「もし僕が辞めたらこういう風になりたいな」彼の眼は希望に満ちていた|僕らのヒーローインタビュー:CLAIRE

「なぜ『オーバーウォッチ』を続けているのか」

「JUPITER」所属のCLAIREは、険しい日々を乗り越えてきた。

『オーバーウォッチ』がリリースされた初年度、彼は苦汁を嘗めながら耐え忍んだ。
結果はなかなか身を結ばず、一年に及ぶ雌伏の時を過ごすこととなる。

そして翌年の2017年、長きに渡る激闘の末に彼は日本一の座へと輝くことになるが、勝利の余韻にひたることすら許されなかった。
次に目指すは太平洋No.1。戦いの舞台は国内を飛び出し、海の向こうへと移った。

そこからの戦いは苛烈を極めた。各国の代表は、正に百戦錬磨。尋常な相手ではなかった。
そうして戦い続けること一年半、2018年の冬に一つの結果が実を結ぶ。多くの日本チームが敗れ去った栄光の舞台「コンテンダーズ・パシフィック」にて前代未聞の2位を掴み取ったのだ。

しかしその大会を最後に当時の所属チームは休止。実質的な解散を余儀なくされた。

所属チームは無くなった。太平洋でも屈指のチームとして実績を残した。
もう十分ではないか?

しかしCLAIREは「JUPITER」と合流し、再度イチから太平洋の頂点を目指している。

終わり無き競技の世界に身をやつし、ただただ『オーバーウォッチ』に没頭し続ける彼の姿には、多くの勝利と敗北が宿っている。
実績・実力共に国内No.1。しかし挫折の予感は数知れず。それでも全て乗り越えてきた。
どうしてそこまでして『オーバーウォッチ』を続けられるのか?

「純粋に『オーバーウォッチ』が好きなんだと思います」

一拍おいて答えた彼の言葉はとてもシンプルなものだった。

ただ一筋に捧げた8年間

音楽をこよなく愛する少年だったCLAIREは、兄達の後ろでゲームを見ることが好きだった。二人の兄は稀有なゲームフリークスだったので、少年CLAIREがゲームをプレイするようになったのは極めて自然で当然の流れではあった。
しかし兄達の予想を遥かに超えて、少年はゲームの世界にのめりこみ、修羅なる競技の世界へと足を踏み入れることとなる――。

「仕事に行ってる間にレベル上げやアイテム集めしといてくんない?」

12歳年上の兄にそう頼まれたのが、初めてオンラインゲームを触ったキッカケでした。小学校高学年の頃です。
それまでは兄のゲームプレイを見てるだけで満足してて、自分からゲームを触ることはほとんど無かったんです。

兄は二人いて、どちらとも格ゲーにどっぷりハマっていて、二人して闘劇(※)に出場するような人たちでした。ゲーム色の濃い家庭でしたね。

※闘劇――エンターブレインが主催していた大規模格闘ゲーム大会。2012年を最後に閉幕した。

まあ、そういうわけで雑用にせよ何にせよ、最初に触ったゲームはMMOでした。今思うとお兄ちゃんはゲーマーとしては効率いいですよね。ゲームの作業に弟を使うんですもん(笑)。
しかも弟もゲームを楽しんでくれてる。この構図はなかなか上手い、完全なWIN-WIN関係でした。

あと一回り離れてるからか、昔からお兄ちゃん達のお世話になったりお下がりを貰うことが多かった。だからPC関連であまりお金が掛からなかったんです。そういったこともあってかオンラインゲームにハマった後も継続して続けることが出来たんだと思います。

オンラインゲームを始めてから4年近くはMMOばかりやってたんですけど、MMOのゲーム仲間に「『スペシャルフォース』※を一緒にやってみようよ」と誘われたのがキッカケで、初めてFPSに触れることになりました。

※スペシャルフォース……韓国発のオンラインマルチプレイFPS。国内では2006年にサービスが開始し、2016年にサービスが終了した。

ここからFPS……というか『スペシャルフォース』にどハマりしました。

『スペシャルフォース』をやってた方やオンラインゲームを何年か続けてる方なら分かると思うんですが、新しい競合タイトルのゲームが出ると普通はそっちへ行ってしまうんですよ。
『スペシャルフォース』との競合だと、当時は『サドンアタック』や『Alliance of Valiant Arms』。こういう人気タイトルに普通は飛びつくし、事実多くのゲーム仲間は別のゲームへと移行してました。

でも僕はやり続けたんですよね、『スペシャルフォース』。8年間。

『スペシャルフォース』を8年間やってる間に、続編となる『スペシャルフォース2』がリリースされたんですけど、でもそれすら殆どやりませんでした。
本当に、ただひたすらに『スペシャルフォース』。

でもオンラインゲームっていわゆる寿命みたいなのがあるじゃないですか。人がいなくなって、対戦ゲームとしての体裁が整わなくなるような時。
『スペシャルフォース』にも例外なく「その時」が来てしまいました。
最後の方は全体の同時接続が300とか。対戦のモードが団体戦だけでも全部で5つ以上あるのに、全部合わせた同接が300です。これはもうゲームが出来ないと。
8年目にして遂に『スペシャルフォース』から離れることを決意しました。

『オーバーウォッチ』に触れるのはそこから数年後になります。

チームにおける役割 その目で見据えるのは仲間の『リズム』
前のページ
1
2
3
次のページ

gappo3

プロフィールを見る

Green Leaves所属。現在はチームのマネージャーを担当。選手としての経験と、チームのマネージャーとしての活動を武器に、eスポーツに関わる様々な取材・執筆活動を行う。

あわせて読みたい

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る