【特別フォト&インタビュー】PUBG選手のeケメン1位に輝いたキマリ=ロンゾが、選手とストリーマー2つの顔を持ち続ける理由

プロゲーミングチーム「CYCLOPS athlete gaming」(以下、CAG)に所属し、ストリーマー兼『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』(以下、PUBG)部門の選手として活躍する、キマリ=ロンゾ。

先日開催された「eケメングランプリ2019」において、読者による投票の結果、『PUBG』の選手として活動するプレイヤーの中で1位に輝いたことから、本企画が実現。

ゲームの楽しさを伝えるストリーマーとして、そして勝つために試合に挑む選手として。多くのファンを魅了する彼の2つの顔に迫る最新インタビューと、渋谷の街で撮影した撮り下ろしフォトを合わせてお届けします。

Text:綾本 ゆかり Photo:守谷 拓真

ファンからの応援メッセージが、いつも元気の源に

――まずは「eケメングランプリ2019」で『PUBG』選手の1位獲得、おめでとうございます!

イケメンかどうかはわからないですけど(笑)、投票してくださったファンの皆さんに感謝の気持ちを伝えたいです。普段の配信でもコメントしてくださったり、大会の時にTwitterで「#CAGWIN」をつけて応援メッセージを書いてくださったり、いつも本当にありがとうございます。

僕はTwitterを使うのがちょっと苦手で。あまりリプライやいいねを返したりしないんですが、ファンの皆さんからのリプライや応援ツイートはもちろんしっかり見ていて、いつも元気の源になっています。

――キマリさんに前回、単独インタビューをしたのが2017年12月でした。かなり環境も変わって、イベントやメディアへの出演も増えたと思います。

当時はそういった機会も全然なかったですし、初めてイベントに出演した時なんかは本当に緊張して、自分でも何をしゃべっているかわからないくらい緊張していましたね(笑)。

特別フォト&インタビュー キマリ=ロンゾ 03
出演を重ねるごとに慣れてきて、今はイベントに呼んでいただいていることに対してありがたい気持ちで、楽しみながら出られるようになったかなと思います。

――今回の企画は、渋谷のスクランブル交差点での撮影にもチャレンジしました。体験してみていかがでしたか?

僕、この撮影で初めてスクランブル交差点に行ったんですよ。テレビとかで見ると、ものすごい数の人が通っているイメージですけど、この日は豪雨の後だったから人が少なかったみたいで。スクランブル交差点ってこんな感じなんだなって(笑)。

綾本 ゆかり

プロフィールを見る

ソーシャルゲームをつくっていた会社員時代を経て、現在はフリーライターとして活動。PUBGで観戦の楽しさを知ったことをきっかけに、eスポーツの世界へ。ゲームやプレイヤーの魅力を伝えるべく、イベントレポートやインタビューを中心に取材記事を執筆します。

あわせて読みたい

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
すべての記事を見る