【堂珍嘉邦×ちゃまくん】共通点は”サッカーゲーム好き”!ミュージシャンとサカゲープロプレイヤーの異色コラボが実現

男性ボーカルデュオ「CHEMISTRY」のメンバーで、ソロとしても幅広く活動するミュージシャンの堂珍嘉邦さん。そして、サッカーゲームのプロプレイヤーであり、YouTubeのゲーム実況動画が人気を集めるちゃまくん。

一見まったく接点を持たないようにも思える、異色の2人による対談が実現!

2人の共通点は、”サッカーゲーム好き”。なんと本企画は、大のサッカーゲーム好きだという堂珍さんからのリクエストによって実現しました。

この日、2人は初対面。サッカーゲームをきっかけに繋がった、堂珍さんとちゃまくんのインタビューをお届けします!

堂珍嘉邦(どうちん・よしくに)
1978年11月17日、広島県生まれ。2001年、ヴォーカル・デュオ「CHEMISTRY」としてデビュー。2012年からソロ・アーティストとして活動を開始。
自身の音楽を”耽美エント(耽美+アンビエント)Rock”と命名し2013年デビューアルバム「OUT THE BOX」をリリース。2014年にはセカンドアルバム「Bronze Caravan」、2015年にはコミック「義風堂々!!」とタッグを組んだシングル「Halo」「You&I」、アルバム「VOWS」をリリース、最新シングルとして「BIRDY」をリリース。
2017年からは「CHEMISTRY 」を再始動!2019年、最新シングル「もしも / 夜行バス」をリリース。秋からは再始動後3回目となる全国ツアーを開始。
一方で、映画「醒めながら見る夢」で主演、「劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング」では仮面ライダー風魔役として注目を集める。宮本亜門氏演出のミュージカル「ヴェローナの二紳士」、ロックミュージカル「RENT」に出演する等、多方面での活動を展開。
最新作はかわぐちかいじ原作による映画『空母いぶき』へ出演。
オフィシャルサイト / Twitter / Instagram / LINE BLOG
ちゃまくん
1986年6月6日、長崎県生まれ。お笑い芸人としての活動を経て、現在はプロゲーミングチーム「野良連合」ストリーマー部門に所属。
サッカーゲームにおいてプロプレイヤーとして活躍する傍ら、YouTuberとしても活動。『FIFA』や『ウイニングイレブン』の実況動画が支持され、YouTubeのチャンネル登録者数は9万人を超える。
また、国内で初となるeスポーツのサッカージャンルを専門としたメディア「VAMOLA eFootball News」編集長を務めるなど、幅広い活動を行っている。
eフットボール専門メディア「VAMOLA eFootball News」 / Twitter / YouTube

――今回、とても意外な組み合わせでの対談が実現しました。堂珍さんはどんなきっかけで、ちゃまくんのことを知ったのでしょうか?

堂珍:
サッカーゲームが好きで普段からプレイしているんですが、上手い人のプレイを見て、いろいろと技を盗みたいなと思ったんです。

それで、YouTubeで動画を検索したら、ちゃまくんの動画を見つけて。面白くてずっと見ています。動画のちゃまくんに比べて、今日はまだ全然おとなしいなって(笑)。

ちゃまくん:
そうですね、はい(笑)。

堂珍さんがサッカーゲーム好きだという話は、もともと聞いたことがあったんです。ミュージシャンや芸能人の方にも、サッカーゲームファンが結構いるということで、「もしかしたらマッチングしているんじゃないか!?」なんて話をしていたんですよ。

それで、今回こういうお話を頂いたので、「本当にサッカーゲーム好きなんだ!」って、すごく嬉しくなりました。

この日はサッカーゲーム『FIFA 19』で、堂珍さんとちゃまくんが対戦プレイ!堂珍さんがブラジル、ちゃまくんがイングランドをセレクトし、試合開始!
堂珍さん「接待プレイはナシですよ!」 ちゃまくん「もちろんです!」
堂珍さん「やったー!勝っちゃった……!(笑)」 ちゃまくん「うわ~負けちゃいましたね、僕……」
この日の対戦は「0 – 1」で、堂珍さんの勝利となりました!

――今日は『FIFA 19』を一緒にプレイされてみて、いかがでしたか?

堂珍:
いや~、嬉しいですね。お家でゲームをしているような感じで。今日は来ていただいて、本当にありがとうございます。

ちゃまくん:
いえいえ、本当にこちらこそありがとうございます! こういう機会をいただいて、すごく嬉しいです。

ずっとテレビで見ていた方なので、もうドキドキしちゃって。こんなにすごい方と横に並んで一緒にプレイできるなんて、ゲームってすごいなって思います。

――堂珍さんがゲーマーというのは、少し意外な印象もありますが、普段からゲームをよくプレイされているんですね。

堂珍:
ゲームに触らないと落ち着かないですね、毎日必ず触れています。

「J-WAVE」でラジオ番組をやっていた時には、初めてラジオ局にゲーム機を持ち込んで、サッカーゲームの実況をしたこともあるんですよ。『FIFA』スタッフの方が、協力してくださって。

ちゃまくん:
すごい!!

――お二人の主なゲーム歴を教えていただけますか?

堂珍:
僕はもうファミコン時代からです。『ファミスタ』から始まって『究極ハリキリスタジアム』や『燃えろ!!プロ野球』、『グレイテストナイン』まで、主な野球ゲームのシリーズはだいたい触ってきました。

サッカーゲームも同じくですね。『パーフェクトストライカー』なんかは、いろんな裏技があって、友達とそれで盛り上がったり。『プロサッカークラブをつくろう!(サカつく)』もすごく好きでした。

あとは、シューティングゲームの『ゴールデンアイ 007』とか。当時はお金がなくて、でも「このソフトだけは売れない!」みたいな時代もありました(笑)。

XboXユーザーでもあったので、『鉄騎』もコックピット(専用コントローラー)を買ってやったり、『ロストプラネット』も大好きですごくハマったり。ジャンルは幅広く、本当にいろんなゲームをやってきましたね。

ちゃまくん:
僕は、幼稚園の頃にゲームボーイの『マリオブラザーズ』を買ってもらって、それをずっとやっていたのが最初ですね。

スーパーファミコンが家になかったので、本体を持っている5階の村田くん家に、ソフトだけ持って遊びに行って(笑)。

堂珍:
あはは(笑)!

ちゃまくん:
お兄ちゃんが小学校の時に、ようやくスーパーファミコンを買ってもらって、そこから『スーパーフォーメーションサッカー』をやったりして。それが初めてのサッカーゲームでしたね。

でも、やり方もよくわかっていないし、その時はあまりサッカーの知識もなかったので、ジーコでスライディングして相手を削りまくる、みたいな遊び方をしていました(笑)。

その後、高校を卒業してから、お笑い芸人を目指して東京に出てきたんですけど、お金がなくて。それで、高校生の時に買ったPS2を持ってきて、ずっとゲームをしていたんです。

そしたら、24歳くらいの時に、当時付き合っていた彼女がクリスマスプレゼントとして、PS3とサッカーゲームのソフトを買ってくれたんですよ。そこから、がっつりハマってプレイし始めたことが、今に繋がっています。

――サッカーゲームを含め、昨今さまざまなゲームにおけるeスポーツシーンが盛り上がりを見せています。堂珍さんはeスポーツに対して、どのようなイメージを持たれていますか?

堂珍:
まだちょっと、いまいちよくわかっていないところもあって。ただ、そういったシーンが定着し始めている段階なんだなと認識しています。

あと20歳くらい若かったら、自分もプロを目指してみたかったな、という気持ちもありますけど……。

ちゃまくん:
おぉ~!

堂珍:
今はゲームでプロとして活動する方が増えてきているということなので、僕もすごく注目していて、見守っているような感じですね。

――サッカーゲームに関連するところで、今後やっていきたい活動について教えてください。

ちゃまくん:
今はまだサッカーゲームのプロとして、その活動だけで食えている人は少ないんです。賞金で年間500万円くらい稼ぐ人はいるんですが、定期的に月の固定給のような形で稼げている人はいないのが現状です。

なので、将来的にはゲームの上手いプレイヤーが、安定してしっかりと稼げるような土壌をつくっていけたらと思っています。

堂珍:
僕はサポーターになりたいですね。広告塔になれたら良いかなって。プレイヤーとしては、あわよくば補欠ぐらいで……。

ちゃまくん:
サッカーゲームだと、トッププレイヤーに50歳くらいの人もいるんですよ。格闘ゲームやFPSゲームでは反射神経が必要だと言われますが、サッカーゲームにはそれほど関係ないので。

堂珍:
じゃあ、頑張れるかもしれない(笑)。

ちゃまくん:
応援してます!!

――本日は、堂珍さんのファンクラブ会員限定「Dohchin TV」の収録も行われました。最後に改めて、今日の感想をお願いします。

堂珍:
実は今まで、ライブのMCで「どなんかどうなんか!」とか、ちゃまくんワードをふんだんに使っていたんですけど(笑)、まだ僕らのファンはちゃまくんのことを知る機会があまりなかったと思うので、今回の企画をきっかけに繋がることができて良かったです。

今後チャンスがあれば、僕もサッカーゲームを応援しにいきます!

ちゃまくん:
今日は大スターに会えて嬉しかったです。本当にゲームをやってて良かった……!

堂珍さんが普段から僕の動画をよく見てくださっていることもあって、トークもすごく話しやすかったです。ありがとうございました!

関連リンク

堂珍嘉邦オフィシャルサイト / CHEMISTRYオフィシャルサイト
ちゃまくんTwitter / 野良連合Twitter

綾本 ゆかり

プロフィールを見る

ソーシャルゲームをつくっていた会社員時代を経て、現在はフリーライターとして活動。PUBGで観戦の楽しさを知ったことをきっかけに、eスポーツの世界へ。ゲームやプレイヤーの魅力を伝えるべく、イベントレポートやインタビューを中心に取材記事を執筆します。

あわせて読みたい

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る