あるFPSの栄枯盛衰と希望「DreamHack Halo Grassroots」を終えて

日本時間の2019年6月1日(土)~6月3日(月)、DreamHack Dallas にて『Halo3』を競技タイトルとした「DreamHack Halo Grassroots」が開催された。

『Halo3』は10年以上前に発売されたゲームだ。しかし、海外では現在でも積極的に大会が開催されている。『Call of Duty』(以下、CoD)で言えば、2019年に『Call of Duty4 : Modern Warfare』の大会が開かれるようなものである。

なぜ『Halo3』は10年もの時を経ても、競技タイトルとして人気なのだろうか?

その疑問に答えるには、eスポーツにおける『Halo3』及び『Halo』シリーズの栄枯盛衰の歴史を説明する必要がある。

この記事ではその説明をするとともに、『Halo』の歴史の中で一つの節目となった「DreamHack Halo Grassroots」が、どういった立ち位置にあるかということについても触れる。また、イベントの様子や注目のチームもレポートしていきたい。

 

1.輝かしき日々としての『Halo3』

異郷から故郷を懐かしむ気持ちと、『Halo3』を思う気持ちは似ている。

これが、『Halo3』が10年もの時を経ても人気である理由だ。

もちろん『Halo3』がゲームとして完成度が高いことも理由の1つである。ストイックかつシンプルなアリーナシューターとして、間違いなく傑作である。

しかし、その後『Halo』はそこから紆余曲折の道を辿ることとなる。

▲『Halo3』発売当時、同ゲームの大会が行われた「MLG San Diego 2008」の様子(画像引用:engadget公式サイト

『Halo3』発売当時の2000年代後半は、eスポーツの流行が開花し始めた頃もあり、『Halo』の大会がそこら中で開催されていた。

しかし新作が発売されるにつれ、度重なるゲームシステムの変更が発生。例えば、スプリントやスラスターパック(※任意の方向に急加速できる機能)などの追加によりゲームのテンポは大きく変わった。

この変更は、良くも悪くも賛否両論を巻き起こし「クラシック」「モダン」という分断を生んでしまう。

▲『Halo』のゲームシステムの変化を超ざっくりまとめるとこんな感じだ

新しいシステムに適応できず、リタイアするプロプレイヤーもおり、『Halo4』の時代になると大会の賞金額・視聴率共に落ち込みが見られてしまった。

しかし、次に発売された『Halo5』では復活の兆しが見られた。FPSの流行りの操作と従来の『Halo』のシステムを上手くマッシュアップさせたと好評だったのだ。

ただ振り返ると、根を同じくしても『Halo3』と『Halo5』の違いは大きい。良い・悪いではなく単純な差異の問題だ。

この「差異」こそが、私が言及したい『Halo3』から遠く離れた旅なのだ。この旅があるからこそ、『Halo3』は、もう戻れない「輝かしき日々」としてファンの心に焼き付いている。

2.『Halo』の過去と未来を繋いだ「DreamHack Halo Grassroots」

『Halo3』から遠く離れた旅の途中、2019年1月。

現在『Halo』シリーズを開発している343Industriesは、ファンの『Halo3』に対する思いを汲んだのか、「2019年は『Halo3』の大会を積極的に開催していく」との声明を発表し、ファンを喜ばせた。

だがその声明の中で最後の『Halo3』の大会である、「DreamHack Halo Grassroots」も終わってしまうと、ファンの誰もが今度こそ『Halo3』シーンも失われてしまうのかと一抹の寂しさを感じていた。

しかし、その予想は裏切られた。なんと、「DreamHack Halo Grassroots」の直後から新しい『Halo3』のイベントが続々と告知され始めたのだ。これからも『Halo3』の勢いはまだまだ止まらないと期待していいだろう。

「Dream Hack Halo Grassroots」終了後に開催が告知された、FACE IT主催の『Halo3』ヨーロッパオープン「IGNITE」(画像引用:Halo公式サイト

そんな嬉しい裏切りをしてくれた「DreamHack Halo Grassroots」は、もう1つの役割を持っていたと筆者は考える。

それは、『Halo3』から2020年に発売予定の最新作『Halo Infinite』まで、ファンの盛り上がりと期待を繋ぐ起点となったことだ。この最新作は、『Halo3』のようにクラシックな『Halo』に立ち返るというコンセプトで現在制作中である。

2019年は懐かしい名作に浸るだけではなく、そこから生まれる新しい『Halo』に思いを馳せることができる。

今回は、そんな『Halo』の「これから」に期待させてくれた記念すべき「DreamHack Halo Grassroots」の様子をお伝えしていきたい。配信は日本時間ではなかなか見るのが難しいので、この記事で少しでも現地の盛り上がりが伝われば幸いだ。

そもそも「DreamHack」って?&「これから」の注目チーム
前のページ
1
2
3
次のページ

ゆき

プロフィールを見る

「Halo」が大好き。日本は「Halo」の情報が少なすぎるので、「Halo」のesportsシーンについて書いていきます。  「Halo」を通じてesportsの世界を覗いてみましょう。「Halo」じゃなくてもアツいなあと思ったことはなんでも書きます!

あわせて読みたい

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る