超高速ボールでライバルをしばき倒すスポーツ(?)ゲーム『Lethal League Blaze』――「ゆるeスポーツ」第2回

ゆるく楽しみやすい、そしてちょっとマイナーなゲームを中心に紹介する連載企画「ゆるeスポーツ」の第2回は、『Lethal League Blaze』を取り上げます。ゲーム好きな方からすると有名ですが、マイナー寄りではあるのでセーフとしたいです!ご容赦ください!(今後もこういったタイトルは紹介すると思います)

『Lethal League Blaze』は、危険とみなされて違法化したスポーツをプレイする、という設定の対戦アクションゲームです。

前作『Lethal League』が存在しますが、前作をプレイしていない私でも問題なくプレイできました。経験者じゃないと話にならない、なんてことはまったくないのでご安心を。記事執筆時点ではSteamでのみ購入可能で、2019年春にはNintendo Switch、Playstation 4、Xbox Oneでのリリースも予定されています。

ボールを対戦相手にぶつけてノックアウトするという、発起者の常識を疑う程度には危険なスポーツ。違法化されたものの、人気は依然として高いらしい
癖のある、アウトローなキャラたちを操って試合に挑む
ノックアウト時の演出は派手で気持ちいい

ゲームのルールは、対戦相手にボールをぶつけてライフをゼロにするだけ。ボールは打つごとにスピードアップするうえ、画面端や障害物に当たると反射するので、どんどんかわしづらくなります。遅いボールであれば当たってもダメージは軽微ですが、加速しきったボールに当たったら一発アウト。ボールの姿を正確に追い切れないほど加速すると、ひりついた緊張感を伴うプレイを楽しめます。

肉眼で追い切れるの……?というレベルまで加速するボール
画面下部のインジケーターを見れば、ボールの発射タイミングが確認できる

格闘ゲーム寄りな見た目ではありますが、複雑なコマンド入力はありません。ひとまずは、移動、打撃、ジャンプさえできれば遊べます。キャラごとに用意された特殊技も、ゲージが溜まったら打撃ボタンを2度押せば発動するので、なんとなくボタンを連打しているだけでも使えちゃいます。

ほかのアクション、たとえばボールの勢いを殺すバント、キャッチなども基本的に1ボタンで行えます。格闘ゲームがまったくできない私も、この操作の覚えやすさ、とっつきやすさは助かりました。

1人用のアーケードモードやストーリーモードなども用意されており、操作方法や立ち回り方が学びやすいのはうれしいです。プレイすると、キャラやサウンドトラック、ステージなどのアンロックに使えるポイントがたまるので、モチベーションも持続しやすいはず。

いきなり対人戦に挑むのも面白いが、チュートリアルやストーリーモードで基本操作を把握しておいた方がスムーズに楽しめる
方向キーを入れながらボールを撃つと、発射方向を変えられる
空中でボールを撃つスマッシュは高威力だが、発射方向は変えられないので軌道が予測されやすい
バントやキャッチでゲームのリズムを狂わせよう。バントしたボールは隙なく撃ち込めるのも利点
試合中に時折、アイテムが出現する。どのアイテムも強力なので、ぜひゲットしておきたい

キャラごとに特殊技や性能(主に移動に関するもの)は異なります。
たとえばワニのような見た目のラッチは、特殊技を発動すると一呼吸置いてからボールを発射します。ボールの発射タイミングや方向を意図的にずらせるため、奇襲しやすいキャラといえるでしょう。また、壁に張り付く能力も備えています。正しい使い方かどうかはわかりませんが、私の場合は、ボールが飛び交う危険地帯から一時的に離脱する際に利用しています。

ワニサイボーグなるラッチは、見た目・性能ともに個人的に好きなキャラ

対人戦は、ローカル・オンラインどちらにも対応しています。バトルモードは1on1、大乱闘(バトルロイヤル)、チーム戦が選べるうえ、ボールをゴールにたたき込んでポイントをゲットする「ストライカー」、バレーボール風の「リーサルバレー」という、一風変わったルールのモードでも遊べます。ボールの最低速度、制限時間なども変更可能で、試合のテンポを調整したり、マンネリ化を防いだりするのに一役買ってくれそう。

『Lethal League Blaze』は、派手なグラフィックおよびBGMとシンプルな操作方法により、ゲーム初心者同士でも楽しく戦えるパーティーゲームっぽく見えます。しかし、意外にシステムが練られており、駆け引きや立ち回りを楽しめる、ガチな対戦ゲームとしても十分遊べます。個人的には、もっと人気が出てもおかしくない内容だと思っています。

編集部では4人での大乱闘、チーム戦、そして2人対戦をプレイ。いずれも白熱した展開を見せた
取材に協力いただいたYouTubeユニット「昼飯ゲーミング」のにゃんちゅー(左)は格闘ゲームの経験が長く、「ボールが見える」らしい。そうた(右)をボコボコに

最後に、話がそれるので黙っていましたが、本作は『ジェットセットラジオ』(以下、JSR)シリーズをリスペクトしているだろうなと感じる部分が強く表れていてですね、これが良いんですよ。

カートゥーン風の3Dグラフィック、クールさあふれるBGM、SFな世界、アウトローなキャラが活躍する、インラインスケートを履いて移動するキャラもいる……そんでもって「JSR」シリーズの長沼英樹氏が楽曲提供してる!これは実質JSR!やったぜ!!です。

各種サービスで、長沼英樹氏の手がけた『AIN’T NOTHING LIKE A FUNKY BEAT』が配信されている

未プレイの方はぜひ「JSR」をプレイしてほしいんですが、残念ながら新作は出ていません。旧作は限られた機種・環境でしかダウンロード販売されていないので、手軽にオススメできないのが悲しい……。というわけで、「JSR」成分の摂取も可能なeスポーツタイトルとしても、本作はオススメです。

【製品リンク】
Steam
公式サイト

藤縄 優佑

プロフィールを見る

波動拳コマンドすらおぼつかないレベルの腕前だが、ゲームは好きなライター・編集者。

あわせて読みたい

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る