『ポッ拳』の公式世界大会ってどんな大会?注目選手や見所もざっくりピックアップ!

出典:ポケットモンスターオフィシャルサイト

2019年8月、Nintendo Switch専用ソフト『ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT DX』(以下、ポッ拳DX)の公式大会「ポケモンワールドチャンピオンシップス2019」(以下、WCS2019)がアメリカのワシントンD.C.で開催されます。

「WCS2019」はポケモンのゲームやカードの公式世界大会であり、ゲーム部門(2019年はポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーンを使用)、カード部門、『ポッ拳』部門(2019年はポッ拳DX)の3部門で世界一のプレイヤーを決定します。

「WCS」自体は2009年から行われていますが、『ポッ拳』部門は今年で4回目の開催です。

今回は『ポッ拳DX』部門に絞って「WCS」のルールや注目ポイントを、ゲームの紹介も交えつつお伝えしたいと思います。

そもそも『ポッ拳DX』って?

『ポッ拳DX』は2017年に発売された新感覚の格闘ゲームです。本作は完全新作のゲームで、従来の格闘ゲームには無かった仕様が話題となりました。

出典:ポケモン公式YouTubeチャンネル

対戦は3D視点のフィールドフェイズと2D視点のデュエルフェイズを行き来しながら行われます。

必殺技は難しいコマンドを入力しなくても使えるので、格ゲー初心者でもすぐに出したい技や動きができます。

攻撃は「打撃攻撃(赤く光る)」、「ブロック攻撃(青く光る)」、「つかみ攻撃(緑に光る)」の3種類があり、「打撃攻撃」は「つかみ攻撃」に強く、「つかみ攻撃」は「ブロック攻撃」に強く、「ブロック攻撃」は「打撃攻撃」強いという性質があります。格ゲーの読み合いが分かりやすく設計されている点も初心者にやさしいゲームとなっています。

出典:ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT DX公式サイト

ですが、フレームの知識や三すくみの例外、効果的なゲージ運用などをおぼえることで実力に応じて勝率が上がります。なのでやりこみたいプレイヤーにとっても楽しみ甲斐のあるゲームシステムとなっているのです。

『ポッ拳DX』の公式大会について

『ポッ拳DX』の公式大会の最高峰は「WCS」です。世界各地で行われる予選と現地前日予選の上位入賞者16人を集めて大会が行われます。

「WCS2019」では日本の大会で4枠、北アメリカの大会で4枠、ヨーロッパの大会で4枠、オセアニアの大会で2枠、現地前日予選で1枠(※)、そして前年チャンピオンの招待枠が用意されています。国籍の制限はないので、例えば日本人が他の地域の予選で上位入賞をしても「WCS」へ出場可能です。

※現地前日予選は2018年だと2枠ありましたが、前年チャンピオンの枠が追加されたことによって1枠減少しています。未確定情報ですが、例年の大会の参加枠を考えると妥当な推測になります。

日本国内の予選は主に「ポケモンジャパンチャンピオンシップス」(以下、PJCS)(※)で行われます。

※ゲーム部門とカード部門の日本一決定戦も行われ、3部門のサイドトーナメントやイベントが行われる大型イベントです。

その他にも国内大会がある場合もあり、そちらの大会の上位入賞者も選抜されます(※)。

※『ポッ拳』の国内予選は予選となる大会が毎年異なっており、2019年も「PJCS」で何人が選抜されるのか2019年2月の現段階では未定となっています。
※2018年の予選は「PJCS」の他に2つの大会が予選として行われました。毎年大会数や大会が変わるのですが、過去数年で見ると日本の大会では4枠が用意されているという点は変更はありません。

また、一般部門に相当するマスター部門とは別に中学生以下のシニア部門があり、こちらも4つの地域で予選が行われます。

「WCS2019」のシニア部門は4つの地域と現地最終予選から選抜され、8人で世界一決定戦を行います(※)。

※2018年は各地域から1人ずつ選抜され、4人で世界一決定戦を行いました。現地最終予選は行われていません。

「WCS」では両部門で賞金(シニア部門はプリペイドカード形式)がある点も特徴です。優勝者は名誉と賞金の両方を手に入れることができます。

予選大会からダブルイリミネーショントーナメントが採用されているため、予選を突破するためには実力が必須です。

シニア部門でさえダブルイリミネーショントーナメントを採用しているため、小中学生であっても国内予選から熾烈な対戦が繰り広げられます。

出典:The Official Pokémon YouTube channel
2018年のマスター部門グランドファイナル。200万近い再生数を誇っています。

公式大会の見どころ

2019年の公式大会はチームバトルというルールを採用しています。これはお互いに3体のバトルポケモン(使用できるキャラ)を選抜して勝ち抜き戦を行う対戦ルールです。

出典:ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT DX

1度の試合で複数のバトルポケモンを見ることができるので、観戦するだけでも楽しいです(プレイヤーは3体のバトルポケモンを練習することになるので大変だと思いますが)。

『ポッ拳DX』はポケモン関連のゲームで一番ポケモンの見た目や動きが綺麗なゲームです。だからこそ、1つの試合で複数のポケモンが見れる今年の公式大会は多くの人に見てもらいたい大会になります。

任天堂関連のゲームとしては珍しく賞金付きの世界一決定戦を行っているため、世界一が決まる瞬間を見ることができる点も楽しい点です。他のeスポーツゲームでは当たり前だと思いますが、任天堂系の対戦ゲームでは珍しいことです。

また、過去にこのルールが公式大会で採用されたことがないので、今まで結果を出せなかったプレイヤーが日の目を見る可能性もあります。

注目選手

今回紹介したいのは2人です。共通点が多く、海外大会への参加に積極的で大会の主催や運営、『ポッ拳』の情報サイトでのライターを行っています。2019年2月に行われるオセアニア地域の『ポッ拳』公式大会(『ポッ拳』のオセアニア地域予選に当たる3部門合同の公式大会)に出場した選手です。

 

エルム選手

出典:Twitter

「WCS」に2年連続出場しているスイクン使い。海外遠征にも積極的で、過去2年の「WCS」出場の権利は海外で獲得しています。最高順位は世界4位という『ポッ拳』界でも屈指の実力者です。

プレイヤーとしても一流ですが、大会運営者としても一流で、120人規模の大型大会の主催もしています。国外と国内のプレイヤーの橋渡し役も行えるコミュニティの中心人物です。

2019年もオセアニア地域の公式大会で優勝し「WCS2019」への出場を決めました。

Twitter:https://twitter.com/elm_motochika

 

CrossIgarashi選手

出典:Twitter

プロゲーミングチーム「V3 Esports」所属のプロゲーマーでルカリオ使い。『ポッ拳DX』では数少ないプロ選手で、積極的に配信を行う方です。配信には海外のプレイヤーや日本人のトップクラスのプレイヤーも見にきます。

対戦会の運営も積極的で、コミュニティ大会では現場での指示や会場の確保など裏方の作業でもコミュニティを支えています。

国内外の大会で優勝経験があり、「PJCS2018」では3位になるなど、大きな成果は出ていたのですが、2018年までは「WCS」への出場はかないませんでした。

2019年はオセアニア地域の公式大会で準優勝し、「WCS2019」への出場権を獲得しました。

Twitter:https://twitter.com/CROSS130

配信ページ:https://www.youtube.com/channel/UCeBkVD6k9yK84puRscYZc_A

最後に

海外の大会なので直接見に行くことは難しいと思いますが、「WCS」は毎年複数の動画サイトで配信が行われています。会場に行けなくとも世界一のプレイヤーが決まる瞬間を応援しましょう!

また日本予選は「PJCS」という形で6月に千葉県の幕張メッセで行われます。海外の大型公式大会や「WCS」と同じく『ポッ拳DX』部門のほかにゲーム部門とカード部門の大会も行われます。

『ポッ拳DX』の大会が見たいという動機以外にゲームやカードの大会が見たい、会場を歩いているピカチュウと写真が撮りたい(2018年は歩いていました)、各部門のサイドトーナメントやイベントに参加したい(2018年は行われました)、など様々な目的をもって参加できる楽しいイベントです。

「PJCS」であれば現地へ行ってゲームの大会を見に行くいいきっかけになると思います。配信で見るのも楽しいのですが、ぜひ現地へ行ってゲームの大会を見る楽しみを感じてほしいです。

 

ポケモンジャパンチャンピオンシップスの情報はこちら

https://www.pokemon.co.jp/info/2019/01/190111_e01.html?news_recommend=attention

海外のポッ拳公式大会の情報はこちら

https://www.pokkentournament.com/dx/en-us/championship/

PJCS2019 詳細情報

場所:幕張メッセ 国際展示場11ホール
日時:2019年6月8日(土)、6月9日(日)(※)

※ポッ拳部門は前年の実施状況から考えて9日のみ大会を行うはずです。公式サイトでの追加情報をお待ちください。

WCS2019 詳細情報

場所:ワシントンD.C.(※)

※イベントホールや日程は未定となっております。例年だと8月の後半に行われます。公式サイトの追加情報をお待ちください。

ぶれどん

プロフィールを見る

任天堂系のゲームが好きなのですが、金欠で買えず見るだけの人(頑張って貯めます)。  格ゲーのイベントでスタッフをやってることが多いです。  今はクラロワに狂ってます。

あわせて読みたい

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る