【LJL】Sengoku GamingにあのBlankが!発表会レポート

2019年6月4日(水)、プロゲーミングチームSengoku Gamingは『リーグ・オブ・レジェンド』(以下、LoL)部門の新ロースター発表会を、「e-sports SQUARE AKIHABARA」にて開催しました。

発表されたロースターは以下の通り。

Top:Reiya
Jungle:Blank
Mid:Taka
ADC:OdduGi
Support:Raina

Sub:Eugeo
Sub:DonShu

Coach:PoohManDu
Coach:Maplestreet

Sub Coach:Pascal

 

先日SHIBUYA GAMEでも報道した通り、Blank選手及びPoohManDuコーチの参戦が衝撃的です。2人は『LoL』で最も著名なチームの一つ、SK Tlelecom T1(SKT)において世界大会優勝を経験しており、その実力は折り紙付き。

代表の岩本良祐さんは自ら韓国へ渡航し、直接Blank選手と交渉したとのこと。Blank選手も多数のオファーを受けている中、岩本さんの真摯な姿勢と交渉によって来日を決意し、日本で戦うための相棒としてPoohManDuコーチも引き込んだそうです。

Blank選手は登壇時に「初めまして、私は戦国ゲーミングのジャングルBlankです。どうぞよろしくお願いします」と流暢な日本語で挨拶。国内優勝は当然としたうえで、WCSでの活躍を目標としていると訴えました。

PoohManDuコーチは、いくつかのチームからオファーが届く中、共に戦ったBlank選手との誘いを優先して来日したと説明。LJLについては「実力的に未熟な部分もあるが、マインドや姿勢が良いので将来実力のレベルは上がる」とコメントしました。

更に、ロースター発表としてReiya選手、Taka選手、OdduGi選手、Raina選手、Maplestreetコーチが入場。それぞれ優勝への意気込みを語ります。それぞれがBlank選手に対する敬意や驚きを交えて話す中、特に英語と日本語を話せるTaka選手がムードメーカーらしく場を積極的に盛り上げていました。

また新たにサブメンバーとして迎え入れたEugeo選手、DonShu選手については、Riot Gamesが新たに本年度から始めた「LJL 2019 スカウティング・グラウンズ」の活躍を見て採用したとのこと。長い目で見て若い才能も育てようという戦略のようです。

世界優勝経験者に加え、若い才能、そして新スポンサーにサントリー、QTnetを迎え入れたSengoku Gaming。現在日本の『リーグ・オブ・レジェンド』プロシーンはDetonatioN Forcus Meが世界でも結果を残していますが、果たしてSengoku Gamingは彼らを突破して世界へ挑戦することができるのでしょうか。

彼らが世界大会への切符をかけて戦う「LJL 2019 Summer Split」は6月15日(土)より開催予定です。

 

シブゲー編集部

プロフィールを見る

シブヤの片隅からゲームのことを。シブヤの片隅から、ニュースやキーマンへのインタビュー、イベントレポートを中心に、ディープでエッジの効いたeスポーツ関連情報を発信します。

あわせて読みたい

NEW
NEW

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る