【APAC Finals DAY1】「野良連合」意地の快勝と、「CYCLOPS athlete gaming」粘りの初戦をレポート!【R6S】

『レインボーシックス シージ(PC版)』のプロリーグシーズン9 APAC Finalsが、2019年4月13日(土)14日(日)にオーストラリアのシドニーで開催されています。この大会は、オーストラリア、韓国、東南アジア、日本からそれぞれ2チームが出場する大会で、勝ち上がったAPACの上位2チームは5月の世界大会へ駒を進めます。

本記事では、APAC Finalsに出場する野良連合とCYCLOPS athlete gamingに焦点を当て、1日目の日本勢の活躍を振り返ります。

野良連合らしさが出た初戦

野良連合の初戦は、韓国のAgeless。韓国での国内プロリーグは3チームのみだった上、その中でも元Mantis(大会前にプロ化し、現Cloud9)が頭ひとつ抜けていました。そのため前評判でAgelessはそれほど警戒されていませんでした。

しかし1マップ目Agelessピックの領事館、防衛スタートの野良連合は序盤から大きくリードされる展開に。Agelessの攻撃が光った試合前半を、野良連合の選手はこう振り返ります。

Ramu選手 俺たちがリテイクしようとする場所を、しっかりロックされていました。普通はもうロック外れてるだろうという時間帯でも、ずっとロックをつけていたのでやりにくかったです。なので、まだ人数差が出来ていない状態でまくりに行こうと出ていって、そこでロックしてるやつに食われてしまう場面が多かったと思います。

papilia選手 流れを掴めていない中で、デスの取られ方がよくなかったですね。オープニングキルが上手く取れなくて、1キル取られてから人数不利な状況でやらないといけない状況でした。そこで対応を考えなければいけないのに、ズルズル行ってしまった感じはあります。

▲左からpapilia選手、Ramu選手。試合中もRamu選手からの声掛けが多かった印象。
▲会場はそれほど広くはないが、選手真上にある冷房が効きすぎていたのが気になった。

1マップ目の領事館では、2−6で相手が先にマッチポイントに到達しました。そんな状況で応援している視聴者側のハラハラ感とは裏腹に、メンバー自身は「やれる気」しか感じていなかったそうです。ReyCyil選手も「2−6でも負ける気がしなかった」と言います。

ペースを取り戻したのはタクティカルタイムアウトから。今大会は、各マップでどちらか一方のチームだけが1度だけタイムアウトを取得することができ、どのタイミングで使うかが鍵になります。

タイムアウトでどんなお話をされたのかを伺ったところ、チームオーナーの貴族さんは「喝を入れただけです。選手も頭が良いしやるべきことはわかっているので、引き締めるだけでした」と、長く一緒に戦ってきている選手への信頼が感じられました。

そこからは、ラウンド10でのパピリア選手の1vs3クラッチなどもあり野良連合のペースに。2マップ目の海岸線でも攻撃力の高さを見せ、マップカウント2−0での勝利となりました。

取られては取り返したCYCLOPS athlete gamingとFNATIC戦
前のページ
1
2
次のページ

渡辺 静

プロフィールを見る

感覚派の編集・ライター。なんでもワクワクしちゃう観戦勢。特に、ロケットリーグ、CoD、R6Sが好きです。 女性プロゲーマーはつめさんが挑戦し続ける姿に感化されて、シブゲーに来ました。

あわせて読みたい

NEW

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る