2019年にeスポーツで1番稼ぐ国は中国?統計サイトが予測を発表

引用元:How to Become an eSports Champion | Bethut

eスポーツ関連の統計サイト「How To Become an eSports Champion」が、2018年と2019年のeスポーツに関する各種統計データを発表しました。

同サイトによると、2019年のeスポーツシーンでは「最多賞金獲得国」の分野において中国がアメリカを追い抜き、第1位の国になる見込みとのことです。

引用元:How to Become an eSports Champion | Bethut

How To Become an eSports Championは、eスポーツの大会のデータを集計し公表しているサイトEsports Earningsからデータを抽出し、過去約20年間のeスポーツ関連の統計と将来の予測データを公開しているサイトです。上記の他にも、「最多賞金獲得選手」「最多賞金獲得チーム」などの統計データを公表しています。

2018年の「最多賞金獲得国」の統計データによると、同年、eスポーツで1番賞金を獲得した国はアメリカでした。同国から計3,189人の選手がeスポーツ大会に参加し、合計28,202,681ドル(約30億円)の賞金を獲得しました。
こちらをもとにした2019年度の予想賞金獲得総額は34,369,132ドル(38億円)となっています。

対して中国は2018年、全体で16,196,204ドル(約18億円)の賞金を獲得しました。
How To Become An eSports Championは、2019年の中国の獲得賞金総額を45,750,768ドル(約50億円)と予想しており、アメリカを大きく上回る見込みです。

シブゲー編集部

プロフィールを見る

シブヤの片隅からゲームのことを。シブヤの片隅から、ニュースやキーマンへのインタビュー、イベントレポートを中心に、ディープでエッジの効いたeスポーツ関連情報を発信します。

あわせて読みたい

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

すべての記事を見る