AXIZにeGG、何でも作る欲張りな論理と情熱 「日本テレビ」佐々木まりな インタビュー

NTT出版により、2019年6月3日(月)から発売された、eスポーツ業界の8人の「中の人」が独自の目線と立場で寄稿した書籍『1億3000万人のためのeスポーツ入門』

従来のeスポーツ書籍にはないディープな切り口で書かれている面もあれば、業界のことを何も知らない人が読んでも把握しやすい編集が施されている本著ですが、SHIBUYA GAME編集部はまだまだ面白そうな話が眠っていると判断し、寄稿者たちへ怒涛の7連続インタビューを敢行することとなりました。

聞き手として、独立ゲームメディア「ゲーマー日日新聞」を運営するJiniさん(@J1N1_R)に、紙面に書ききれなかった彼ら、eスポーツの”あいだ”ではたらく人々の真意を探っていただきます。

 

―――

 

ゲーマー日日新聞のJiniです。

7連続インタビュー「eスポーツの”あいだ”ではたらく人々」第5弾となる今回はチーム「AXIZ」や番組「eGG」で知られる日本テレビのプロデューサー、佐々木まりな(@marinax911)さん。

突如、「黒船来航」のようにeスポーツ業界へ現れたように思われる日本テレビですが、実際ここまで事業を拡大する上では膨大な研究と戦略が眠っていました。日本を代表する大企業で、一体どのようにeスポーツの事業を展開しているのか聞いてきました!

 

実は生粋のBlizzardファンである佐々木さん

Jini まず、今回書籍の執筆をされた理由をお聞かせください。

 

佐々木 皆さんと恐らく同じで、但木さんに誘われたことが直接のきっかけです。ただ、私自身も他企業の方からeスポーツ市場へ進出について相談を受けることが多く、そういった方に向けた本を書いてみたい気持ちはありました。

 

Jini なるほど。書籍の中にも書かれていましたが、これはやはり業界に参入される方に向けたガイドとしての向きが強かったと。

しかし、佐々木さんにお話を聞きたい方が多いのも当然だと思います。日本テレビという企業は日本のeスポーツ業界においても類を見ない大企業なのは事実ですし。

 

佐々木 そうですね。ただ今回の書籍では、日本テレビという会社の名前から、テレビ視点での意見を求められることが多い中、実際はそのメディア的な事業だけではないとご説明する意図もありました。

 

Jini 確かに、日本テレビさんは多角的にeスポーツの事業を行っていますよね。

 

佐々木 はい。もちろん、私たち日本テレビはeスポーツの報道を積極的に行うなどメディアとしてもeスポーツに取り組んでいますが、他にも「AXIZ」というチームを運営したり、「eGG」という番組を制作しています。弊社はかなり多角的にeスポーツ事業に取り組んでいるんですよ。


Jini そもそも、どうして日本テレビはeスポーツ事業に参入されたんですか?

 

佐々木 2017年に、日本テレビ内で新規事業の企画案を募集していたことがあったんです。その中で、eスポーツやゲームに関係する事業をやりたいという人が何人か集まり、中でも強い希望のあった5名が現在もeスポーツの事業に携わっています。

私は元々ゲームを含めたコンテンツ全般が好きで、かつ何かを作る仕事をしたいと考えていました。特に、徐々に視聴者を増やしつつあった各配信サイトにおけるゲーム配信に可能性を感じていて、私自身もゲーミングPCを購入して配信することもあったんです。

 

Jini 佐々木さん、アニメのプロデューサーもされているとのことでしたが、ゲームにも造詣が深いんですよね。

 

佐々木 はい、私は根っからのBlizzardファンなんです!ほら、今のTシャツもD.Vaちゃんですよ。

 

Jini あっ、ほんとだ!いいなぁ~。

Blizzardって中々コアな会社ですよね。

 

佐々木 私、中学時代に『Diablo 2』にすごくはまってしまって……

 

Jini あ、それはヤバいな。

 

佐々木 正直学校もサボりかける程でした。Blizzardゲームの丁寧な世界観作りが好きなんです。例えば『Overwatch』のようなPvPゲームで「ストーリー」という概念って必須ではないですよね。対戦できれば成り立ちます。

それなのに『Overwatch』はストーリーにフォーカスした3Dアニメのムービーが何本もあって、ムービー内には実際のマップやキャラが出てくるので、「このマップってこんな事件があったんだ!このキャラはこんな関係だったんだ!」という発見を経てさらに楽しいゲーム体験ができるんですよ。「ALIVE」とか「DRAGONS」とか、最高ですよ!

Jini わかる~~!ゲーム中は黙々と戦ってるキャラクターたちも、こんな経緯があってこんな性格になってるんだなぁって思えるの最高ですよね~~!(以下、オタク)

いやー、佐々木さん中々に剛の者ですね。ゲーマー街道を一直線だ。

 

佐々木 日本のゲームも大好きで、2016年には「ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー」という事業にも関わっていました。そんなゲーム好きだったということもあって、新規事業としてeスポーツに取り組むことになりました。

 

Jini そういったゲームへの情熱が、新規にeスポーツの事業を進める推進力になったわけですね。

大企業でesportsに挑戦する意義と苦悩
前のページ
1
2
3
次のページ

J1N1

プロフィールを見る

個人ゲームメディア「ゲーマー日日新聞」でゲームの批評とか書いてます。何でも遊びますが、深いコクのあるゲームが大好物です。でも古い銃がたくさん出てくるゲームにはすぐ惚れます。

あわせて読みたい

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

すべての記事を見る