PAGE: 2 / 2

「ゲームコミュニティは救いの場にもなりえた」 『ぷよぷよ』プロゲーマーlive インタビュー

Jini 面白いなと思ったのは、liveさんの文章は主観的でありながら、常に自分の他にコミュニティを支えたいという気持ちが表れているところです。

現に、「清濁のるつぼ」でも自分が強いと思った選手を何人も紹介したり、『1億3000万人のためのeスポーツ入門』では「ゲーマー」や「コミュニティ」が主語にあるわけじゃないですか。

プロになった今だからこそ、プロではない、光の当たらないゲーマーの姿勢も尊重してほしいといったような気持ちを持たれて活動されている方は、本当にliveさんぐらいじゃないかなって。

 

live そんな大げさなものじゃないですよ(笑)。

やはりスター的な活躍をされている選手の方が、いかに自身をブランディングするかって考えるのはごく当然のことだと思います。誰だって夢見るのは、我が身の立身出世です。

ただそもそも、スター選手が相応の評価を得られるのも、それだけコミュニティに熱量があって、育っているという前提ありきですよね。『ぷよぷよ』は確かに歴史も長く、プレイヤーもコミュニティもある程度盛り上がってはいるんですが、それでもメジャーなeスポーツタイトルと比べればまだ少し足りない。

だからこそ、他の人気タイトルと同じ程に、スター選手がスターとして輝けるような環境を作るため、私は他のプレイヤーを紹介したり、総合的に見てコミュニティを盛り上げる活動を行っています。そうすれば自分もより幅広い分野から興味を持った方々に評価されるかもしれませんし、ある意味では打算的な行動ですよ(笑)。

 

Jini 確かにその理屈はわかるんですが、それでも中々コミュニティのために全体を見て行動できる方は少ないと思うんですよ。

liveさんだけでなく、『ぷよぷよ』の有名プレイヤーは大会を主催したり、その大会で実況解説したり、大会の様子を動画配信していたりする方が多くて。すごく「自分たちで盛り上げよう」という意識が強いように思えます。

 

live これもさっきの答えと少し似ているんですが、コミュニティの志が高かったというより、自分たちで作らなきゃいけなかったという状況から、必然的にそういった能力を身に着けていった感じですね。

大会を開いてもらえない?じゃ自分たちで開こう。実況解説できるキャスターさんがいない?じゃ自分たちでやろう。そんな自給自足の精神でやってます(笑)。

今では公式を含めた大会も充実しつつあるんですが、そういった経験を積んだ方が多いので、「誰かに頼むぐらいなら、自分たちでやった方が早いかな?」と考えるのだと思います。

もちろん、自分の生活がある以上、基本的に無償でどこまで『ぷよぷよ』を支えられるのかという葛藤は、私だけでなく今『ぷよぷよ』シーンを支えてる人の多くが抱いていたと思います。

けどそれ以上に、私の場合はやっぱり『ぷよぷよ』と『ぷよぷよ』のシーンがどうしようもなく好きなので、もっと『ぷよぷよ』を見られるように自分にできることはやっていきたいなと考えています。

とにかく発信するliveさん

 

Jini 当たり前なんですが、プロゲーマーの方と話すと、やっぱりみんな自分が遊んでいるゲームが一番面白いと考えてるんですよね。そりゃ、特定のタイトルを何千時間、何万時間と遊び続けているわけですから。

それでも、『ぷよぷよ』というゲームと、そのコミュニティは特殊だと感じるんです。ただ情熱があるんじゃなくて、「今後もコミュニティや競技シーンを続けよう」という意志があって、実際それで何十年と続いてきた。これは何故だと思いますか?

 

live そうですね。やっぱり『ぷよぷよ』は替えの利かないゲームだからだと思います。他のゲームであれば、ゲームタイトルそれ自体の競技人口が少なくなっても、同じジャンルの新しいゲームにプレイヤーが移動してまた盛り上がるということも可能ですよね。

『ぷよぷよ』の場合は中々そうもいきません。30年近く続いているシリーズですが、やはり『ぷよぷよ』を遊びたいと思ったら、選択肢は『ぷよぷよ』しかないんです。

もちろん、同じパズルジャンルでもタイトル毎の魅力があり、その魅力に惹かれて集まってくるプレイヤーはかげがえのないものだと思いますが、それでも『ぷよぷよ』の場合は「自分たちにはこのゲームしかないんだ」という気持ちがプレイヤーの間にあるんだと思います。

ただこれも美談だけではなく……。

 

Jini どういうことですか?

 

live 長く続いたコミュニティはやはり人の入れ替わりが少ないので、新しい人が入りづらい雰囲気になってしまうんですよね。元々『ぷよぷよ』というゲーム自体が突き詰めていくほど難しくなる部類ですし、その上で込み入った人間関係が生まれると一種の村社会になってしまう。

それが先ほども挙げたような居場所としての魅力でもあるんですが、やはり新しいプレイヤーが増えないと最終的にはコミュニティが衰退してしまいますから、自分は積極的に新しいプレイヤーを「清濁のるつぼ」で紹介したり、また『ぷよぷよ』を知らない人にもその魅力を理解していただけるような記事を書いてますね。

 

Jini WELLPLAYED JOURNALさんでも解説記事を書かれていましたよね。

 

live はい。先ほど紹介した、但木さんと知り合うきっかけになった「AnimEVO2018で優勝したが、僕の誇りは粉々に破壊された」という記事も、『ぷよぷよ』を知らない人も視野に入れて書いた記事ですし、今回本に寄稿したのもそうした意図です。

 

Jini なるほど。やはりliveさんは限りなく「内」にいながらも、「外」を見て色々行動されているんですよね。

そうしたコミュニティの継続や発展を望むliveさんですが、最終的にはどのような『ぷよぷよ』シーンを望んでいますか?

 

live もちろん、『ぷよぷよ』というシーンで活躍するだけでご飯を食べていけるような環境を作れたらと思います。

けど同時に、プレイヤーの立場としては『ぷよぷよ』以外の事にも目を向けてほしいと考えていて。

 

Jini それは何に対してですか?

 

live 「ゲームが強い」という事だけがプロゲーマーを評価する唯一の基準になってもいいのか、という疑問があるんです。SNSの発言に配慮する協調性や、動画や記事を通してファンと交流する力も評価されてほしい。

もちろん、『ぷよぷよ』で勝ち続けるだけで生活が成り立つようなレベルまでコミュニティが盛り上がる、というのは私の理想です。

ただ、私自身『ぷよぷよ』というゲームを通じてゲームの腕以外にも色々なことを学びました。ブログ「清濁のるつぼ」で色々な文章を書くこともそうですし、多くのファンの方が見ている中でどう振舞うべきかとか、大会を運営する中での工夫もそうです。更に『ぷよぷよ』を通じてたくさんの友人にも恵まれました。

私はこれからもずっと『ぷよぷよ』を続けていくと思いますが、同時に『ぷよぷよ』は自分の人生において色々なものを学んで、得ることができた経過点でもあると思っているんです。

 

Jini 『ぷよぷよ』というゲームを極める過程で、人としても成長できたと。本の中でliveさんは

「私たちゲーマーにとってゲームコミュニティは救いの場にもなりえた。何故かというと、私たちはそこで「素晴らしい人間」を演じる必要が一切なかったからだ。」

と述べられていますが、すごく共感できる一節だったと同時に、これを自力で気付ける人はいないと思うんですよ。ただダラッとコミュニティの中で過ごしていることが、実社会では中々得られない体験で。

だから、liveさんにとって『ぷよぷよ』が人生における通過点だったんだろうなってすごく納得できますね。

 

live 人間ってやっぱりコミュニティの中で生きなきゃいけないわけですよ。学校に通えば同級生がいて、後輩や先輩もできる。会社に行けば上司や取引先もいる。そんな中で、やっぱりうまく折り合いがつけられない人って絶対にいるんですよね。私もあまりたくさんの友達に囲まれてきた人間ではないので。

でもそういう人たちが集まって新たにコミュニティを作って、自分たちがやりたいことに集中できているというのは、本当にすごいことだと思うんです。だから「救いの場」という表現はオーバーでもないと思っていますし、そのコミュニティがずっと続いてほしいですよね。

 

Jini ありがとうございます。eスポーツのコミュニティって本当に儚いもので、自分も記事に書いたんですけど一種の夢なんですよね。必ずいつも集まれる場所もなくて、タイトルだっていつまで続くかわからない。

けれどそんな場所で、そんな場所の価値を紡ぎ続けるliveさんは本当に尊敬しますし、『ぷよぷよ』以外の自分たちが好きなeスポーツのシーンを続けていくためにも、見習いたいと考えています。

では最後にうかがいたいんですが、liveさんはどうしてそんなに文章がお上手なんですか?もしかしてこっそり小説とか書いてます?

 

live 僕は全然上手いとは思ってませんよ(笑)。あまり本も読んだことないですし。

ただそうですね。昔から自分のことを客観的に内省することが多くて、それを文字に起こしていたら今に至っています。そこに書くべきことがあるなら、誰でも良い文章が書けると思います。

 

―――

 

書籍の中でも「ゲームコミュニティは救いの場にもなりえた」と話すliveさん。

ゲームをどこまで愛するからこそ、そこから生じる体験や人間関係さえ愛してやまないliveさんは、まさしくプロのゲーマーと呼ぶべき姿勢で仕事に取り組み続けています。

逆に言えば、『ぷよぷよ』というゲームには、一人の人生にここまで影響を与えるほど面白すぎるゲームというわけですから、その深淵を自分もぜひ覗いてみたいと感じました。
1億3000万人のeスポーツ入門 執筆陣8人にインタビュー《特集》怒涛の7連続インタビューを敢行中!

前のページ
1
2
次のページ

J1N1

プロフィールを見る

個人ゲームメディア「ゲーマー日日新聞」でゲームの批評とか書いてます。何でも遊びますが、深いコクのあるゲームが大好物です。でも古い銃がたくさん出てくるゲームにはすぐ惚れます。

あわせて読みたい

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る