PAGE: 2 / 2

eスポーツ女子会で本音トーク!eスポーツにまつわる攻めた質問、3人は何と答える!?【後編】

Q:男性だらけのeスポーツ業界、女性目線で魅力的なプレイヤーって?

――それでは、次が最後の質問になります。3つ目の質問をお願いします!

株式会社Wekids/株式会社Rush Gaming CEO・西谷麗さん

麗:
eスポーツの世界って、とにかく男性が多いじゃないですか。チームオーナーもプレイヤーもファンも男性だらけで、女性の視点があまり表に出てきていないように感じます。

スポーツ選手ってモテると思うんですよ。例えば、バスケットボールの選手なら、背も高くて男らしくてカッコいいですよね。ところが、eスポーツ選手って現状モテないと思うんです。

そこで、女性の目線から見た時に、どんなプレイヤーに魅力を感じるか、ということが聞きたいなと。

真以子:
私は、自信を持っている選手は魅力的に見えると思います。最初に「EVO Japan」に行った時、マスクをしたまま優勝インタビューに答えたりする人がいて、すごく気になったんですよ。

配信のチャット欄を見たら、「ゲーマーは社会的地位が低いから顔が出せない」というコメントがあって、こんなにたくさんの出場者の中で1位になったのに、何がそんなに恥ずかしいんだろうって。もっと選手たちが自信を持って堂々としていたら、魅力的なプレイヤーが増えるんじゃないかと思っています。

そういう意味で、「全国高校eスポーツ選手権」に出る子たちには、決勝の舞台でカッコいい姿を見せて欲しいので、自信を持ってステージに立って、ということを強調しています。

麗:
わかります! マスクもそうですが、ステージでおちゃらける人も多いなと思っていて。ちょっと変わったことをして気を引きたい、みたいな。別にそんなことをしなくても、あなたが堂々とゲームをして、挑戦する姿がカッコいいんだよ、ということをもっと伝えてあげたいですよね。

真以子:
でも、そういう振る舞いをする選手にもファンがついていたりするじゃないですか。一般的にはそれが好かれるのかなと思って、基準がわからなくなる時があります。

麗:
今ってファンがついているとはいえ、芸能人なんかと比べたら全然ですよね。eスポーツ選手のファンは圧倒的に男性が多いので、それってモテない子でもクラスに友達はたくさんいるのと同じ現象だと思うんですよ。

でも、やっぱり女性からも「この人カッコいいな」と思われるような人にならないと、メジャーな存在にはなっていかないと思うんですよね。

まりな:
ゲーマーの私にとっては、圧倒的に強いことがカッコよく見えます。自分にできないことができる人って素敵だなと思うじゃないですか。

例えば、本当にトッププレイヤーですけど、『League of Legends(LoL)』で有名な韓国のFaker選手なんかは、圧倒的に強くてスター性もあるし、ストイックなところが前面に出ていて、すごくカッコいいですよね。

麗:
自信を持っていることと、ストイックさが見えること。この2つはいいキーワードですね。

ある程度の結果が出ると自信もついてくると思うんですけど、強くてもなかなか人気が出ない選手がいたりして。そこに、ストイックさが見えるかどうかの違いはありそうです。

例えば、練習を配信している選手も多いですが、それを見ていてストイックさを感じるかには差がありますよね。場合によっては、ただ仲間で集まってゲームをしているだけに見えてしまうというか。そういう見せ方ひとつで変わってきそうだなと。

女性ファンは熱量高く、かつ継続して応援してくれる方が多いですから、女性に興味を持ってもらうための見せ方は意識すべきところだと思っています。

まりな:
女性ファンの熱量は、特に『LoL』のチームを見ていて感じますね。日テレのホールで「LJL」のライブビューイングを開催したことがあるんですが、男性ファンがほとんどなのかと思っていたら意外と女性の割合も高くて。

「LJL」のファンミーティングも女の子が真っ先に来てくれて、選手と一緒に写真を撮ってサインをもらって、プレゼントを渡してくれるんです。そうすると、選手たちも女の子たちから自分が見られているのを感じて、自然と磨かれている気がします。

女性の目というのは選手を成長させるなって(笑)。成長していく様子を見るのもeスポーツ観戦の楽しめるポイントだと思うので、少しでも興味があれば、女性ファンの皆さんにはぜひ気軽に会場へ足を運んでもらいたいですね。

麗:
本当にその通りだと思います! 業界全体としていかに女性ファンを増やしていけるかということは、もっと考えていきたいですよね。

「真面目にeスポーツをやってきたい」3人が描く展望とは

――それでは最後に、皆さんがこれからeスポーツに携わる上でやっていきたいこと、今後の展望について教えてください。

麗:
eスポーツチームとして、これがどれだけ社会的価値があるものか、感動や葛藤、そして希望があるのかということを、引き続き伝えていきたいです。そのために、チームそのものの発信だけでなく、コーチングやチームの裏側について、そして日本の現状についても等身大の事実を発信しつつ、地に足をつけた形で活動していきたいです。

それから、アパレルにも本格的に取り組んでいきます。eスポーツというのは、スケートボードのような、アウトサイダーたちが好きなことをやって生きていく、という文化に近しいと思っているんです。

その中でアパレルをやることには大きな意味があって、ゲーム好きが身につけたくなるような世界観のあるeスポーツブランドをつくりたい。ファングッズというよりアパレルブランドとして、次のステージに持っていく1歩を今年は踏み出していきます。

まりな:
私は、日本テレビがeスポーツに取り組むことをどう見られるかと考えた時に、私たちの役割って一般の人に広く伝えることと、参入を検討している企業の方々へアピールすることだと思っていて。

eスポーツに参入したことで、実際にどんなメリットがあったかと聞かれる機会もありますが、そこでお伝えできる事例はだんだん積み重なってきています。そういうものを少しずつ見せていって、さまざまな企業の方に「こっちにおいで」と言っていきたいなと。

なので、あまり突飛で大きな夢を描くのではなく、堅実に進む姿を見せたいです。変なことをやって失敗するのが一番良くないと思うので、いち企業として地道に頑張っていきたいと思っています。

真以子:
私もまりなさんと同じく、大きな夢というよりは目の前のことを一歩ずつ、真面目にeスポーツをやっていきたいです。

「毎日新聞とサードウェーブがやっている大会は、”eスポーツの大会”だね」と一般の人にも広く認知していただけるように、eスポーツらしさという、まだ見えぬものに向かって突き進んでいきたいなと思っています。

――第一線で活躍されている方々ならではの説得力あるトークばかりで、とても刺激的なeスポーツ女子会でした! 皆さま、本日はありがとうございました!

関連リンク

・西谷麗さん
Twitter  株式会社Wekids  株式会社Rush Gaming

・佐々木まりなさん
Twitter  日本テレビ「eGG」 eスポーツチーム「AXIZ」

・田邊真以子さん
全国高校eスポーツ選手権

前のページ
1
2
次のページ

綾本 ゆかり

プロフィールを見る

ソーシャルゲームをつくっていた会社員時代を経て、現在はフリーライターとして活動。PUBGで観戦の楽しさを知ったことをきっかけに、eスポーツの世界へ。ゲームやプレイヤーの魅力を伝えるべく、イベントレポートやインタビューを中心に取材記事を執筆します。

あわせて読みたい

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る