「ゲームコミュニティは救いの場にもなりえた」 『ぷよぷよ』プロゲーマーlive インタビュー

NTT出版により、2019年6月3日(月)から発売が予定されている、eスポーツ業界の8人の「中の人」が独自の目線と立場で寄稿した書籍『1億3000万人のためのeスポーツ入門』

従来のeスポーツ書籍にはないディープな切り口で書かれている面もあれば、業界のことを何も知らない人が読んでも把握しやすい編集が施されている本著ですが、SHIBUYA GAME編集部はまだまだ面白そうな話が眠っていると判断し、寄稿者たちへ怒涛の7連続インタビューを敢行することとなりました。

聞き手として、独立ゲームメディア「ゲーマー日日新聞」を運営するJiniさん(@J1N1_R)に、紙面に書ききれなかった彼ら、eスポーツの”あいだ”ではたらく人々の真意を探っていただきます。

 

―――

 

ゲーマー日日新聞のJiniです。

7連続インタビュー「eスポーツの”あいだ”ではたらく人々」第4弾となる今回は『ぷよぷよ』のプロプレイヤーlive(@livedesu)さん。

eスポーツという業界においてその最も中心といえるプレイヤーの立場にいるliveさんですが、彼は自身のブログ「清濁のるつぼ」等を通して、あくまで中心から「外側」の人々へゲーマーの実態を訴えかけます。

何故liveさんがここまで「ゲーマーのリアル」を発信し続けているのか?コミュニティ全体を見て活動するとはどういうことか?ゲームを通じて人は何を学べるのか?こうした質問に対し、liveさんの長い経験に基づくアンサーを聞くことができました。

 

Jini まずは今回『1億3000万人のためのeスポーツ入門』に執筆するようになったきっかけを教えていただけますか。

 

live 但木さんに声をかけてもらったのがきっかけです。

元々、私は「清濁のるつぼ」というブログを運営していて、そこで「AnimEVO2018で優勝したが、僕の誇りは粉々に破壊された」という記事を書いたんです。内容はAnimEVO2018という大会で「世界大会優勝」という実績を得たのに、他タイトルの規模に圧倒され無力感を感じたという内容でした。

この記事がTwitterで結構拡散されたのですが、その中でたまたま但木さんの目に留まったらしく、そこから彼とは知り合いになりました。

 

Jini その記事は私も拝読しました。とても胸を打つ内容だったと記憶しております。

しかし、AnimEVOの記事を含めて、liveさんがこれまで「清濁のるつぼ」で書かれていた文章や、実際『1億3000万人のためのeスポーツ入門』で書かれた文章は、かなりディープなゲーマーに向けた内容だったと私個人の印象として捉えています。ともれば、ハイコンテクストでさえあった。

例えば

「社会に認められず弾圧され続けてきたゲーム。そこにしか意欲を、居場所を見出せない自分という存在。彼らは、とにかく自己肯定をすることが苦手だった。」

という一文はゲーマーとして本当にグッときたけれど、この本の主な読者である、あまりゲームを知らない人に理解されるかどうかは、かなりの賭けだと思うんです。

 

live 元々、本を書いてみたかったのもありますが、何よりゲーマーという人間の実態について外に向けて発信したかったという気持ちがあったので執筆に協力しました。

私はゲーマーが実際はどういう存在なのかを伝えることを考えて、徹底して自分の体験に基づいた内容を書きました。わざとわかりにくい事を書こうと思ったのでなく、そこに嘘偽りを入れたくなかったという純粋な気持ちですね。

 

Jini そもそもどうして、そこまで実直に書こうと思われたのですか?誤魔化してしまっても良いと考える人も多いと思います。

 

live eスポーツはマスメディアのフィルターを通してみれば、「綺麗」なものに見えると思います。それが悪いわけではないんですけど、けどそれはeスポーツの一側面に過ぎないことを理解してほかったんです。

プロゲーマーにせよ、そうでない人にせよ、ゲーマーと呼ばれる人は純粋にゲームというものが好きで、そして勝ちたいとだけ考えている。彼らの生き方は清廉潔白な精神論のようなものではなく、歩んできた過程はもっとドロドロしていて、「綺麗」なものではありません。けどだからこそ、私は価値あるものだと思います。

私は、この本を読むであろう普段eスポーツにそこまで興味を持たれていない方が、そういった「綺麗」なフィルターを通したイメージを持ったまま、急にドロドロしたゲーム由来であるeスポーツの実態に触れることで、ガッカリしてほしくなかったんです。だから、できるだけ実態としてのゲーマーの姿を伝えたいと考え、このような文章になりました。

 

Jini liveさんのお考えはすごく正しいと思います。興味を持ってもらう上で「綺麗」なイメージも必要だけど、結局そこから実態との落差があると後が続かない。

誰かが書くべき内容を、この本に掲載できたのはすごく意味があると思うし、それはliveさんぐらい筆力がある人にしかできない事だと思います。

 

live 持ち上げすぎですよ(笑)。

 

Jini いえ、ブログも何度か拝読させていただいてますが、よく考えればブログのタイトルも「清濁のるつぼ」なんですよね。

 

live はい。その「清濁のるつぼ」、清らかさと濁りが混ざりあったるつぼこそ、私が見てきたeスポーツであり、そして私がずっと伝えたいと考えてたものですね。

 

Jini 今回の記事も、「清濁のるつぼ」も、かなり徹底してliveさんの一人称視点で語られているじゃないですか。読んでいる側としても、その方が迫力があって読みやすいんですけど、どうしてこのスタイルに行き着いたんでしょうか?

 

live ストレートに自分の体験を主観的に伝えた方が、より多くの人に説得力を感じてもらえるんじゃないかと考えたんです。

自分は『ぷよぷよ』を5歳頃から触り始めて、それからずっとプレイし続けているんですが、ただ必ずしも「一番強くなろう」という高い志をもって『ぷよぷよ』に取り組んでいたわけではありません。どちらかというと、『ぷよぷよ』をプレイせずにはいられないという気持ちの方が強かった。

それが、2018年にJeSUからプロライセンスをいただいた時に、自分の立場を客観的に認識し、もっと『ぷよぷよ』のシーンを盛り上げようと考えて、今のような姿勢で発信を行うようになりました。

けれど、それでいきなり綺麗な事だけ言うのは違うよなと思って、プロになる以前の感性や視線も持ち合わせた状態での執筆を心掛けています。その結果、主観的で少し卑屈とも取られるような、今の文章になっています。

 

liveがコミュニティに賭ける想いとは何か
前のページ
1
2
次のページ

J1N1

プロフィールを見る

個人ゲームメディア「ゲーマー日日新聞」でゲームの批評とか書いてます。何でも遊びますが、深いコクのあるゲームが大好物です。でも古い銃がたくさん出てくるゲームにはすぐ惚れます。

あわせて読みたい

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

すべての記事を見る