【PUBG】トップを独走する「DetonatioN Gaming White」を止めるのは!? PJS Season3 DAY2ドン勝チーム&MOST KILL選手インタビュー

『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』(以下、PUBG)のDMM GAMESが主催する日本公式リーグ「PUBG JAPAN SERIES」(以下、PJS)では、2019年6月8日(土)に、Grade1 DAY2の試合が都内オフライン会場にて行われました。

DAY2では、初日に2連ドンを披露した「DetonatioN Gaming White」が、変わらず安定した強さを見せ、トップを独走する展開に。果たして、この勢いを止めるチームが現れるのか。今回も、各ROUNDのドン勝チームとMOST KILL獲得選手へのインタビューをお届けします!

【ROUND5】昇格チーム「All Rejection Gaming」がドン勝!

「Miramar」で行われたROUND5でドン勝を獲得したのは「All Rejection Gaming」。前シーズンPhase2のGrade2において総合3位を獲得、Season3よりGrade1に昇格したチームです。

DAY1終了時点で総合8位となっていましたが、DAY2終了時点で総合4位に浮上。強豪チーム揃いのGrade1でも実力を発揮しています。

Kokoron選手、zFang選手、osakana選手、Suzukipoke選手

■「All Rejection Gaming」インタビュー

――ドン勝おめでとうございます!今シーズンからGrade1に昇格して、試合を戦っての手応えはいかがですか?

Kokoron Grade2での撃ち合いも強かったのですが、それでも少し甘えているなという場面が自分たちにも相手にもあったと思います。ですが、Grade1に来てからは、こちらが甘えていたら絶対に負けるという状況になったなと感じます。

zFang スクリムでも初戦の勝率が良いことが多く、DAY1でも初戦は良い順位が取れていました。今回のDAY2も1試合目で良い結果が出せるだろうと思っていたので、思い通りになったかなと思います。

osakana Grade1はやはりレベルが高いので、Grade2では通用していたことが通用しない場面もあって苦労しました。僕らのチームは1戦目が得意なので、今回も1試合目で良い結果が取れて良かったです。

Suzukipoke 僕は新しく加入してオフラインでの試合からスタートで、まわりの選手たちの強さも改めて実感しました。僕たちのチームは「Miramar」での得点率が高いので、次の試合も良い順位を狙っていきたいです。

■ROUND5の試合結果

【ROUND6】「USG Folklore」がGrade1で初のドン勝!

「Miramar」で行われたROUND6でドン勝を獲得したのは「USG Folklore」。前シーズンのPhase2よりGrade1に参戦しているチームで、Grade1に昇格して初のドン勝となりました。

今シーズンより新メンバーとしてL4svegas選手が加入。DAY2終了時点でのランキングは、総合8位となっています。

L4svegas選手、AnadesX選手、Homujp選手、Otome選手

■「USG Folklore」インタビュー

――ドン勝おめでとうございます!Grade1で初のドン勝となりました。ここまでの結果も踏まえて、現在の率直な気持ちを教えてください。

L4svegas 自分自身としてもGrade1で過去に1度もドン勝を取ったことがなかったので、今回やっと取ることができて嬉しいです。

AnadesX 今まで惜しいシーンがあったので、やっとドン勝が取れて嬉しいです。

Homujp Grade1で初めてドン勝が取れて、素直に嬉しいです。

Otome ここまで何度かメンバー変更がありましたが、ようやく結果が出てきたかなという気持ちです。

■ROUND6の試合結果

【ROUND7】「SunSister Suicider’s」が期待に応えるドン勝!

「Erangel」で行われたROUND7でドン勝を獲得したのは「SunSister Suicider’s」。Season1からメンバー変更なく、同メンバーで挑む3シーズン目に突入しています。

DAY2終了時点でのランキングは総合3位。今シーズンから始まった「リアルタイムドン勝予想」からも圧倒的な支持が伺え、その高い期待に応えるドン勝となりました。

gabha選手、Sabrac選手、CiNVe選手、CrazySam選手

■「SunSister Suicider’s」インタビュー

――ドン勝おめでとうございます!前シーズンの結果なども踏まえ、チームや個人としてSeason3をどう戦っていこうと考えていましたか?

gabha 基本的な戦術に関してはSabracに任せているので、あとは自分たちがいかにSabracのオーダーに応える動きができるか。それから、視界の確保などを重点的に広げるという意識でやっています。

Sabrac 今のPJSは本当に他のチームがすごく強くて、自分たちが弱いということを認めて、自分たちに今まであった甘えた部分を直すために、これまで言わなかったようなことも普段の練習試合からどんどん言うようにしてきました。

加えて、流行りのメタの動きに対してどう立ち回っていくか、打開策を常に考える必要があります。PJSは1週間ごとに試合が大きく変わるので、それにどう追いついていくか。ダメだった時には、流れを見てすぐに変える適応力も大事になっていると思います。

CiNVe 個人として意識しているのは、今までしていなかったキルログの管理と、自分がダウンをもらわないようにしつつ、敵に1発でも多く弾を当てること。Season3に入って、動きが大きく変わったというよりは、動きが洗練されたという感じだと思っています。

CrazySam 個人としては、とにかく死なないようにすることを第一に考えています。チームとしては、あまり余計なことを言ってオーダーを混乱させないように、ということを意識しています。

■ROUND7の試合結果

ROUND8ドン勝は「RJ」!MOST KILLは「CGX」Rio01選手
前のページ
1
2
次のページ

綾本 ゆかり

プロフィールを見る

ソーシャルゲームをつくっていた会社員時代を経て、現在はフリーライターとして活動。PUBGで観戦の楽しさを知ったことをきっかけに、eスポーツの世界へ。ゲームやプレイヤーの魅力を伝えるべく、イベントレポートやインタビューを中心に取材記事を執筆します。

あわせて読みたい

NEW

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る