『SFV』ラスベガスへの切符は誰の手に?「Good Game GRAPHT」レポート&優勝者インタビュー

毎年8月にラスベガスで開催される格闘ゲームの祭典「EVO」。

特にTOP8の試合は、ボクシングのタイトルマッチなども催されるマンダレイ・ベイで開催され、ESPNでも放映されるなど、他の格闘ゲーム大会とは一線を画す規模と盛り上がりを見せる大会です。そんな「EVO」の舞台で戦い、TOP8の壇上に登ること、そして優勝すること、それは全ての格闘ゲーマーの憧れです。

2019年6月22日の「Good Game GRAPHT」決勝トーナメントでは、『STREET FIGHTER V』(以下ストV)にて、8つの予選をそれぞれ通過したプレイヤーが、優勝の座、そして「EVO」への切符をかけた戦いが、秋葉原ソフマップAKIBA②号店にて開催されました。この日の優勝者には、Team GRAPHTがスポットスポンサーとしてつき、「EVO」への渡航費・宿泊費の支援を行います。

実況にはなない氏(@nanai1025)、そして解説には「EVO」TOP8経験者でありTeam GRAPHT所属のMOV選手(@movmovmov)が。

▲なない氏(左)MOV選手(右)

フォーマットは3本先取のダブルエリミネーション、実力が十分に発揮される形式です。夢の舞台で戦えるチャンスがかかった大会に、8人の選手たちも真剣です。

▲真剣な眼差しで試合開始を待つ選手陣

緊張高まるグランドファイナル

3時間にも及ぶTOP8の末決勝戦に勝ち残った選手は、広島出身の豪鬼使いりゅうきち選手(@Ryukichikun_sf)と、福岡出身のいぶき使いぷげら選手(@pgr_pgr_)となりました。

1回戦でも同カードでの試合が行われ、その際はぷげら選手が難なく勝利しましたが、りゅうきち選手はその後もルーザーズをしぶとく勝ち上がってきました。

▲りゅうきち選手(左)ぷげら選手(右)
▲会場には立ち見ができるほどのギャラリーが

ルーザーズのりゅうきち選手は2セット勝たなければ優勝できない中、第1セットはゲームカウント2-2までもつれた後りゅうきち選手が勝利し、グランドファイナルはリセットとなりました。

▲リセット後のインターバルで精神を統一させるりゅうきち選手

最終セットは、最初りゅうきち選手優勢かと思えましたが、ぷげら選手が持ち直し、ゲームカウント3-1でぷげら選手の勝利。
「Good Game GRAPHT」決勝トーナメントはぷげら選手の優勝で幕を下ろしました。

▲熱戦の末敗れたりゅうきち選手、そっとヘッドセットを外します
▲優勝の瞬間、笑みがこぼれるぷげら選手

優勝したぷげら選手には、MSY株式会社代表の秋山氏からトロフィー、および「EVO」でのTeam GRAPHTスポットスポンサーが贈呈されました。

▲秋山氏(左)ぷげら選手(右)
優勝・準優勝選手インタビュー
前のページ
1
2
次のページ

スサキリョウタ

プロフィールを見る

ウメハラ選手の動画を見て格闘ゲームを始めたウメ信者。現行のゲームではストV/鉄拳7/DBFZをプレイ中。色々やるせいでどれも上達しないが、ガチ動画勢。格闘ゲーム以外では、ハースストーンとFPSを少々。英語での対応可能。「国内外の格ゲーe-sportsシーンを伝えていきたいと思っています!」

あわせて読みたい

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る