【LoL】世界王者SKTの元ジャングラー「Blank」が日本のプロシーンに降臨

5月27日(月)、福岡に拠点を持つプロゲーミングチームSengoku Gamingは、同チームの『リーグ・オブ・レジェンド』部門に元SK Telecom T1のBlank選手が加入したことを発表しました

Blank選手が所属していたSK Telecom T1は『リーグ・オブ・レジェンド』における最高峰の大会「World Championship」において3度優勝した唯一無二のチームであり、同ゲームにおいて最も有名なチームです。そしてBlank選手自身、2016年の「World Championship」にはスタメン選手として出場し、SK Telecom T1の優勝に貢献しました。

 

世界との実力差も指摘される日本の『リーグ・オブ・レジェンド』プロシーン、「LJL」に世界最高峰のプレイヤーが参戦するというのは異例中の異例。元Rascal JesterのRascal選手が現Kingzone DragonXで活躍する等の例はありますが、その逆の事例は前代未聞と言って良いでしょう。

現在の「LJL」は、春のシーズンにおいてDetonatioN Forcus Meが圧倒的な実績で世界大会への出場を決めたことからもDetonatioN Forcus Me一強との見方が強いですが、果たしてBlank選手が加入したSengoku Gamingがどこまで成長するのか。

6~7月から開催されるであろう夏のシーズンが期待されます。

シブゲー編集部

プロフィールを見る

シブヤの片隅からゲームのことを。シブヤの片隅から、ニュースやキーマンへのインタビュー、イベントレポートを中心に、ディープでエッジの効いたeスポーツ関連情報を発信します。

あわせて読みたい

NEW
NEW

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る