PAGE: 2 / 2

【R6S】世界の「FNATIC」が日本上陸!『レインボーシックス シージ』チーム独占インタビュー

強さだけでない、FNATICが重要視するプロの姿勢

――FNATICはスポンサーの数も実績も、世界中からの注目度も世界トップクラスかと思います。その中でプロとして活動されているみなさんが思う、プロプレイヤーに必要な要素とは何ですか?

Speca 一番大切なのはバランスを保つことだと思います。心身共に健康であることやゲームに打ち込むこと、ファンとコミュニケーションを取ること、それぞれが大切だし必要なことですが、何かひとつに特化しすぎてしまうと良くないんです。

ゲームの練習をしすぎてしまうと、かえってパフォーマンスが悪くなってしまうこともあります。練習と同じくらい、自分の身体的・精神的な健康を保つ時間を作ることも大事です。

Magnet 内だけでなく外に向けても、”プロフェッショナル”であることが重要です。伝統的なスポーツだと、インタビューにちゃんと答えられたり、人々から尊敬され模範となるような存在になることも求められますよね。もちろんスポンサーさんの意向を汲めることも。

そしてeスポーツ全体のエコシステムを理解することも大切です。チームやメディアはどういう仕組みで動いていて、その中で自分たちがどう支えられているかをちゃんと知った上で、模範たることが大事だと思います。

もちろん大前提として、ゲームを楽しむことも欠かせない要素ですね。

――日本のeスポーツの動きは、外から見てどう感じていますか?

Speca 我々の視点では、日本はゲームの分野でもeスポーツの分野でもパイオニア的な存在で、積極性があるように感じます。だからeスポーツ市場が成長してきているのでしょう。

対して、オーストラリアはそこまでeスポーツに積極的ではありません。日本にはむしろ、オーストラリアを含めた国を引っ張っていけるようなeスポーツ大国になってほしいですね。

▲Speca選手

言語の壁を越えて

――FNATICは日本のチームや選手とも交流が多いので、日本での知名度も高いですよね。

Lusty 日本語を話すことができれば、日本のファンの方とももっとコミュニケーションが取れるのですが。

Magnet 日本の方には、様々な大会で野良連合やSengokuGamingなどと対戦したチームとして知ってもらえていると思います。

今は日本のチームや選手たちを通してかもしれないですが、今後はぼくたちのプライベートな部分も出していって、もっと多くの日本のファンと直接コミュニケーションできるようにしていきたいです。

最近TikTokを始めたのも、日本のファンの方とコミュニケーションを取れるようにという目的があります。言葉のハードルはあるかもしれませんが、ゲームのファンに限らずたくさんの人と交流できたらいいなと思っています。

――では少しプライベートな質問ですが、今回の日本遠征で印象的だったことはありますか? ゲームやビジネス以外のことでお願いします。

Speca 日本の好きなところが本当に多いので、「食べ物」「人」「文化」といろいろありますよ。

▲左から、Speca選手、RizRaz選手、Virtue選手。

Lusty そういえば電車に乗っている時にゲームをやったよね。

Magnet そうそう。日本の電車文化が新鮮だったので、電車でつり革を持たずに立って、1歩でも踏み外した人が負けというルールの「トレイン・サーファー(Train Surfer)」ゲームをやったんです。たのしかったね。

▲左から、Magnet選手、Speca選手、RizRaz選手。

Magnet あと面白かったのが、Acezの日本語。

ぼくたちみんなで、日本語と英語を組み合わせて遊ぶことがあるんですよ。例えば、「ありがとう」と「Thanks」を組み合わせて「アリガテンクス(arigathanks)」とか、「excuse me」と「すみません」を組み合わせて「エクスキューズミマセン(excusumimasen)」とか。

Acez ぼくはずっとそれが正しい日本語だと思ってたんですよ。だから前回のAPACで日本に来たときも「エクスキューズミマセン」と色々な人に言っていたのですが、だれにも通じなかったんです(笑)。

▲Acez選手

APAC Finalsに向けて

――では最後に、APACに向けての意気込みをお聞かせいただけますか?

Magnet とにかく勝つ自信があります。

日本はAPAC Finalsに出られそうなチームがいくつもあったので、野良連合とCYCLOPS athlete gamingは強豪がひしめく中で勝ち上がってきた2チームだと思いますが、FNATICはどんな相手にも勝つ自信があります。

▲Magnet選手

シーズン9「APAC Finals」の対戦表は以下の通りです。

関連記事

前のページ
1
2
次のページ

渡辺 静

プロフィールを見る

感覚派の編集・ライター。なんでもワクワクしちゃう観戦勢。特に、ロケットリーグ、CoD、R6Sが好きです。 女性プロゲーマーはつめさんが挑戦し続ける姿に感化されて、シブゲーに来ました。

あわせて読みたい

NEW

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る