『TOWER TAG』初代王者が決定!「TOWER TAG CHALLENGE CUP 2019」レポート

2019年4月20日(土)、大崎ガーデンタワー9Fセガサミーグループ本社にて「TOWER TAG CHALLENGE CUP 2019」が開催されました。

本大会は『TOWER TAG』初の日本公式大会であり、店舗予選を勝ち抜いてきた5チームと、各種メディアからなる3つのゲストチームが初代王者の座をかけて戦いました。

今回はその模様をお届けします!

『TOWER TAG』とは

引用元:JOYPOLIS公式サイトより

ヘッドマウントディスプレイとガンコントローラーを装着し、VR空間内のタワーを移動しながら、相手チームと戦うVRシューティングゲーム。(「TOWER TAG」公式サイトより)

「撃つ」「障害物に隠れる」「タワーの占領・移動」の3つの要素で構成されており、ルールは極めてシンプルながらも味方との連携や奥深い戦略が求められるゲームになっています。

▲前述したように、本大会の会場になったのはセガサミーグループ本社。試合が行われたフロアは「TUNNEL TOKYO」と名前の付いたコワーキングスペースで、普段はセガ以外の個人起業家やスタートアップ企業との交流に使用されている。

「TOWER TAG CHALLENGE CUP 2019」ルール説明

LEG1、LEG2というのは第1ラウンド、第2ラウンドと同じ意味です。

「RIG」「ELB TUNNEL」「CEBITUS」はステージ名で、各ステージごとに異なる特徴を持っています。

第1回戦:チームシブゲーの運命やいかに!? 予選通過チームVSメディアチーム

第1回戦のうち3試合は、各店舗での予選を勝ち抜いてきた猛者、予選通過チームとゲストであるメディアチームの対決!

第1試合でセガ秋葉原3号館での予選を1位で通過した「MIGHTY SNOW」と対決したのは、我らが「SHIBUYA GAME」!

▲左が「MIGHTY SNOW」右が「SHIBUYA GAME」。筆者は出場したシブゲー編集長から試合前に「練習ですでに足がガクガクです!」と頼もしいメッセージを貰っていた。

「キル!」「 ナイスー」「真ん中ヒット!」など大きな声で連携し合う「MIGHTY SNOW」に圧倒される「SHIBUYA GAME」でしたがなんとか1点を獲得。

実はゲストチームが予選通過チームに対して唯一ポイントを取れた瞬間だったため、会場では拍手も起こりましたが、あえなく敗北となりました。

試合を終えたシブゲー編集長は「気づいたら後ろ回られてた……」と一言。

確かに予選通過チームは、タワー間の移動・占領の速さ、陣地を広げる戦略などどれをとってもレベルが高く、無駄一つない圧巻のプレイ。

アミューズメント施設にあるVRアーケードが競技になるとはこういうことなのか!と驚かされることが多くあり、初めての日本公式大会という場で披露される戦略は非常に新鮮なものでした。

次ページからは、そんな選手の凄さを余すところなくお伝えします!

試合は一気にヒートアップ!準決勝へ
前のページ
1
2
3
次のページ

ゆき

プロフィールを見る

「Halo」が大好き。日本は「Halo」の情報が少なすぎるので、「Halo」のesportsシーンについて書いていきます。  「Halo」を通じてesportsの世界を覗いてみましょう。   その他ニュースなども書かせていただきます!

あわせて読みたい

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る