『Quake』の元世界王者がメンバー! 海外eスポーツチーム「Na’Vi」が『Apex Legends』部門を創設

引用元:Na’vi enters Apex Legends with former Quake players

プロeスポーツチーム「Natus Vincere」(以下、Na’Vi)が、人気バトルロイヤルFPSゲーム『Apex Legends』部門を創設することを発表しました。

「Na’Vi」は2009年に創設されたウクライナのチーム。同チームは『Dota2』の世界大会「The International」で優勝した経験(2011年度)を有する強豪で、その他にも複数のゲームタイトルのeスポーツ大会で優秀な成績を残しています。

チームからの発表によると、『Apex Legends』部門にはAlexei Yanushevsky氏(選手名:cYpheR)とNikita Marchinsky(選手名:clawz)の2名が選手として加わるとのこと。3人目(※)の選手の詳細は、記事公開時点(2019年4月11日)では発表されていません。

※『Apex Legends』は3人で1チームを編成するのが基本ルール

今回「Na’Vi」に加わった2名は過去、スポーツ系FPSゲーム『Quake』シリーズのeスポーツ大会で活躍していた選手です。『Quake』は1996年に第1作が発売されたFPSゲームの草分け的存在で、これまでに計7作がリリースされています。

cYpheR選手は、10年以上『Quake』シリーズeスポーツ大会に出場を続けていたベテランで、キャリアを通じて10万ドル(約1,000万円)以上の賞金を獲得しています。

一方clawz選手は、cYpheR選手と比べると経験は浅いものの、『Quake』シリーズの世界大会「Quake World Championship 2017」では「Duel」部門(1対1)と「Sacrifice」部門(4対4)の両方で優勝し、個人で10万ドル(約1,100万円)、チームで30万ドル(約3,300万円)を獲得するなど優れた成績を残している選手です。

引用元:NATUS VINCERE HAS UPDATED ITS DOTA 2 TEAM COMPOSITION FOR THE KIEV MAJOR 2017

「Na’Vi」によると、同チームの『Apex Legends』部門は、最初の活動としてドイツ・ベルリンで行われるイベント「TwitchCon Europe」に参加予定であるとのこと。

記事公開時点(2019年4月11日)では、「Na’Vi」が参加する「TwitchCon Europe」内イベントの詳細は明らかになっていませんが、同イベントの開催元であるTwitchは先日「TwitchCon Europe」でeスポーツ大会を開催することを告知しました。

「TwitchCon Europe」は、現地時間の2019年4月13日(土)から4月14日(日)にかけて開催されます。

 

『Apex Legends』関連ニュース


シブゲー編集部

プロフィールを見る

シブヤの片隅からゲームのことを。シブヤの片隅から、ニュースやキーマンへのインタビュー、イベントレポートを中心に、ディープでエッジの効いたeスポーツ関連情報を発信します。

あわせて読みたい

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

すべての記事を見る