ラッパーのスヌープ・ドッグがeスポーツ大会を創設、自身も参戦

引用元:Snoop Dogg launches his own esports league

アメリカのラッパー、スヌープ・ドッグが、自身が保有するメディア「Merry Jane」と共同で運営する新たなトーナメント形式のeスポーツ大会「Gangsta Gaming League」の創設を発表しました。
賞金総額は11,000ドル(約120万円)。

同大会では、アメリカンフットボールゲーム『Madden NFL 19』が競技タイトルとして選ばれました。

勝者には賞金のほか「Topp Dogg」という称号が与えられます。また勝者はスヌープ・ドッグ本人に挑戦する機会が与えられ、勝利すると賞金額が倍になるとのこと。

第1回大会は2019年3月14日(木)に開催され、スヌープ・ドッグの友人である、Shelton、Red Grant、JCなど合計8人が出場しました。

スヌープ・ドッグ本人は、大会の実況をDanRueと共に担当。その後、トーナメントを制したSheltonと試合を行い、勝利を収めました。

なおMerry Jane誌によると、本大会は現在(2019年3月)開催されているeスポーツ大会のなかで唯一、大麻の使用(※)が公式に認められた大会であるとのことです。

※アメリカでは、大会が開かれるカリフォルニア州を含めたいくつかの州で、嗜好品としての大麻の使用が認められています。日本での所持は法律で禁止されています。

シブゲー編集部

プロフィールを見る

シブヤの片隅からゲームのことを。シブヤの片隅から、ニュースやキーマンへのインタビュー、イベントレポートを中心に、ディープでエッジの効いたeスポーツ関連情報を発信します。

あわせて読みたい

NEW
NEW

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る