前島亜美も驚愕!ハイエンドゲーミングPCで『Battlefield V』を遊んだら映像表現がすごすぎた【PR】

前回の記事では、ベルサール秋葉原にてインテルが開催するPCゲーミングイベント「INTEL GAMERS WORLD REIWA」に参加する前島亜美さんのため、「父ノ背中」あびつんさんによる特別講義の様子を、エントリーモデルのゲーミングPCを使ってお届けしました。

 

今回は、更に性能の高いパーツを使用したハイエンドのゲーミングPCを使って、第二次世界大戦を舞台とするFPS『Battlefield V』をあびつんさんにプレイしていただき、ハイエンドPCのパワーと『Battlefield V』の美しい表現を、前島亜美さんに楽しんでいただこうと思います。

 

前島亜美(まえしま・あみ)

1997年11月22日、埼玉県生まれ。女優、タレント、声優として幅広く活躍中。主な出演作に舞台『煉獄に笑う』『クジラの子らは砂上に歌う』『バクステ』朗読劇『青空』『タクフェス あいあい傘』『DEVIL MAY CRY ーTHE LIVE HACKER ー』、 アニメ&アプリゲーム『バンドリ!ガールズバンドパーティ!』(丸山彩役)などがある。
今年6月には舞台『囚われのパルマー失われた記憶ー』7月には『HERO~2019夏~ 』への出演が控える。

前島亜美|オフィシャルサイト
前島亜美|Twitter
前島亜美|YouTubeチャンネル

あびつん

プロゲーミングチーム「父ノ背中」所属。

『Battlefield』シリーズのプロプレイヤーとしてデビュー後、実況解説としてのイベント出演やYouTubeでの動画配信など活動範囲を広げ、高いプレイヤースキルとユーモア溢れるトークでファンを増やす。

父ノ背中|オフィシャルサイト
あびつん|Twitter
あびつん|YouTubeチャンネル

 

今回使用するハイエンドゲーミングPCの紹介

あびつん では、改めてよろしくお願いします。今回は先ほど使ったものより更に性能の高いゲーミングPCを使用します。

 

前島 わっ、これかっこいいですね!中の配線まで光ってます。

ただ、さっき使わせていただいたゲーミングPCでも十分映像が綺麗ですごかったのですが、それよりもさらにすごいんですか?

 

あびつん 今回プレイする『Battlefield V』には「リアルタイムレイトレーシング」という技術が使われています。端的に説明すると、現実と同じようにゲーム中の光が水面や鏡に反射する技術です。

 

前島 そんなことが可能なんですか!

あびつん はい。ただこの「リアルタイムレイトレーシング」による処理は、対応するGPUであることと、高いパフォーマンスが必要なので、今回は「NVIDIA® GeForce RTX™ 2080」というGPUを搭載した「ASUS ROG-STRIX-RTX2080-O8G-GAMING」というグラフィックボードを使い、CPUには「インテル® Core™ i9-9900K プロセッサー」を使った、ハイエンドのゲーミングPCを使用しています。

よく重いゲームを動かすにはGPUが重要だと言われますが、実はCPUも同じぐらい重要です。いくらGPUが良くても、CPUもよくなければ最大限のパフォーマンスを引き出せませんからね。

▲こちらの横長の黒い箱が「ASUS ROG-STRIX-RTX2080-O8G-GAMING」。リアルタイムレイトレーシングに対応するハイスペックなグラフィックボードです。
▲グラフィックボードの性能を最大限引き出せるよう、CPUもハイエンドな「インテル® Core™ i9-9900K プロセッサー」を使用しています。

前島 なるほど。ただリアルタイムレイトレーシングって今そんな多くのゲームに実装されている機能なんですか?

 

あびつん 今は『Battlefield V』など一部のゲームにのみ搭載されています。ただ、こうしたハイエンドのゲーミングPCがあれば、今後もっと描写が美しく、そして動作が重いゲームが発売されても安心して遊べますね。

 

※今回使用させていただくゲーミングPCのスペックは以下の通りとなります。

・CPU:インテル® Core™ i9-9900K プロセッサー
・ストレージ:インテル® SSD 660p 1TB
・GPU:ASUS ROG-STRIX-RTX2080-O8G-GAMING(NVIDIA® GeForce RTX™ 2080搭載)
・ディスプレイ:ASUS ROG SWIFT PG248Q
・キーボード:ASUS ROG Strix Flare
・マウス:ASUS ROG Gladius II Origin
・マウスパッド:ASUS ROG Sheath
・ヘッドセット:ASUS ROG DELTA
▲DirectX Raytracingオン+全部パフォーマンス設定が最高でも……
▲今回使用したPCでは、1秒間に平均で60コマの描写が可能です。
『Battlefield V』は、リアルタイムレイトレーシングをオンにすると60コマ前後が最大値となります。(参考:地上波デジタル放送は1秒間に29.97コマ)
『Battlefield V』の美しくも過酷な、第二次世界大戦の戦場へ
前のページ
1
2
3
次のページ

シブゲー編集部

プロフィールを見る

シブヤの片隅からゲームのことを。シブヤの片隅から、ニュースやキーマンへのインタビュー、イベントレポートを中心に、ディープでエッジの効いたeスポーツ関連情報を発信します。

あわせて読みたい

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
すべての記事を見る