日本のeスポーツ関連企業PlayBrainが海外ファンドから約2億円の資金調達

引用元:Japanese Tournament Organizer PlayBrain Raises $1.9M Seed Round Led by BITKRAFT

eスポーツ大会運営などを手掛ける日本の企業「PlayBrain」が、ドイツのeスポーツ投資ファンドBITKRAFT Esports Venturesなどから、シードラウンド(※)で190万ドル(約2億円)の資金を調達しました。

※シードラウンド:設立直後のベンチャー企業が行う資金調達

「PlayBrain」は、2016年の設立以降『グウェント ウィッチャーカードゲーム』のeスポーツ大会DEKKI White Wolfや、『ハースストーン』のeスポーツ大会HCT Tokyoなどの大会運営に携わってきた企業です。大会運営のほかに、自社YouTubeチャンネルでの動画配信なども行っています。

今回「PlayBrain」が調達した資金は、同社がライアットゲームズ、よしもとクリエイティブ・エージェンシーと共同運営する『リーグ・オブ・レジェンド』の公式プロリーグLeague of Legends Japan League(LJL)の運営費として使用されます。

BITKRAFT Esports Venturesの公式ブログによると、今回の出資は、欧米諸国から日本のeスポーツ界に対して行われた、初の出資であるとのことです。

シブゲー編集部

プロフィールを見る

シブヤの片隅からゲームのことを。シブヤの片隅から、ニュースやキーマンへのインタビュー、イベントレポートを中心に、ディープでエッジの効いたeスポーツ関連情報を発信します。

あわせて読みたい

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

すべての記事を見る