PAGE: 2 / 3

知らない人と、知らないゲームと会うのは楽しい。「Gamers Community Festival -集会01-」レポート

歓声の絶えなかった『ロケットリーグ』エリア

6Fには『ロケットリーグ』のエリアが!

コミュニティ主催のオフラインイベントはもちろん、外注でも数々のイベントをこなす実力派集団「Sky Rocket」による運営です。

▲奥のプロジェクターでは試合の様子が確認でき、椅子に座ってゆっくり見ることもできました。
▲ゲストのabaraさん(左)と和葉@さん(右)

まずは先着24名のランダムトーナメントが開始!

さすがは見た目にも楽しい『ロケットリーグ』、ゴールが決まるたびに大きな歓声があがりました。

▲全員試合に夢中!奥には思わず顔を上げる「Sky Rocket」メンバーのMeltさんも
▲一番笑い声が響いていたエリアかもしれません
▲何かミスってしまったのでしょうか。皆さんの表情が豊かだったのが印象的でした

イベントの最後にはじゃんけん大会も行われ、終始とても賑やかな雰囲気でした!

コンセプトは「お泊り会」の『伝説対決』エリア

▲こちらにもたくさんの「yogibo」のクッションが

通常は音楽スタジオとして使われているB1エリアでは『伝説対決』のイベントが行われました。

『伝説対決』は5vs5で相手チームのコアを破壊し合うアプリゲームで、いわゆるMOBA(マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ)というジャンルです。

2019年夏には、世界大会「Arena of Valor World Cup 2019」が開催される予定で、中国では爆発的な人気を誇るゲームとなっています。

▲うさぎがかわいい手書きのスケジュール表
▲ゲストのMaeChanさん。『伝説対決』では5,000試合をこなした猛者だそうですが、エリアにはゆる~い雰囲気が流れていました

ゲストには、MOBAプレイヤーとして積極的に『伝説対決』の解説動画などをあげているMaeChanさんが登場。

「友達の家でゲームお泊り会」というコンセプトで企画したというMaeChanさん。初心者の方も交えながらカスタムマッチや雑談会が行われており、本当に友達の家に遊びに行ったような気分になりました。

『伝説対決』は2018年11月に日本語版がリリースされたばかりなので、今回は貴重な(おそらく初めての!?)プレイヤー交流の場となったのではないでしょうか。

意外とチームワークが大事だった『TOWER TAG』

引用元:TOWER TAG(タワータグ)日本公式サイト

4Fで体験できたのは対戦型VRシューティングゲーム『TOWER TAG』!

なんとイベント当日は無料でプレイできました。

筆者も体験させて頂いたのですが、ただ撃ち合うだけではなく、柱や壁などの障害物に隠れながら戦う必要があるので、しゃがんだり動いたり、意外とハードでした。

また、複数ある柱を占領して陣地とし、移動可能にするという陣取りゲームの要素もあります。

味方と連携して相手チームを包囲していくのも、面白さの1つです!

参加者インタビュー&フォトギャラリー
前のページ
1
2
3
次のページ

ゆき

プロフィールを見る

「Halo」が大好き。日本は「Halo」の情報が少なすぎるので、「Halo」のesportsシーンについて書いていきます。  「Halo」を通じてesportsの世界を覗いてみましょう。「Halo」じゃなくてもアツいなあと思ったことはなんでも書きます!

あわせて読みたい

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

すべての記事を見る