『Halo 3』のeスポーツ大会がアメリカ・ダラスで開催決定、開発元のeスポーツ支援プログラムを活用

引用元:Halo 3 MCC Tournaments Announced Through HCS Grassroots

人気FPSゲーム『Halo』シリーズのeスポーツ支援プログラム「HALO CHAMPIONSHIP SERIES GRASSROOTS」(以下、HCS GRASSROOTS)を活用したeスポーツ大会が、アメリカ・ダラスで新たに開催されることが発表されました。

本大会の採用タイトルは、2007年に発売されたXbox 360用FPSゲーム『Halo 3』(※)で、賞金総額は5万ドル(約550万円)となっています。

※大会では2014年発売のXbox One用ソフト『Halo: The Master Chief Collection』に収録された『Halo 3』が使用されます。

「HCS GRASSROOTS」は2018年11月、「Halo」シリーズ(『Halo 4』以降)の開発元343 Industriesが開始した承認制のパートナーシッププログラムです。

同プログラムは、イベント主催者やコンテンツクリエイターを支援の対象として設定しており、343 Industriesから承認を受けた運営者・団体は、大会用の賞金補助やPR支援などを受けることができます。

引用元:Halo 3 Grassroots event announced for DreamHack Dallas

本大会の試合は4対4のチーム対戦方式で行われます。

大会の予選は、中部標準時の2019年4月6日(水)から5月18日(土)までの期間に、計4回オンライン形式で開催されます。予選には、チームパス(2019年3月25日時点では76個が購入可能)購入者のみが参加可能となっています。

DreamHackの告知サイトによると、予選の上位12チームにはシード権が授与され、残るチームはオープンブラケット(トーナメント)に組み込まれるとのこと。

大会の決勝戦は、アメリカ・ダラスで開催されるゲームイベント「DreamHack Dallas」で行われます。「DreamHack Dallas」の開催予定日は現地時間の2019年5月31日(金)~6月2日(日)となっています。

なおDreamHackによると、本大会と並行して、賞金総額5,000ドル(約55万円)のFFA(※)形式のサイドイベントの実施が予定されているとのことです。

※FFA(フリー・フォー・オール):自分以外の全員が敵となる個人戦ルール。

『Halo』関連記事


シブゲー編集部

プロフィールを見る

シブヤの片隅からゲームのことを。シブヤの片隅から、ニュースやキーマンへのインタビュー、イベントレポートを中心に、ディープでエッジの効いたeスポーツ関連情報を発信します。

あわせて読みたい

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

すべての記事を見る