アーセナルの本拠地で『ウイイレ2019』の世界王者が決定!日本代表も躍動した「PES League 2019 WORLD FINAL」

引用元:【ウイイレ 2019 世界大会】PES LEAGUE 2019 WORLD FINALS DAY1 CO-OP部門 | Youtube

『ウイニングイレブン2019』「PES league」とは

『ウイイレ』こと『ウイニングイレブン』はコナミデジタルエンタテインメントが開発する家庭用サッカーゲームシリーズです。

サッカーゲームの中でも選手の表情やスタジアムなどのグラフィックが非常に精密に再現されていることが特徴のシリーズで、昨年発売された最新作の『2019』では現実のサッカーでトレンドとなっている戦術やスキルも多数収録。

試合中のスタミナ増減がパフォーマンスに大きく影響するなど、グラフィック面に加えて試合展開も現実のサッカーさながらの雰囲気で楽しめる高い再現度が魅力です。

中でも選手を集めて自分だけのチームを作って戦う「myclub」モードは高い人気を集めており、同モードの内容を移植したスマートフォン向けアプリ『Winning Eleven』もリリース中。2019年6月にはシリーズ累計2億ダウンロードを達成しています。

海外では『Pro Evolution Soccor』の名称で発売されている『ウイイレ』は「PES」の愛称で世界各国でも親しまれています。

「PES League」はそんなコンシューマ版『ウイイレ』の世界王者を決定する最大規模の公式大会で、2016年のスタート以来今年で4年目。

1vs1部門とCO-OP(3vs3)部門でそれぞれ各大陸予選を勝ち上がったプレイヤーが最強の称号をかけ、イギリスで開催されるワールドファイナルで激突します。

World Final

会場となるのはイギリスのエミレーツスタジアム。

このスタジアムはイングランドプレミアリーグの名門クラブ「アーセナルFC」の本拠地であり、このサッカーファンの聖地とも言える場所で現地時間2019年6月28日から29日の2日間、『ウイイレ2019』の王者を決める戦いが繰り広げられました。

PES Leagueでは使用するチームによって極端な戦力差が出ないように全選手の能力が同じ水準に均一化される仕様となっていますが、その中で強力なスキルを保持しスピードある選手の多いアーセナルは殆どの選手が使用しているチームでもあります。

ワールドファイナルにはアジア、ヨーロッパ、アメリカ大陸それぞれに1vs1部門は4名、3vs3部門は2チームの出場枠が設けられており、地域予選を勝ち上がった選手が出場権を獲得しています。更に両部門とも敗者復活・招待枠がそれぞれ4名、2チーム設けられており、1vs1部門は16人、3vs3部門は8チームがエントリー。

引用元:PES League 2019

日本からも国内代表選考とアジア予選の激しい戦いを勝ち抜き、1vs1部門にはMayageka選手が、3vs3部門にはチーム「Beginners」が日本代表として出場しました。

CO-OP部門

初日に行われたのはCO-OP部門。4チームずつ2つのブロックで総当たり戦を行い、両ブロック上位2チームがノックアウトステージのトーナメントに進みます。

Qu選手、chip選手、Masachu選手で構成された日本代表のBeginnersは抽選の結果前年優勝チームでありトッププレイヤーEttorito97を擁するヨーロッパ代表「Broken Silence」と同じBブロックに。

厳しい戦いが予想されましたが、そのBroken Silence戦では組織的な攻撃で攻めあがってくる相手に対して粘り強い守備で対応。すると後半10分にパスカットから短いパス交換で敵陣深くに入り込むとchip選手が鮮やかにネットを揺らし先制。

その後は危ないシーンもあったものの効果的に時間を使って1-0で逃げ切り。チャンピオンチームから貴重な勝ち点3を挙げました。

これで勢いに乗ったBeginnersは予選ブロックを1勝1敗1分の2位で通過。

引用元:【ウイイレ 2019 世界大会】PES LEAGUE 2019 WORLD FINALS DAY1 CO-OP部門 | Youtube

世界王者まであと2つと迫ったセミファイナルで対戦したのは同じくアジア地域代表で、アジア予選決勝で敗れた因縁のチームでもあるインドネシアの「Wani」。

共にアーセナルFCを操りリベンジには格好の機会となったBeginnersですが、日本では珍しい極端なフォーメーションと巧みなセットプレー戦術を操るWaniの前に持ち味を発揮できず大苦戦。

序盤に先制を許してからはコーナーキックで効果的に加点され、終わってみれば0-3とWaniがアジア王者の強さを発揮し決勝進出。日本代表として世界に挑んだBeginnersは決勝進出こそならなかったものの、前年度王者を破ってのベスト4という見事な戦績で大会を終えました。

CO-OP部門の優勝は決勝でアジア王者Waniを破ったアメリカ大陸代表の「ELIGASUL STARS」。

準決勝ではリードを許して迎えた後半アディショナルタイムのラスト1プレーで同点に追いつく劇的なゴールを決めるなど、常に高い集中力を発揮したELIGASUL STARSが見事CO-OP部門世界一の栄冠に。

喜びのあまりシャーレを落としそうになるハプニングも
引用元:【ウイイレ 2019 世界大会】PES LEAGUE 2019 WORLD FINALS DAY1 CO-OP部門 | Youtube

構成メンバーであるブラジルの3選手のうち2人が1vs1部門出場する個人技にも優れたチームであり、予選ブロックから無敗でチャンピオンの証、シャーレを掲げました。

1vs1部門

2日目にはシングル王座を決する1vs1部門が開催。参加16選手が4グループに分かれて総当たりの予選を行い、グループ上位2名がベスト8に進出し1発勝負のトーナメントに挑みます。

3年連続での日本代表となり、過去2大会連続でベスト8に進出しているMayageka選手はグループA。

同組には前年チャンピオンのEttorito97選手(イタリア)、そして前日にCO-OP王座を獲得したELIGASUL STARSのGuiFera99選手、Alemao_pesbr選手(ともにブラジル)が入っており、「死の組」とも言える実力者揃いのグループとなりました。

前年度王者と前日の優勝者2人。Mayageka選手の対戦相手は全員がチャンピオン経験者に
引用元: PES League 公式Twitter

初戦を引き分けたMayageka選手は2戦目で王者Ettorito97選手と対戦。

激しい点の取り合いになるも2-3で惜敗したことで1敗1分となり、決勝トーナメント進出のためには勝利しかない状況で迎えた3戦目、GuiFera99選手とのマッチアップは開始直後から得点が動く展開に。

得点を決めガッツポーズするMayageka選手。大会を通して気持ちの入ったプレーを披露
引用元:【ウイイレ 2019 世界大会】PES LEAGUE 2019 WORLD FINALS DAY2 1v1部門 | Youtube

それでもMayageka選手は一度もリードされることなく試合をマネジメントし、追撃を振り切って3-2の勝利。決勝トーナメント進出を決めるとともに日本勢として前日のリベンジを果たす形にもなりました。

グループAを2位通過したMayageka選手はグループDを3戦12得点という圧巻の攻撃力で無敗の1位通過を果たしたUsmakabyle選手(フランス)とトーナメント1回戦で対戦。

試合はUsmakabyle選手がキックオフ直後のファーストプレーをゴールに繋げ早々にリードする展開に。

その後加点を許し早々に2点を追うこととなったMayageka選手ですが、ゴール前で細かく繋いでいくスタイルを徹底して前半のうちに同点に追いつきます。後半に入りここから逆転という流れにも思われましたが、僅かな隙を狙って決定機を演出するUsmakabyle選手が一本の華麗なスルーパスを起点に勝ち越しゴール。

追いかけるMayageka選手は時間とも戦いながら攻撃に人数をかけますが相手GKの好セーブもあり得点できず、決定的な追加点を奪われ最終スコア2-5で敗戦。Mayageka選手のPES Leagueは3年連続世界ベスト8という結果になりました。

優勝したのはMayageka選手を破ったUsmakabyle選手。準決勝でも4得点を挙げ勝利すると、Ettorito97選手との決勝では一時リードされたものの延長戦に持ち込むと決定的な2ゴールを決め4-3で勝利。決勝トーナメント全試合で爆発的な攻撃力を見せつけ、一気に世界の頂点へと駆け上がりました。

今後の予定

本大会を持って『ウイニングイレブン2019』の世界大会は終了となりますが、国内の競技シーンでは10月に茨城で実施される国体のeスポーツ種目で本タイトルのCO-OP部門が実施されます。

既に各都道府県の代表チームも出揃いつつあり、中には今回のWorld Finalにて日本代表として世界に挑戦した選手やプロゲーミングチーム所属のプレイヤー、日本eスポーツ連合(JeSU)認定ライセンス保持者の名前も。3vs3部門としては過去最大規模かつハイレベルな戦いとなるでしょう。

引用元:<茨城国体>「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019 IBARAKI」ウイニングイレブン(ウイイレ) 都道府県代表決定戦

2019年9月20日には最新作となる『eFootball ウイニングイレブン2020』の発売も決定しています。タイトルにこれまでeスポーツシーンで使用されてい来た「eFootball」の名称が追加されていることからも、今まで以上に競技シーンへ注力していくことが予想されます。

 

ハル飯田

プロフィールを見る

大阪生まれ大阪育ち大阪在住のフリーライター。コンシューマタイトルや関西のeスポーツシーンに注目しています。スポーツとゲームが好きすぎてスポーツゲーム『パワプロ』のプロリーグではプレイヤーズゲストとして解説も担当。

あわせて読みたい

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る