あのグラブルが格闘ゲームに!『グランブルーファンタジー ヴァーサス』ベータ版レビュー

『グランブルーファンタジーヴァーサス』(以下、GBVS)は、大人気ソーシャルゲーム『グランブルーファンタジー』を原作とする格闘ゲームです。

『GUILTY GEAR』シリーズや『ドラゴンボールファイターズ』などを手掛けるARC SYSTEM WORKSによって開発されているとのことで、格闘ゲームファンからも期待が寄せられています。

プレイステーション4にて2019年中の発売が予定されている『GBVS』ですが、2019年5月31日(金)から6月2日(日)にかけて、抽選当選者によるベータテストが開催されました。

以下は筆者によるベータテストのプレイレポートです。ベータ版のレビューなので、製品版ではゲーム性が異なる可能性もあります。

空中船にゲームセンターが?

ゲームを開始すると、まずプレイヤーはアバターを選択し、ロビーへ接続します。

『グランブルーファンタジー』の世界観が踏襲された空中船の上にアーケード筐体が並んでいる、何とも言えない光景です。

プレイヤーはこれらのアーケード筐体で待機することで、反対側に座ってきたプレイヤーと対戦することができます。

ベータ版で使用できるキャラクターはグラン、カタリナ、シャルロッテ、ランスロット、フェリの5キャラ。筆者は一番スタンダードなグランを選択しました。

ロビーには対戦以外の機能も充実しています。
ロビー内チャットやスタンプ、そして筆者が注目したいのはコミュニケーションノートというシステム。

ロビーに設置されたコミュニケーションノートを使うことで、プレイヤーは掲示板のようにスレッドを建てたり、それに反応することで攻略や感想を共有することができます。
インターネット普及前のゲームセンターでは、実際にノートが置かれていて、プレイヤーはコンボや隠しキャラなどの情報を手書きで共有していたとか。

コミュニケーションノートは、そんな時代を知るプレイヤーにとってノスタルジックな感覚を思い起こさせるのではないでしょうか。

緊迫した地上での斬り合い

ARC SYSTEM WORKSと聞くと、筆者が思い起こすのは空中ダッシュや2段ジャンプなどの機動性、そして爽快なコンボとバーストの駆け引きです。
そんなイメージからすると、『GBVS』はARC SYSTEM WORKSらしからぬ格闘ゲームとなっているかもしれません。

▲グランの試合前カットイン

『GBVS』では、上記の空中行動はなく、プレイヤーは地上戦をベースに戦うことになります。
ハイジャンプはありますが、基本的にジャンプ行動は対空攻撃の的になってしまいます。
空中ガードもありますが、地上からの攻撃はガードできない仕様となっており、例えばグランであればしゃがみ強攻撃が対空として安定しました。

▲カタリナ(左)グラン(右) 飛び道具の撃ち合いの様子

コンボに関しても、派手な空中コンボではなく、地上で通常技から必殺技で締めるのが基本コンボです。そのためバーストもありません。
地上での牽制や刺し返しが主なダメージソースとなります。

※記事初出時、会社名を一部誤って記載しておりました。訂正してお詫び申し上げます。(SHIBUYA GAME編集部 2019年6月7日)
勝利の鍵となるゲージ管理
前のページ
1
2
次のページ

スサキリョウタ

プロフィールを見る

ウメハラ選手の動画を見て格闘ゲームを始めたウメ信者。現行のゲームではストV/鉄拳7/DBFZをプレイ中。色々やるせいでどれも上達しないが、ガチ動画勢。格闘ゲーム以外では、ハースストーンとFPSを少々。英語での対応可能。「国内外の格ゲーe-sportsシーンを伝えていきたいと思っています!」

あわせて読みたい

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

すべての記事を見る