eスポーツの”あいだ”ではたらく人々 eスポーツ業界アナリスト 但木一真インタビュー編

NTT出版により、2019年6月3日(月)から発売が予定されている、eスポーツ業界の8人の「中の人」が独自の目線と立場で寄稿した書籍『1億3000万人のためのeスポーツ入門』

従来のeスポーツ書籍にはないディープな切り口で書かれている面もあれば、業界のことを何も知らない人が読んでも把握しやすい編集が施されている本著ですが、SHIBUYA GAME編集部はまだまだ面白そうな話が眠っていると判断し、寄稿者たちへ怒涛の7連続インタビューを敢行することとなりました。

聞き手として、独立ゲームメディア「ゲーマー日日新聞」を運営するJiniさん(@J1N1_R)に、紙面に書ききれなかった彼ら、eスポーツの”あいだ”ではたらく人々の真意を探っていただきます。

 

―――

 

ゲーマー日日新聞のJiniです。

以前SHIBUYA GAMEの編集長に「eスポーツ業界の吉田豪さんになりたい」と分不相応な夢を話したところ、何故かゴールデンウィークに呼び出されて7連続インタビューという前代未聞のサプライズを頂きました。僕の無為な休暇の使い道をご用意していただき、編集部には感謝しかありません。

第1弾は『1億3000万人のためのeスポーツ入門』の編著者である但木一真(@k_tadaki)さん。大手コンサル・Gzブレインを経て、現在はフリーのeスポーツ業界アナリストという非常に特異な方で、Discordコミュニティである「eスポーツの会」や、eスポーツ産業を研究する「eスポーツラボ」の管理人でもあります。

今回のインタビューでは、本著を書くことになった経緯、そして何故この8人を共同著者として集めたのかを、本著の魅力と共に但木さんにうかがいました。

 

Jini さっそくですが、今回『1億3000万人のためのeスポーツ入門』を作るきっかけを教えてください。

 

但木 この企画は共著者である弁護士の松本さんから持ちかけられたものです。松本さんから以前から「自分たちで本を書こう」という話はしていました。

というのも、eスポーツの情報や知識はいまウェブメディアに大量に蓄積されていっていますが、一方で書籍や雑誌といった紙媒体はかなり少ないんですよね。

そしてこういった紙媒体を愛読している方こそ、一般的に年配で経済力もある人、要するに企業の方であり、こういった方々にアプローチできる本を書きたかったんです。

 

Jini なるほど。それでも但木さん1人か、松本さんと2人で本を書く選択肢もありましたよね。どうして8人も集めようと思ったんですか?

 

但木 これは自分がGzブレインで仕事していた頃、国内のeスポーツ業界を俯瞰できる立場にいた事が大きいですね。

そうした立場で働いた経験から、eスポーツには色々な現場があり、そこで働く人の在り方もまた様々だという事を知りました。そうした現場だから見えてくるリアリティを、どうにか伝えたかったので共著者を8人に増やした経緯があります。

ところで、Jiniさんとしてはどの章が良かったですか?

 

Jini 「良さ」ではどれも負けず劣らず読み応えがあったんですが、正直この本で一番ガツンと来たのはliveさんの章でした。他の方はビジネス目線で一歩引いた目線で色々書かれてるんですが、liveさんの章は一番「前のめり」で、とても共感できたんです。

「(中略)私たちゲーマーにとってゲームコミュニティは救いの場にもなりえた。何故かというと、私たちはそこで『素晴らしい人間』を演じる必要が一切なかったからだ。」

とかすごくいい。

 

但木 liveさんの章はカウンターなんですよ。

eスポーツって世間的にはキラキラしたものと受け取られてて、実際私たちもそう見せてる面はあります。私が担当した章も、統括という立場もありかなり外向けに、ポジティブなイントロを作ろうという意図はあったんです。

けれど一方で、それが全てではないのがeスポーツの面白いところで。実際には泥臭い部分も多いし、eスポーツならではの課題だってたくさんあるわけです。

liveさんはそうしたリアリティを言葉にしてくれていて、例えば自分をプロゲーマーとして周囲が評価してくれていることに、どこか卑屈に考えてしまう面があったり。ゲームを遊び続けることへの焦燥感や劣等感もあったり。

そして、それこそeスポーツの魅力の一面なんです。だから、この本を手に取った人にもぜひ、liveさんのカウンターをくらっていただきたいなと。くらった上で、面白そうじゃん!と思ってほしいな、という期待があります。

 

Jini なるほど、確かにカウンターとして強烈に響きました。プロゲーマー目線で書いてもらうとして、候補は一番多かったと思うんですけど、よくここにliveさん入れましたよね。

 

但木 まず『ぷよぷよ』のシーンが面白いんですよね。誰もが知ってるゲームだし、何よりプレイヤーと運営の距離感がすごく面白い。

liveさんに限らず『ぷよぷよ』のプレイヤーって積極的に意見する方が多いんです。他のゲームだと、パブリッシャーとかチームに配慮して意見は自粛しようという空気も少し感じるんですが、それに対して『ぷよぷよ』のプレイヤーって仮にスポンサーがついても、賛否あるテーマにも言及する人が多い。

同時に、そうした声を運営側のセガも聞き取ろうとしていて、両者ともにすごいなと思うんですよ。

 

Jini 『ぷよぷよ』の有名プレイヤーの方ってゲームで強いだけではなく、そのうえでイベント運営、実況解説、liveさんのようなブログ執筆までされる方までいますよね。バイタリティが本当に高い。

残る執筆陣の正体は?
前のページ
1
2
次のページ

J1N1

プロフィールを見る

個人ゲームメディア「ゲーマー日日新聞」でゲームの批評とか書いてます。何でも遊びますが、深いコクのあるゲームが大好物です。でも古い銃がたくさん出てくるゲームにはすぐ惚れます。

あわせて読みたい

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

すべての記事を見る