米ゲーム小売大手「GameStop」が複数のeスポーツ団体と提携、大会開催の構想も

引用元:GameStop Signs Three-Year Naming Rights Deal for compLexity Gaming HQ

アメリカのゲーム小売大手「GameStop」が、複数のeスポーツ関連団体とのスポンサー契約締結を発表しました。今回GameStopがスポンサー契約を締結したのは、compLexity Gaming、Envy Gaming、Infinite Esportsの3団体です。

compLexity Gamingは2013年に設立されたeスポーツ団体です。記事公開時点(2019年3月28日)では『CS:GO』『フォートナイト』『ロケットリーグ』などを含む計10タイトルの内部チーム(部門)を有しています。

GameStopは、今回の契約締結によってcompLexity Gamingが2019年5月にオープンする予定のeスポーツ施設の命名権を獲得しました。compLexity Gamingの発表によると、本施設は「GameStop Performance Center」と命名されたとのこと。

「GameStop Performance Center」は、ゲームプレイエリア、(eスポーツ)トレーニング施設、小売店舗などを備える複合施設です。施設総面積は11,000平方フィート(約1,000平方メートル)となっています。

引用元:Gamestop Announces Texas-Based Esports Partnerships, Including Naming Rights

Envy GamingとInfinite Esportsは、それぞれ『オーバーウォッチ』の公式eスポーツ大会「オーバーウォッチ リーグ」のチーム(Dallas Fuel、Houston Outlaws)を保有する団体です。

また両団体はそれぞれ「オーバーウォッチ リーグ」以外のeスポーツ大会に参加するプロチーム(TeamEnvy、OpTic Gaming)も保有しています。

引用元:GameStop Sponsors Team Envy and Dallas Fuel

GameStopはアメリカ・テキサス州に本社を置く企業。今回スポンサー契約が交わされたeスポーツ関連団体も、すべてテキサス州を拠点としています。

GameStopのチーフマーケティングオフィサーFrank Hamlin氏は、今回の決定について以下のようにコメントしています。

我々は(テキサス州)ダラスの都市フォートワースがeスポーツの中心地となることを信じています。現在北テキサス(フォートワースの所在地)には多くのeスポーツチームが拠点を設置し始めており、我々はその動きの中心に位置しています。(意訳)

また同氏は、将来的なeスポーツ大会の構想についても説明を行いました。

我々は楽しくユニークな体験をゲーマーの皆様にお届けすると共に、次世代のプロeスポーツ選手の育成にも繋がる、公式マイナーリーグを主催する構想も持っています。(意訳)

GameStopはこのほかにも、大学生eスポーツ大会を主催する「Collegiate Star League」(以下、CSL)との提携なども発表。「CSL」と共に大学生を対象としたeスポーツ大会を主催していくことも告知しました。

 

あわせて読みたい海外ニュース



シブゲー編集部

プロフィールを見る

シブヤの片隅からゲームのことを。シブヤの片隅から、ニュースやキーマンへのインタビュー、イベントレポートを中心に、ディープでエッジの効いたeスポーツ関連情報を発信します。

あわせて読みたい

NEW
NEW

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る