【PUBG】ロンドンへの切符をかけたPJS Season2後半戦スタート!Phase2 DAY4ドン勝チーム&MOST KILL選手インタビュー

『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』(以下、PUBG)のDMM GAMESが主催する日本公式リーグ「PUBG JAPAN SERIES」(以下、PJS)では、2019年3月23日(土)にSeason2 DAY4が都内オフライン会場にて行われました。

この日、シーズン後半戦にあたるPhase2がスタート。4月16日(火)からイギリス・ロンドンで開催される国際大会「FACEIT Global Summit: PUBG Classic」への出場権を獲得できる日本チームは、今シーズンを通した総合優勝1チームのみ。

その枠をかけた争いがますます混戦模様となったDAY4。今回も、各ROUNDのドン勝チームとMOST KILL獲得選手へのインタビューをお届けします!

【ROUND1】Phase2の初戦、ついに「SunSister Suicider’s」がドン勝!

「Miramar」で行われたROUND1でドン勝を獲得したのは、Season1王者の「SunSister Suicider’s」。Phase1では1度もドン勝を獲得していませんでしたが、ここで後半戦のスタートを勢いづけるドン勝を見せました。

Phase1終了時点では総合3位となっていましたが、DAY4終了時点のSeason2トータルでは総合2位に。現在トップの「BLUE BEES」との差はわずか2ポイントとなっています。

CrazySam選手、gabha選手、CiNVe選手、Sabrac_選手

■「SunSister Suicider’s」インタビュー

――ドン勝おめでとうございます!Phase1の内容を踏まえて、後半戦となるPhase2ではどのように挑もうと考えていましたか?

CrazySam ファイトのタイミングを意識して、チームワークを重視して戦うことです。それができれば、これからも勝てるのではないかと思うので、意識して頑張りたいです。

gabha Phase1では変に固まりすぎてやられてしまう場面があったので、固まりすぎず広く取っていこうと考えていました。

CiNVe 固まらず広く取ることもそうですが、もっと情報をオーダーに渡しておけば、ドン勝が近くなるんじゃないかと考えていました。そうした方がSabracもやりやすいと思うので、率先して情報を渡せるように意識しています。

Sabrac メンバーそれぞれにやりたいことがあると思うので、それを試していたところもありました。ただ、とにかくアクティブに動けばいいというわけでもないので、自分の考えをしっかりメンバーに伝えて、改めて意思が統一されたことでやりやすい試合ができたかなと思います。

■ROUND1の試合結果

【ROUND2】「JUPITER NOVA」が今シーズン2度目のドン勝を獲得!

「Miramar」で行われたROUND2でドン勝を獲得したのは、「JUPITER NOVA」。Season2ではDAY1のドン勝に続く、2度目のドン勝獲得となりました。

Grade1へ昇格してきた今シーズンPhase1の成績は総合9位。Season2トータルではDAY4終了時点で総合6位と、着実に順位を上げています。

Yakou選手、Middleee選手、Hydrich選手、Kairos4G選手

■「JUPITER NOVA」インタビュー

――ドン勝おめでとうございます!このチームの強みはどんなところだと思いますか?コーチがついているチームならではの部分についても教えてください。

Yakou コーチがいることで、他チームの研究など情報量の面で有利だと思います。あと、やはり反省会の時に第三者から指摘してもらえることで、選手だけで話し合うよりもスムーズだと感じます。

Middleee チームの強みとしては、話す量をできるだけ多く、味方が何をしているのかお互いに意識して逐一伝え合うところです。それを行うことによって、必要なところがあればカバーしたり、というのが今回のドン勝にも繋がったんじゃないかと思います。

Hydrich みんな声出しができて、索敵が上手いというのもあります。それをしっかりチームメンバーが情報共有できるので、チームの強みになっていると思います。

Kairos4G 安全地帯の研究に関して、次のエリアが出た時にいち早く、強いポジションやエリアに入りやすい家屋を狙って取りに行く、という動きをコーチとコミュニケーションを取りながらやっています。

■ROUND2の試合結果

【ROUND3】「BLUE BEES」がドン勝で、Season2総合トップに浮上!

「Erangel」で行われたROUND3でドン勝を獲得したのは、「BLUE BEES」。今シーズンに入って、これが3度目のドン勝となりました。

Phase1を総合2位という好成績で終え、Season2トータルの総合順位はDAY4終了時点でトップへ。残り2日、総合1位をキープできるかに注目が集まります。

sssat0選手、Brazilian選手、Liavely選手、kr10選手

■「BLUE BEES」インタビュー

――ドン勝おめでとうございます!Season2トータルの成績で、ロンドンを狙える位置に浮上しました。改めて今の目標を教えてください。

sssat0 このまま安定した順位と爆発力でポイントを取って、ロンドンに行きたいと思います。

Brazilian ロンドンに行けるように各々いろいろ反省と修正をして、ロンドンに行けたら日本が誇れる結果を出せるように、今はたくさん積み重ねをしたいと思っています。

Liavely ロンドンが狙える位置なので、下は見ずに上だけを見て、行けるならぶっちぎりで行きたいと思っています。

kr10 PJSでは総合優勝のみを目指していきます。

■ROUND3の試合結果

ROUND4は「SCARZ」ドン勝!CrazySam選手が6度目のMOST KILL
前のページ
1
2
次のページ

綾本 ゆかり

プロフィールを見る

ソーシャルゲームをつくっていた会社員時代を経て、現在はフリーライターとして活動。PUBGで観戦の楽しさを知ったことをきっかけに、eスポーツの世界へ。ゲームやプレイヤーの魅力を伝えるべく、イベントレポートやインタビューを中心に取材記事を執筆します。

あわせて読みたい

NEW
NEW

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る