【APAC Finals DAY2】FNATICと野良連合がミラノ行きを決めた!大会2日目の胸熱クリップ5選&フォトレポート【R6S】

引用元:ESL Rainbow Six

2019年4月13日(土)14日(日)、オーストラリアのシドニーで『レインボーシックス シージ』プロリーグシーズン9 APAC Finalsが行われ、日本からは野良連合とCYCLOPS athlete gamingの2チームが参戦しました。

2日間でアジアの各地域2チームずつ計8チームがトーナメントで戦った本大会。結果として勝ち上がった1位FNATICと2位野良連合が、5月にミラノで開催される世界大会への出場権を獲得しました。(昨年と制度に変更がなければ、2019年8月に開催されるSix Major USA 2019にも予選免除で出場できる形となります。)

この記事では大会2日目のレポートとして、準決勝と決勝戦の全3試合から5つの胸熱シーンを独断と偏見で選びました!配信を見ていた方にも、見ていなかった方にも、「シージのプロってすごい!」と思ってもらえたら嬉しいです。

▶DAY1のレポートはこちらからどうぞ。

野良連合 vs. Xavier Esports

野良連合の準決勝、相手は東南アジアのリーグで9勝1敗と実力を示したXavier Esports。試合前に野良連合の選手たちにXavier Esportsの印象を伺うと、口々に「(Xavier Esportsとの対戦は)ランクマッチをやっているみたい」とのこと。

試合展開は少々荒削りですが、どこから詰めてくるのかがセオリー通りではなく読みにくいタイプという見方だったそうです。

▲現地時間で午前10時からの試合でしたが、会場は地元の観客でいっぱいに。

戦いの場となったのは、第1マップが野良連合ピックの国境、第2マップがXavier Esportsピックのオレゴン。

まず1つ目のシーンは国境でのラウンド3。「Xavier EsportsのLycoils(リコイル)選手による1vs2クラッチが成功するか……?」と期待されるシーンです。

クリップはLycoils選手のプラントが成立するところから始まります。プラント成立後、野良連合のJJ選手が倒され、Merieux選手とLycoils選手の1on1になります。Lycoils選手はロックをして構えている状態だったのですが、Merieux選手がフェイクを入れた動きでタイミングをずらして見事に撃ち勝ちます。

観戦画面はLycoils選手の画面ですので、「見えているのに撃ち勝てない……」という視点でMerieux選手のスゴさがより伝わるかと思います。本当に、Merieux選手、なぜそこで撃ち勝てるの!?

Merieux選手は、この試合の撃ち合いを制して22キル9デスと大活躍。

国境ではXavier Esportsが盾オペレーターMONTAGNEを上手く使って攻め込む場面もありました。しかし、野良連合が持ち前の対応力の高さを存分に発揮し7-2で第1マップを勝ち取ります。実況解説陣が「危なげなく」という言葉を使うほど、1日目の初戦とは異なる試合展開となりました。

 

そして2つ目のシーンは、ReyCyil選手のすばやいヘッドショット1発での決め撃ち、続いてRamu選手が盾オペレーターCRUSHに真正面から立ち向かい1vs2クラッチを決めたオレゴンでのラウンド7です。(そもそもCRASHに向かって進んでいくというシーン自体、そこまで多く見たことがない気がします……)

この場面、Ramu選手は完全にCRASHのほうを向いていたのですが、ReyCyil選手が倒されたことで別方向の敵を認識して即座に1キル。そして、CRASHが盾を下ろしてリーンしてきたところをジャストタイミングで撃ち抜きもう1キル。タイミングもエイムも最強でした……!

▲左からReyCyil選手、Papilia選手。
▲右側がRamu選手。大事な場面での勝負強さが光っていました。
▲ラウンド勝利の瞬間のReyCyil選手。

野良連合はこの第2マップのオレゴンでも、Xavier Esportsの強みである突発的なエントリーにひるむことはありませんでした。野良連合らしいアグレッシブで思い切りの良いプレーを連発し、後半は完全に野良連合のペースで1-3から相手に1ラウンドも与えずスコアは7-3。結果、マップカウント2-0でXavier Esportsに勝ち切りました。

そして、あと1ラウンドで世界大会が決まるマッチポイントの場面では、チームオーナー兼コーチの貴族さん主導で「NORA-RENGO」コールが会場に響きわたりました。

もともと野良連合のメンバーは、「初戦と準決勝とで2勝して世界大会に行くことが目標」と話していました。昨年から世界大会の常連チームにもなりつつあり、2月のSix Invitationalでは世界ベスト4の成績も残しました。そういった好成績から、この目標に対しては「きっと勝ち上がってくれるだろう」という周囲の期待も大きかったことでしょう。

現地の観客さえも巻き込んで会場の空気が野良連合のものになる瞬間に立ち会ったことで、きっとこのチームは周囲の期待も不安もすべてまるっと自分たちの力にしてしまうんだろうなと感じました。

野良連合とFNATICの頂上決戦!
前のページ
1
2
次のページ

渡辺 静

プロフィールを見る

感覚派の編集・ライター。なんでもワクワクしちゃう観戦勢。特に、ロケットリーグ、CoD、R6Sが好きです。 女性プロゲーマーはつめさんが挑戦し続ける姿に感化されて、シブゲーに来ました。

あわせて読みたい

NEW

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る