eスポーツとしての『Halo』の魅力と「HCS Invitational 2019」の見どころ

▲スパルタン:FPS『Halo』シリーズに登場する、肉体強化を施された「超兵士」のこと。プレイヤーの分身となる。

発売当初から10年以上愛され続けるFPSタイトル、『Halo3』の公式大会「HCS Invitational 2019」が、現地時間の2019年3月15日(金)からテキサス州オースティンにて開催されます。

この記事では “eスポーツ”、つまり競技としての『Halo』の魅力と、「HCS Invitational 2019」の見どころを紹介していきたいと思います。

そもそも『Halo』ってどんなゲーム?

『Halo』とは、独自のSF的世界観を持つFPSゲームです。

プレイヤーは最強の兵士「マスターチーフ」となり、恐ろしい秘密を持ったリング状の惑星「ヘイロー」や異星人による宗教的連合「コヴナント」を巡る戦いに身を投じていきます。

▲マスターチーフと『Halo』を代表する武器、アサルトライフル
引用元:HaHalo 5: Guardians | Games | Halo – Official Sitea>

この壮大で複雑なストーリーだけではなく、ユニークな魅力を持ったマルチプレイも多くのファンを魅了しています。

『Halo』シリーズのマルチプレイはアリーナシューターの形式を取っており、主に『Halo3』の大会で使用されているゲームモードは、以下の4つです。

・スレイヤー

引用元:UGC Halo Classic | Grand Finals Pt. 1 – TOX Gaming v Denial Esports

チームデスマッチ。50キル先取したチームが勝利となります。

・キャプチャーザフラッグ

引用元:DigitalOutbox The Technology Podcast

いわゆる旗とり合戦です。敵チームの旗を味方チームの陣地に持っていくと1ポイントとなります。指定のポイントに達したチームが勝利。

・キングオブザヒル

引用元:UGC Halo Classic | Grand Finals Pt. 1 – TOX Gaming v Denial Esports

陣取りゲーム。マップの指定されたエリアに一定時間入るとポイントとなります。指定ポイント数に達したチームが勝利。赤い王冠マークの部分が陣地です。

・オッドボール

引用元:UGC Halo Classic | Grand Finals Pt. 2 – TOX Gaming v Denial Esports

アメフトのようなゲームタイプ。ボール(画像ではスカル)を持っている間はポイントが入り、指定されたポイントに達したチームが勝利となります。

『Halo』のここが面白い!

①永遠のように感じられる「撃ち合い」の緊張感

▲高低差のあるマップを生かしたトリッキーな移動からの、白熱した接近戦の様子

『Halo』シリーズの魅力のひとつとして、息の詰まるような、緊張感のある撃ち合いが挙げられます。

キルタイム(※)が長いため(『Halo3』:1.4秒、『Halo5』:1.2秒)、撃ち合う時間が比較的長く、相手との動きの駆け引きを楽しめるのです。

※相手をキルするためにかかる時間

また、『Halo』シリーズは体力ゲージが自動で回復するため、体力が戻るまで隠れ、撃ち合いに戻るという流れが多いです。

そのため、敵がどこに隠れているか? どこから出てくるか? という動きを予測しながらの立ち回りも魅力のひとつです。

▲お互いの動きを読みあう緊張の一瞬。最終的に、左へ先回りしたプレイヤーが撃ち勝ちました。

以上のゲーム性から、『Halo』では計画的な立ち回りと予測が重要になります。『Halo』に偶然の勝利はありません。

②試合にストーリーをもたらす「チームプレイ」

▲透明になれる「カモフラージュ」を使用し、2人の相手と交戦するSnakeBite選手。ダブルキルを達成できてもおかしくない状況でしたが、画面左にいるチームメイトのためにマップ中央の相手を倒しに行きます。これこそが彼の所属するチーム「TOX Gaming」が最強たる所以です。

『Halo』の試合で勝つために重要な要素は、「チームプレイ」です。

なぜチームプレイが重要かというと、前述の通り『Halo』はキルタイムが長く、一発逆転できる武器も少ないため、1対2のような状況では確実に少ない方が不利になるからです。

さらに、キルされると一定時間後に交戦エリアから離れた場所にリスポーンするので、一時的にでも数で不利な状況になると、一気に攻め込まれて試合の流れを持っていかれてしまいます。

そのため『Halo』では、味方と連携し合い「共に生き残る」ということが重要となります。

チームプレイは、分かりやすいスーパープレイとして短い動画にまとめられるものではありませんが、試合にストーリー性を生み出してくれます。『Halo』はチームプレイが重要だからこそ、魅力的なストーリーが生まれやすいタイトルでもあるのです。

③モダンorクラシック。タイトルごとに異なるプレイスタイル

『Halo』はシリーズを通して10本以上ものタイトルが販売されています。

多数の作品から構成される『Halo』シリーズの特徴として、タイトルごとに異なるゲームシステムがあります。

つまり、タイトルごとに様々なプレイスタイルを楽しめるということです。

以下の画像を見ていただければわかる通り、『Halo』にはいわゆる「クラシック」と「モダン」タイプが存在します。

クラシックタイプの特徴は、キルタイムが短いにも関わらず、スプリント等が無いこと、ブレットマグネティズム(敵からある程度照準がずれていてもヒットとして扱う仕様)の影響が少ないことから、スローテンポであることです。

『Halo』シリーズの中では、最もシンプルでストイックなタイプと言っていいでしょう。

一方モダンタイプは、スプリント・よじ登り・スラスターパック(加速)などのアビリティが追加され、機動性が高くなったことから、より速いテンポでのプレイが可能です。特に『Halo 5』はシンプルかつストイックでありながら、最近のFPSのトレンドを取り入れた操作性になっています。

観戦するもよし、自分でプレイするもよし、ですが、ぜひ自分でプレイしてお気に入りのスタイルを見つけてみてください。

また新作『Halo Infinite』の発売もアナウンスされており、マルチプレイの仕様がどのようなになるのか、注目が集まっています。

「HCS Invitational 2019」の見どころ
前のページ
1
2
次のページ

ゆき

プロフィールを見る

「Halo」が大好き。日本は「Halo」の情報が少なすぎるので、「Halo」のesportsシーンについて書いていきます。  「Halo」を通じてesportsの世界を覗いてみましょう。   その他ニュースなども書かせていただきます!

あわせて読みたい

NEW

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る