【PUBG】PJS Season3後半戦、Phase2初日は「Rascal Jester」が好調なスタート!DAY4ドン勝チーム&MOST KILL選手インタビュー

『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』(以下、PUBG)のDMM GAMESが主催する日本公式リーグ「PUBG JAPAN SERIES」(以下、PJS)では、2019年6月29日(土)に、Grade1 DAY4の試合が都内オフライン会場にて行われました。

この日はSeason3のPhase2スタートとなり、2019年7月26日(金)からタイ・バンコクで開催される国際大会「MET Asia Series: PUBG Classic」への出場権2枠を争う戦いも、いよいよ後半戦へ。

Grade2からは、「Crazy Cats Cosmo」「USG Blanc」「Sengoku Gaming」「Zoo Gaming / Penguin」の4チームが昇格し、これまでにGrade1を経験した選手が多数オフラインの舞台に戻ってきました。

今回も、各ROUNDのドン勝チームとMOST KILL獲得選手へのインタビューをお届けします!

【ROUND1】Phase2初戦は「JUPITER NOVA」がドン勝!

「Miramar」で行われたROUND1でドン勝を獲得したのは「JUPITER NOVA」。Season3より新たに、Sylphia選手とokap選手の2名が加入しています。

今シーズンのPhase1では総合12位という成績でしたが、DAY4終了時点のSeason3トータルでは総合8位と順位を上げています。

Yakou選手、Sylphia選手、Hydrich選手、okap選手

■「JUPITER NOVA」インタビュー

――ドン勝おめでとうございます!今シーズンのPhase1は厳しい順位となりましたが、後半戦のPhase2に挑むにあたって変えてきたことがあれば教えてください。

Yakou Phase2に入るにあたって、Sylphiaにオーダーを任せたのが大きく変わったところです。僕がサブオーダーとして支えるような形になりました。

Sylphia 新しく入ってきたばかりでオーダーをするというのは、すごく難しいことですが、メンバーは不満を言うこともなく、それぞれができることをしっかりやってくれていて、Phase1に比べて選手1人ひとりが成長しているなと感じます。

Hydrich Sylphiaがオーダーになって「ここに行こう」と力強く迷わず言ってくれるので、僕たちも合わせやすく、それが勝利に繋がったと思います。

okap Phase1は噛み合わず順位も振るわなかったのですが、Phase2からオーダーが変わってガンガン攻めて行くので、自分のスタイルと合っていてやりやすく、チームの動きも合わせて良くなってきているので、このまま頑張りたいです。

■ROUND1の試合結果

【ROUND2】「V3 FOX」が今シーズンに入って初のドン勝!

「Miramar」で行われたROUND2でドン勝を獲得したのは「V3 FOX」。今シーズン初めてのドン勝獲得となりました。

「V3 FOX」は、Season1からSeason2にかけて2度のPhase優勝を経験したチーム。Season3トータルでは、DAY4終了時点で総合6位となっています。

poly選手、Manju選手、SHEVA選手、whitejack選手

■「V3 FOX」インタビュー

――ドン勝おめでとうございます!今シーズン初のドン勝となりました。前のシーズンと比べて、試合において難しくなったと感じる部分はありますか?

poly 前のシーズンと比べて、すべてのチームの動きが早くなって、ポジション取りが難しくなりました。そのせいで四苦八苦していたんですが、今回は上手くいって嬉しいです。

Manju アナリストをつけているチームが増えて、戦術面のレベルが上がってきています。もちろん自分たちも戦術を考えていたんですが、なかなか噛み合わない部分もあって苦しんでいました。ただ、スクリム通りに丁寧にやれば勝てるんだなとは感じました。

SHEVA 全体的に生存意識が上がってきていて、終盤まで人数が減らずチーム数がかなり多く残っています。僕らはエリア際で戦うことが多いので、前が詰まっていて厳しいなと思う場面は前のシーズンに比べたら増えたと思います。

whitejack 前シーズンくらいから、全体のレベルがさらに上がってきているなと感じます。1つのミスで崩れてしまうケースが多くなったので、ミスがより許されなくなってきた部分は大きいと思います。

■ROUND2の試合結果

【ROUND3】「Rascal Jester」がDAY2から3日連続でドン勝!

「Erangel」で行われたROUND3でドン勝を獲得したのは「Rascal Jester」。今シーズン3度目のドン勝で、DAY2から”1日1ドン”をキープしています。

DAY4終了時点のSeason3トータルは総合2位に。トップを独走する「DetonatioN Gaming White」との差を20ポイントに縮め、残る2日でのさらなる追い上げが期待されています。

SeaKingJAWS選手、Wesker選手 kendesu選手、Maron選手

■「Rascal Jester」インタビュー

――ドン勝おめでとうございます!1日1ドンを継続している好調ぶりですが、シーズン総合順位では上に「DGW」がいます。さらに上を目指すためには、どんなことが必要だと考えていますか?

SeaKingJAWS 安定力。

Wesker 安地運。

kendesu Phase1の初日がコケてしまったのですが、今は安定してきているので、この調子を続ければ追い抜けるのかなと思っています。

Maron 0ポイントを取る試合を無くしていきたいと思っています。

■ROUND3の試合結果

ROUND4は「LAG」がドン勝!MOST KILLは「SSS」gabha選手
前のページ
1
2
次のページ

綾本 ゆかり

プロフィールを見る

ソーシャルゲームをつくっていた会社員時代を経て、現在はフリーライターとして活動。PUBGで観戦の楽しさを知ったことをきっかけに、eスポーツの世界へ。ゲームやプレイヤーの魅力を伝えるべく、イベントレポートやインタビューを中心に取材記事を執筆します。

あわせて読みたい

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

すべての記事を見る