東京都がeスポーツ競技大会「東京都知事杯」を開催することを発表。19年度予算案として5,000万円を盛り込む

2019年1月6日(日)、東京都が2019年度中にeスポーツの競技大会を開催することを発表しました。また大会経費の一部として2019年度予算案に5,000万円を盛り込んでいることを小池百合子東京都知事が明らかにしました。

大会名は「東京都知事杯 eスポーツ競技大会(仮称)」

現時点で開催時期や会場は未定ですが、大会は2日間にわたり開催され、大会エリアにはeスポーツ関連企業のPRブースが設置される予定です。東京都としての大会への関わり方や、採用されるゲームタイトルなどの詳細は業界関係者とこれから検討されるということです。

成長著しいeスポーツで東京の持てる力を高める

eスポーツ先進国といわれるアメリカや韓国では、億円単位の高額賞金が懸かった大会が開催され、ゲームで生計を立てるプロプレイヤーも多数存在します。昨年開催されたアジア大会2018ジャカルタでも、公開競技として『League of Legends』や『Hearthstone』を始めとする6つのゲームタイトルが採用されるなど、アジア各国においても著しい成長をみせるeスポーツに関して、小池都知事は、「(eスポーツには)さまざまな産業が絡んでおり、大会にブースを設けてそれらを紹介したい。eスポーツ興行は東京の持てる力、経済効果をさらに高めることができる」と説明しました。

シブゲー編集部

プロフィールを見る

シブヤの片隅からゲームのことを。シブヤの片隅から、ニュースやキーマンへのインタビュー、イベントレポートを中心に、ディープでエッジの効いたeスポーツ関連情報を発信します。

あわせて読みたい

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
すべての記事を見る