手が2018年8月に加入、そして「DeToNator KOREA」に所属していたGiken選手が2018年9月に加入。日本でも人気を誇る選手が揃っており、今回の大会においても非常に高い期待が寄せられていました。

Giken選手、SexyPIG選手、Bneck選手、taemin選手

――今回、このような形で日本の大会に招待されるのは初めてのことだと思います。出場が決まってどのような気持ちでしたか?

Giken 以前に、名古屋で開催されたイベントの際に日本へ来たことがあります。6ヶ月ぶりの日本なので、とても楽しみにして来ました。

SexyPIG お世辞が言えないタイプなので率直に言います。韓国のリーグが終わって休みたいと思っていたので、日本行きが決まってどうしようかと悩んでいました(笑)。なので、どうせ日本に行くなら優勝してやろうという気持ちで来ました。優勝できるかどうかわかりませんが、頑張ります。

Bneck 海外の大会が初めてなので、すごく楽しみにしています。頑張って良い成績を残せるように頑張ります。

taemin 韓国のリーグがオフシーズンに入ったのでしばらく大会がなかったのですが、日本の大会が決まってすごく嬉しかったです。日本に来てからも嬉しいし、大会が始まる前の今の気持ちも最高です。

――日本のPUBG競技シーンやプロチームについて、どのような印象を持たれていますか? 特に印象的な日本チームなどもいれば、教えてください。

SexyPIG 日本の大会に触れる機会があまりなかったので、選手やチームについては詳しくありませんが、以前スクリムで一緒にプレイした際の感想としては、やはり日本チームより韓国チームの方が強いと思いました。

韓国とはスクリムのやり方に違いがあって、日本チームはオブザーバーを入れていないので、試合後に選手個人による分析しかできていません。そういったところで差が生まれているのではないかと思います。今回の大会で、日本チームの皆さんを知っていく機会になればと思います。

――韓国の招待チームが発表された時、とても大きな反響がありました。日本のPUBGファンに向けて、メッセージをお願いします。

SexyPIG 「Gen.G」と「OP GAMING Hunters」の2チームを応援してくださった皆さん、ありがとうございます。今回の大会で、良い成績を残して帰ることができるように頑張ります。

 

優勝に輝いた「SunSister Suicider’s」、そして2位獲得の「OP GAMING Hunters」、3位獲得の「Crest Gaming Xanadu」への試合後インタビューは近日公開予定です。お楽しみに!

関連リンク

「PJS Winter Invitational 2018」特設ページ
「PJS Winter Invitational 2018」大会配信アーカイブ

綾本 ゆかり

プロフィールを見る

ソーシャルゲームをつくっていた会社員時代を経て、現在はフリーライターとして活動。PUBGで観戦の楽しさを知ったことをきっかけに、eスポーツの世界へ。ゲームやプレイヤーの魅力を伝えるべく、イベントレポートやインタビューを中心に取材記事を執筆します。

あわせて読みたい

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

すべての記事を見る