選手の強さを押し上げるコーチ・アナリストの活動に迫る。CYCLOPS athlete gaming スタッフ陣インタビュー【R6S】

『レインボーシックス シージ(PC版)』の部門を結成してからわずか10ヶ月でシーズン9 APAC Finalsに出場するなど、着実に進化を遂げているCYCLOPS athlete gaming(CAG)。

SHIBUYA GAMEでは引き続き選手の活躍を追っていきますが、表舞台で活躍する人がいれば、裏でそれを支える人もいます。

本記事の主役は、シージ部門のコーチXQQさんと、コーチ兼アナリストののりお(NK)さん、アナリストのTeSuさんの3名。彼らがシーズン9からシージ部門のスタッフ陣として活動し始めてからチームはどう変化したのか。そもそも選手を支えるスタッフ陣はどんな活動でチームに貢献しているのか。スタッフ同士の絆も垣間見えたインタビューを3ページに渡ってお届けします。

三者三様なCAGスタッフ陣

――シブゲーでは初めての取材になるかと思います。まずは自己紹介と、チーム内での役割を教えていただけますか?

XQQ CAGでヘッドコーチをやっているXQQです。今はゲーム内での観戦役や、アナリストの仕事を中心に行っています。以前はCAGの『オーバーウォッチ』部門でコーチをやっていて、2018年にシージ部門へ来ました。おそらくゲーム自体の理解度はのりおさんやTeSuさんのほうが高いので、のりおさんとTeSuさんにやってほしい仕事をお願いすることもあります。

のりお(NK) コーチ兼アナリストをしている、のりおと申します。コーチと言ってもFPSの経験は間違いなくキューさん(XQQ)のほうが豊富なので、僕はキューさんのアシスタントコーチのような役割をやりながら、TeSuくんと一緒にアナリストをやっています。

XQQ どちらかと言うとのりおはStrategic Coach(ストラテジックコーチ=訳:戦略コーチ)ですね。アナリストですが、戦略に近い部分を担ってくれていますね。

TeSu 現在リザーブ兼アナリストをやらせていただいているTeSuです。僕はもともとCAGの選手としてやっていて、のりおが来てから最初は教えてもらうような形で、アナリストの知識はほぼゼロの状態から始めました。シーズン9では、敵戦術の防衛のローテーションやBANピック、マップBANの分析などの敵チームの分析と、毎日スクリムの観戦に入って自チームの分析もやってきました。

シーズン9以前はマネージャーのみ

――シーズン9が始まる前に、シージ部門へXQQさんとのりお(NK)さんが加入されました。その前はアナリストなどの役割はどうしていたんでしょうか?

TeSu シーズン8では、コーチやアナリストがいない状態で、CAGシージ部門は僕を含めた選手陣とマネージャーのKYONさんのみでやっていました。

今はプロチームであれば基本的にアナリストがいる場合が多いですが、アマチュアチームだとPC版でもいないですし、PS4版だとなおさら選手オンリーの印象です。アナリストの役職そのものが最近増え始めているように感じます。

XQQ 今のCAGシージ部門は、国内の他のゲームと比べるとスタッフ陣の数が多いほうですね。僕がいた『オーバーウォッチ』の強いチームには、ヘッドコーチとその下にもう1人のコーチ、さらに下にアシスタントコーチ、その下にアナリスト、と野球やサッカーみたいに役職が多いところもあるんですよ。

――すごいですね。のりおさんは、CAGに来る前に所属していたチームでもアナリストの経験があったんですか?

のりお(NK) そのときはマネージャーだったので、選手の試合に関わる部分よりは、チームの上と接する部分で関係していることが割合的には多かったですね。ただ前のチームではスタッフが僕1人だけだったので、マネージャーもコーチもアナリストも全て僕がやる感じでした。

――チームによって全然違うんですね。

のりお(NK) 全然違います。だから今はものすごく良い環境でやらせてもらっているなと感じます。どのFPSをやっても強いキューさんがヘッドコーチにいて、TeSuくんもシーズン9からアナリストの仕事をやり始めたとはいえ、もともと選手をやっていた子なので見るポイントもちゃんとしています。本当に頼もしいです。

▲TeSuさん、のりお(NK)さん、XQQさん(iPadにて遠方から参加)

そもそもアナリストって何をしているの?

――『シージ』界の中でも「アナリスト」という言葉はよく聞きますが、実際にはどういったことをやられているんでしょうか?

のりお(NK) 僕たちが今やっていることは、「誰のKDが○○だった」などの数字を出すことではなくて、「このプレイヤーはこの場所に行くことが多い」「このプレイヤーはここにいることが多い」のような行動の分析がメインですね。

例えば「敵がどの地点を防衛してくるか」だけでも、それが勝ったからシステム上変わったのか、負けて変えたのか、逆に負けてもまた同じ場所でやってくるのか、とか。そういう“行動のクセ”を分析しています。

――数字ではないんですね。

のりお(NK) シージに必要な情報って、過去に敵チームがやってきた数字ではなくて、そこから文字に起こしたものだと思います。数字はそこまで重要ではないと僕は思っています。

それから、得た情報の全てを選手に伝えるのではなく、僕らスタッフ陣が予め情報の取捨選択をしておく方針を取っています。CAGでIGLを務めるてとら選手は頭も良いし、知識面でも「敵が何をして来るか」「どんな攻め方をするのか」などが彼の頭の中に入っています。だから、僕らアナリストがそれを補完してあげるような情報の取り方ができれば、といつも考えているんです。

逆に、状況によって変わる情報は、試合では邪魔になってしまいます。例えば「情報系のカメラをどこに置いていたか」とか「カメラがここにあったからこのポジションから飛び出してくる」とか。こういうものは、前やってきたとしても、今日もまた同じようにやってくるとは限らないので、仮に事前情報と違ったときに選手を戸惑わせてしまいます。

だからまずは僕らが情報の取捨選択をして、プレイに生かしづらい情報は捨てるようにします。捨てた情報は選手が必要だと言えば伝えますし、別に必要じゃないならそのままポイってしておけばいいので。

――そこまでイメージして深く関わっているとは知りませんでした。ですが、行動の分析って相当時間も取られますよね?

TeSu そうですね。僕たちはマネージャー、選手、コーチ、アナリストと全員で毎日の活動にあたっているので、チーム全体の活動時間である20時半〜24時くらいを中心に自チームのスクリムを見て、それ以外の時間に敵の分析などを行います。敵の試合を1試合2マップを見るのに、大体プラス1時間半、2時間くらいですかね。

XQQ 試合をちゃんと見ようと思ったら1回では見れないので、3回、4回と繰り返しますし、全体の動きを見ようとしたらもっと何度も見ないといけないときもあります。

のりお(NK) 巻き戻したりして何度も見ます。

XQQ 選手も活動外の時間で個人技を上げるためのテロハントやランクマッチをやったりしているので、僕らもそれと同じように活動外で時間を使っていますね。

――ですよね。勝手に数字やエクセルなどの専門的なイメージを抱いていたので、とても意外です。

TeSu 逆に他チームのアナリストは、もっと数字に強いはずですよ。

のりお(NK) 僕たちが割と特殊かもしれません。他だとエクセルが出来る人が募集の条件のところもありますからね。僕はどちらも苦手ですが(笑)。

――でも「そういう形のアナリストもあるよ」っていうのは、今シージをプレイしている人にとっても新たな道になる気がします。

のりお(NK) どんな形があってもいいと思うんです。そのチームが必要な情報だったら、それが数字でも僕らのような行動の結果でも、立派なスタッフです。単純にこれをやっているからアナリスト、これをやっているからコーチという定義はいらないと思っています。

僕たちは行動の分析に注力していますが、KDやプラント数などの数字は選手のモチベーションにも繋がっています。ありがたいことに、そういった数字は他で公開してくれる方々がいるので、それを参考にしていますね。

XQQ 結局はデータを使う側の問題で、いかに良い数字を出しても、それを使うかどうかはゲーム内で判断してもらうことですから。それにデータを出すことよりも、その情報をプレーに反映させるほうが絶対に難しいんです。

明らかに偏った情報で「あのプレイヤーは確実にこういう動きしかしてこない」みたいなデータがあれば、それに沿ってプレイするのは簡単です。でも、確率的で状況に応じて変わりうる情報は、いろいろな情報を合わせて「この状況とこれが重なったら間違いなくこうしてくる」くらいのレベルにならないと実用的ではないと思います。

チームの連動を高めるために「VCの使い方」を改善
前のページ
1
2
3
次のページ

渡辺 静

プロフィールを見る

感覚派の編集・ライター。なんでもワクワクしちゃう観戦勢。特に、ロケットリーグ、CoD、R6Sが好きです。 女性プロゲーマーはつめさんが挑戦し続ける姿に感化されて、シブゲーに来ました。

あわせて読みたい

NEW

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る