『鉄拳7』プロツアー「TWT」開催概要発表!ローカル大会を巻き込むシステムも

引用:TWT.com

人気3D格闘ゲーム『鉄拳7』のプロツアー「Tekken World Tour 2019」(以下、TWT 2019)が、開催概要を発表しました。

「TWT 2019」は、2019年4月20日(土)、21日(日)にフランスで開催される「The MixUp」を皮切りに、8ヶ月に渡って行われます。
決勝はタイ・バンコクで開催。決勝大会の賞金総額は約19万ドルで、昨年の8倍ほどに増額されています。

「TWT 2019」では、世界各国で開催される大会の順位に基づいて、ツアーポイントを獲得できます。ポイントランキング上位のプレイヤーが、バンコクの決勝大会への出場権を獲得できるという仕組みです。

ツアーのメインとなるのは、多くのポイントが付与されるマスターズ大会ですが、今年は13のマスターズ大会が用意されています。そのうちの4大会はアメリカ開催ですが、他はUAEやフィリピンなど、様々な国で開催される予定です。

マスターズ大会の他にも、より小規模なチャレンジャー大会も13回予定されており、こちらも南アフリカなどを含めた世界各国で開催されます。

なお、格闘ゲームの世界大会である「EVO」は “マスターズ+” 大会として設定されており、入賞者にはマスターズ大会よりも多くのポイントが付与されるようです。

また、「TWT 2019」では新たに、ローカルシーンを巻き込む方法として、「DOJO」と銘打たれたポイントシステムも採用されました。

Red Bull Gaming Sphere Tokyo(中野)で毎週火曜日に開催される「RedBull FightingTuesday」をはじめ、ローカル大会は数多く開催されています。
16人以上が参加し、公式ガイドラインに沿った大会の場合、その大会を「DOJO」として登録することができ、上位入賞者には少量のポイントが付与されます。

引用:TWT.com

上記表は各大会の付与ポイントを表しており、DOJO大会は参加人数に応じてポイントが増減するようになっています。

昨年に比べ大幅な賞金総額の増量に加え、グローバルシーンを大きく巻き込む動きが見える「TWT 2019」。白熱した戦いと共に、まだ見ぬ強豪プレイヤーたちの登場が期待されます。

シブゲー編集部

プロフィールを見る

シブヤの片隅からゲームのことを。シブヤの片隅から、ニュースやキーマンへのインタビュー、イベントレポートを中心に、ディープでエッジの効いたeスポーツ関連情報を発信します。

あわせて読みたい

NEW
NEW

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る