}

Shadowverse次期拡張の名を冠したeスポーツ大会”RAGE Shadowverse Tempest of the Gods”がエントリー開始!予選は5月に開催決定

Shadowverseを競技タイトルに採用したオフラインeスポーツ大会”RAGE Shadowverse Tempest of the Gods”の概要が発表されました。
東京と大阪の2会場で予選大会が行われ、決勝大会はベルサール高田馬場にて6月10日に行われる予定です。

RAGE Shadowverse Tempest of the Godsとは

引用元:https://rage-esports.jp/

RAGEとはCyberZ社が運営するeスポーツ大会で、今大会は競技タイトルにデジタルTCGShadowverseを採用して行われるもの。タイトルにShadowverseが採用されるのは昨年10月から11月に行われたRAGE VOL.3に続いて二度目になります。大会は5月に東京と大阪の二箇所で予選が二日間に渡って行われ、Day1はシングルエリミネーション方式によって進行されるBO3のトーナメント、Day2はスイスドロー形式によって争われます。決勝はそれぞれの予選を勝ち抜いた8名によってベルサール高田馬場にて6月10日に開催される予定です。賞金総額は700万超で成績優秀者には称号が付与されるほか、参加者全員に参加賞として専用のエンブレムが用意されるそうです。また、東京大会は2048名、大阪大会は1024名の合計3072名が募集されており、エントリーは”https://sv.rage-esports.jp/“にて受付中。4月3日までの期間になります。参加費用は無料、端末とアカウントは運営側が用意するものを使用し、満18歳以上なら誰でも参加できる大会だそうです。また、ルールの詳細については公式サイトにて大会規約が公開されております。

神々の騒嵐

引用元:https://cyber-z.co.jp/news/pressreleases/2017/0321_4403.html

大会名でもあるTempest of the GodsはShadowverseの3月末にリリースされる予定の次期拡張パックの名前でもあり、この大会はまだリリースされていない次の環境のカードを用いて競われるものになると推測されます。3月26日に決勝大会が行われる”Shadowverse Rise of Bahamut~ファミ通CUP2017~”でもそうでしたが、こうしてリリース前に大会の告知が行われると、新しい環境に対して全員がフラットな状態でスタートするので面白いですね。またファミ通カップの予選においては殆どのプレイヤーがある2つのデッキを採用していましたが、次の大会では、環境ではどうなるのか、今から楽しみです。

参考サイト
https://cyber-z.co.jp/news/pressreleases/2017/0321_4403.html
https://sv.rage-esports.jp/

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

WRITTEN BY

シブゲー編集部

プロフィールを見る

シブヤの片隅からゲームのことを。シブヤの片隅から、ニュースやキーマンへのインタビュー、イベントレポートを中心に、ディープでエッジの効いたeスポーツ関連情報を発信します。

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る