【CAG所属どぐら選手インタビュー】『DBFZ』『SFV』令和に向けて変わっていく格ゲープロシーン

「強キャラ使いのみんな、ホンマ何してるんすか?」

かつて国内最大級の格闘ゲーム大会であった「闘劇」。
その2008年大会『Guilty Gear XX Accent Core』部門で優勝した際、ステージ上でどぐら選手はこう呼びかけました。

当時のどぐら選手といえば、弱キャラクターとされるロボカイを使い、防御のテクニックに磨きをかけることでトッププレイヤーとなったことで有名でした。
以降、そのゲームに対するこだわりと、歯に衣着せぬ物言いで、実力・人柄ともに認められ、今では関西を代表するプレイヤーとなりました。

ベテラン格闘ゲームプレイヤーとしてCYCLOPS athlete gamingに所属し、多様化する格闘ゲームのeスポーツシーンの中、どぐら選手はマルチゲーマーとして才能を発揮しています。
2018年は『ストリートファイターV』をプレイしながらも、新作ゲームである『ドラゴンボール ファイターズ』にもいち早く着手し、結果を残してきました。

今では大会の出場に留まらず、多くのメディア出演もこなす、文字通りマルチなプロゲーマー。

ゲームセンターが主流であった「プロ」など存在しない時代から、eスポーツとして確立されつつある今まで、格闘ゲーム業界の様々な側面を知るどぐら選手に、2018年度の格闘ゲームシーンを振り返っていただきました。

どぐら
CYCLOPS athlete gaming所属の格闘ゲームプレイヤー。
関西を代表するプレイヤーとして『ストリートファイターV』と『ドラゴンボールファイターズ』をメインに精力的にワールドツアーを回っている。2017年に結婚し、披露宴の様子をTwitchで生配信したことでも話題となった。
今では一児の父であるプロゲーマーパパ。
どぐら|Twitter
CYCLOPS athlete gaming|公式サイト

2018年度『DBFZ』総括、 “天才” のSonicFoxと “つまらん” かずのこ

――2018年度を振り返って大きかったことはなんですか?

どぐら やっぱり『ドラゴンボール ファイターズ』(以下、DBFZ)の発売ですかね。2018年はこのゲームをメインに活動してきたので。

『DBFZ』は、アークシステムワークス社が「ドラゴンボール」を題材にした格闘ゲームを開発するということで、「これは流行るだろ」と思っていました。原作も好きなので、発売前からプレイすることを決めていました。

――実際に大きな盛り上がりを見せた『DBFZ』ですが、その理由は何でしょう?

どぐら やはり新しいゲームなので、一番強いプレイヤーが常に入れ替わっていました。まずGO1選手が国内で圧倒的な強さを見せ、海外ではSonicFox選手がアメリカ最強と噂されていました。

この2人は「Final Round」と「Combo Breaker」というアメリカの大型格闘ゲーム大会で対峙し、前者はGO1選手の勝利、後者はSonicFox選手が勝利という展開になりました。格闘ゲーム最大の世界大会「EVO」の決勝戦で2人が戦ったのも熱かったですね。

自分も彼らの横で戦って、最強プレイヤーの移り変わりを間近で見ていたので、「やっぱり新しいゲームは面白いな」と思いましたね。

――新しいゲームでありながら、どぐら選手自身もゲームの初期から大会で上位入賞されていました。その理由は何でしょうか?

どぐら よく言われることなんですが、これは自分が『GUILTY GEAR』など他のアークシステムワークス系ゲームをプレイしていたからではないんです。実は『DBFZ』は他のゲームとかなり仕様が違います。

それでも上位入賞していた大きな理由としては、やはりGO1が側にいたということですかね。あいつはゲーム発売当初から強かったので、「こいつを倒せるように頑張ろう」というモチベーションが持てて、レベルの底上げにつながったかなと。

GO1は器用なので、どのゲームも最初から上手いやつなんです。特に『DBFZ』は、あいつが最強プレイヤーと言われている『MELTY BLOOD』というゲームに似ていると本人が言っていましたね。

――2018年度、最も印象に残った瞬間は何ですか?

どぐら カリフォルニア州開催の「SoCal Regionals」という大会で、アメリカ最強プレイヤーであり、個人的に大会で負け続きだったSonicFox選手に、初めて勝てたんです。

大会上位にいくと必ず当たる相手なので、練習の段階から彼を意識していたくらいです。ただ、何をしてくるか分からないプレイヤーなので、対戦前までずっと不安が付きまとっていたのを覚えています。

ずっと勝てなかった相手に勝てるのはやはり嬉しいことなので、印象に残っていますね。

――SonicFox選手の印象はいかがでしょうか?

どぐら あいつは天才やろうな、と思います。まだ21歳なのに、ずっと前から数々のゲームで成績を残し続けているプレイヤーなんです。『Mortal Kombat』シリーズにはじまり、『Injustice』『Skullgirls』と全てにおいてトッププレイヤーです。

あの若さでこれだけ色々なタイトルで強いのは、天性のものだろうと思います。

――『DBFZ』の海外プロプレイヤーたちとの交流はありますか?

どぐら めちゃくちゃあります。僕は少しだけ英語を喋れるので、みんな積極的に僕に話しかけてくれるんです。

それと、日本のプレイヤーは平均的にレベルが高いので、海外のプレイヤーからはリスペクトされているとも感じます。

僕たちも海外の事情などに興味があるので、積極的にコミュニケーションをとっています。ゲームの攻略に関しても、明け透けに話し合っています。2018年に日本とアメリカのプレイヤーのレベルが拮抗していたのも、これが理由かと思います。

――2018年シーズンの後半は、かずのこ選手が破竹の勢いを見せていました。かずのこ選手の印象はどうですか?

どぐら かずのことは10年以上の付き合いで、これまでも色々なゲームで腕を競い合ってきました。

2018年シーズンのかずのこを見ていて、ここまで安定できるのはやはり流石だなという印象です。ただ、プレイ内容に関して言えば、「マジでつまらんことしてるな」と(笑)。

言葉を選ばずに言ってしまうと、彼の戦い方はガチの “ミス待ち” なんです。それをトッププレイヤーに対してできているのは本人の技量あってこそですが、見ている側は面白くないですよね(笑)。

――ウメハラ選手が以前配信で、かずのこ選手の「広く浅くプレイする」姿勢を、プロの在り方として称賛していました。どぐら選手はどう感じていますか?

どぐら 確かにかずのこは色々なゲームで “つまらん” 戦い方を発見し、広く浅く結果を残しています。それは、結果を要求されるプロにとっては正解かもしれません……。ただ、それを称賛できるウメハラさんは懐が深いな、と思いますね。

ウメハラさんはかずのこと真逆で、ひとつのゲーム、ひとつのキャラをやり込むプレイヤーです。もし自分がウメハラさんだったら、もっと言葉を考えずに言ってますね。「ほんまにやばいなコイツ、ようできるわ」って(笑)。

トッププレイヤーが『DBFZ』を絶賛する理由
前のページ
1
2
3
次のページ

スサキリョウタ

プロフィールを見る

ウメハラ選手の動画を見て格闘ゲームを始めたウメ信者。現行のゲームではストV/鉄拳7/DBFZをプレイ中。色々やるせいでどれも上達しないが、ガチ動画勢。格闘ゲーム以外では、ハースストーンとFPSを少々。英語での対応可能。「国内外の格ゲーe-sportsシーンを伝えていきたいと思っています!」

あわせて読みたい

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る