これさえ読めば大丈夫!初心者のためのチームファイト タクティクス(TFT)基礎攻略

2019年6月26日(水)、パッチ9.13の実装に伴い「チームファイト タクティクス」(以下、TFT)が遂にライブサーバーに実装されました。

今回は、パッチ9.14で実装されるTFTのランク戦に向けて基本的な情報をおさらいしていきましょう!

「チームファイト タクティクス」とは?

ラウンド制のストラテジーゲームであるチームファイト タクティクス(TFT)は、7人の敵を相手に勝利を目指して戦う、フリー フォー オール(自分以外のプレイヤー全員が敵の対戦形式)のゲームモードです。ゲームの目標はただ一つ。自分だけの強力なチームを作り上げ、最後の一人になるまで勝ち抜くことです!

プレイヤーは毎ターン貰えるゴールドを使ってチャンピオンを購入し、ボードに配置して相手のチームと戦わせます。各チャンピオンには所属の地域やクラスが設定されており、同じ地域やクラスのチャンピオンを揃える事で得られる特性ボーナスを活かしてチームを強くしていきます。

また、同じチャンピオンを3体購入する事でチャンピオンのバージョンを”スーパー”にアップグレード、”スーパー”バージョンのチャンピオンを3体揃えると”アルティメット”バージョンにアップグレードする事ができます。

これら2つの強化要素とアイテム選択、そして配置を考えて競い合うゲームモードが「チームファイトタクティクス」なのです。

現在、TFTはTwitchにて最も平均視聴者数の多いカテゴリーの一つとなっています(最高視聴者数10万人越え)。

レベルとチャンピオン排出率の関係性

リトルレジェンドは、獲得した経験値に応じてレベルが1から9まで上昇します。経験値はラウンド毎に2XPずつ獲得できるほか、4XPを4ゴールドでいつでも購入する事ができます。レベルに応じて各ティアの排出率が異なるので自分が目指す構成のカギとなるチャンピオンの排出率が高いレベルを把握しておくことが大切です。

https://tftactics.gg/patch-notesより

7月2日(火)に行われたアップデートにて、低ティアチャンピオンの排出率に変更が入りました。これにより、全体的にティア1チャンピオンの排出率が低くなったため、次章で説明するオールイン戦略に大きく影響を与えていると考えられます。

2つの基本戦略

Reddit:「Strategy Cheat Sheet by Scarra!」より

どの構成を目指すとしても最初に意識しなければならないのは、自分の構成のメイン火力となるチャンピオンのティアです。ティア1のユニットをキャリーとする構成なのであれば、★3を作りアイテムを持たせることで火力を維持したまま構成の完成を狙っていけます。ティア4のユニットをキャリーとする構成の場合は、まずそのユニットを回収できるか、その後現実的にアップグレードできるかが大切なのでレベルを上げる優先度が高くなります。

貯金戦略

ゴールドを出来るだけ温存しながらレベルを上げ、ティア4ユニットの早期獲得を目指すのが貯金戦略です。インペリアル構成の要であるドレイブンやワイルドソーサラー構成の要であるナーやオレリオン・ソルを狙うためによく採用される戦略になります。

基本的な立ち回りとしては、クルーグラウンド時に経験値を1度だけ購入しレベル5に到達。その後はなるべくお金を使わないようにしながら50ゴールドを目指します。50ゴールドを維持しながら適宜経験値を購入してレベル6を狙い、そこからゴールドをある程度使い目当てのティア4ユニットを引きにいきます。引けたらゴールドを貯め直しましょう。レベル7に到達したら再度ゴールドを使ってティア4ユニットのアップグレードを狙っていきます。

オールイン戦略

オールイン戦略は序盤ほとんどゴールドを使わず、クルーグラウンド終了後に全てのゴールドを使ってティア1チャンピオンの★3を作り、他のチームが育ちきる前に潰すという戦略です。

この戦略は、ティア1チャンピオンの★3を火力源とする場合(ヴェインやカジックスなど)や低ティアのチャンピオン達である程度シナジーを確保できる場合に用いられます。クルーグラウンド終了時点で目当てのチャンピオンを★3に出来た場合、序中盤に負ける事はほとんどありません。連勝ボーナスで貰えるゴールドによって、それまでに消費したゴールドを補完することもできるでしょう。

しかし、終盤になるにつれて失速していく恐れもあるため、一度獲得した有利を返されないうちにゴールドを使い畳み掛ける事が重要です。

代表構成

ここからは、執筆時点(2019年7月8日現在)での代表構成について触れていきます。

ニンジャアサシン

アサシンは現環境において非常に強力です。序盤にカジックスを重ねられた場合は、積極的に★3を狙いヴォイドアサシンを組んで最終的にはニンジャアサシンに移行していきましょう。チャンピオン排出率の変更の恩恵によりティア2であるパイク、ゼド、シェンを揃えることも以前に比べ簡単になりました。

6アサシンを維持しながら4ニンジャにする為には最低でもチームサイズを8にする必要があるため6アサシンの中盤の強みを活かしながらお金を貯めます。その道中でゼド以外のニンジャ達を回収しできれば★2にアップグレード、8になったタイミングで両方が維持できるように入れ替える運用を心がけましょう。

グレイシャルレンジャー

ヴェインを序盤に重ねられた場合に検討するべき構成はノーブルではなくレンジャーです。最序盤のシナジーとしてノーブル3を発動させる場合はありますが、最終的には4レンジャー、4グレイシャル、2ナイト、ファントムが理想的でしょう。グレイシャルレンジャー構成のキャリーはアッシュです。『グインソー・レイジブレード』と『ショウジンの矛』を持たせてスキル回転率とグレイシャルの発動頻度の底上げを狙いましょう。

ワイルドソーサラー

ワイルドは序盤を支えるシナジーとして非常に強力です。また、ソーサラーやシェイプシフターと重ねやすく優秀なユニットを多数含んだ構成に繋げやすい点もよいでしょう。ワイルドソーサラーは構成の完成がレベル7ですがオレリオン・ソルを★2にできるかどうかがカギとなるので、完成後もロールはせずにレベルを上げティア4ユニットの排出率を底上げしましょう。

ガンスリンガーヨードル→ヨードルソーサラー

少し変わった構成かもしれませんが個人的にかなり注目しているのはガンスリンガーヨードルです。ヨードルは現環境であまり人気が無いため他の構成よりも完成させやすい点、ベイガー、ポッピー、ケネンが強化された点など、1位を狙えるほどのパワーはないかもしれませんが安定して上位を狙うことが出来ます。ツイステッド・フェイトの実装によってパイレーツシナジーの発動が容易になれば、現実的な戦略となってくるかもしれません。

序盤はガンスリンガーの恩恵を受けたグレイブスのパワーとパイレーツによる追加ゴールドで最短レベル7、6ヨードル+3ソーサラーの発動を目指します。レベル8以降は、火力を追加するなら使っていたグレイブスやミス・フォーチュンにカーサス、タンクラインを補うならセジュアニ、相手のスキルが辛いならシヴァーナなど相手の構成や補充したい戦力に合わせて柔軟に対応しましょう。

優先するべきアイテムは?

TFTにおいてアイテムは最も大切な要素と言っても過言ではありません。優れたチャンピオン達に適切なアイテムを装備させる事で、性能を最大限に活かすことが出来るのです。ここでは、数あるアイテムの中から優先して作成を目指すべきものを紹介します。

自然の力

 

レシピ:『金のへら』+『金のへら』
ステータス:なし
効果:チームサイズが1上昇する

配置できるチャンピオン数が1増えるという絶対的な恩恵を受ける事ができます。ドラフトで見かけた場合は積極的に採用しましょう。

ショウジンの矛

レシピ:『B.F.ソード』+『女神の涙』
ステータス:攻撃力+20、マナ+20
効果:一度目のスキル使用後以降の通常攻撃で最大マナの15%を回復するようになる。

よく勘違いされているのは、矛を積んでおけばとりあえず強いという考え方。太字で強調したように『ショウジンの矛』が効果を発揮しだすのはスキルを一度使用した後から。スキルを連発させたいチャンピオンに攻撃速度増加アイテムと合わせて持たせるのが強力です。

グインソー・レイジブレード

レシピ:『リカーブボウ』+『ムダニデカイロッド』
ステータス:攻撃速度+15%、スキルダメージ+20%
効果:通常攻撃する度に攻撃速度が+3%される(上限無限)

『ショウジンの矛』と合わせてスキル回転率を底上げするのも強い。ADCのチャンピオンに持たせて攻撃速度上昇の恩恵だけでも強い。

フローズンハート

レシピ:『女神の涙』+『チェインベスト』
ステータス:マナ+20、物理防御+20
効果:隣接した敵ユニットの攻撃を20%遅くする

スキルが強いタンクチャンピオンに持たせたいアイテムその1です。素材の『女神の涙』は『ショウジンの矛』用に取っておくのがベストですが、ある程度アイテムが揃ってきた場合や敵のタンクにスキルを打たれたくない場合に積むと良いでしょう。

ファントムダンサー

レシピ:『リカーブボウ』+『チェインベスト』
ステータス:攻撃速度+15%、物理防御+20
効果:通常攻撃による全てのクリティカルを避ける

スキルが強いタンクチャンピオンに持たせたいアイテムその2です。TFTではかなりの頻度でクリティカルが発生する為、物理防御の増加量以上に生存力が変わります。攻撃速度も上昇するのでスキルも打ちやすくなります。

チャンピオンとおすすめ装備の組み合わせ

TFTでは、複数のチャンピオンにアイテムを分散させるよりも構成の要となるチャンピオンにアイテムを集中して持たせる方が強いとされています。また、組み合わせることで相乗効果を生むアイテムも多数存在します。ここでは、その中の一例を紹介していきます。

強力なスキル持ちチャンピオン:ショウジンの矛+グインソー・レイジブレード

前述したように、『ショウジンの矛』はスキルを一度使用した後、通常攻撃にマナ回復が乗るという効果です。通常攻撃をする度に攻撃速度が上昇する『グインソー・レイジブレード』とは非常に相性が良く、鉄板の組み合わせになっています。ルルやブランド、オレリオン・ソル、ケイルなどに装備させることが多いです。

タンクチャンピオン:フローズンハート+ファントムダンサー

この組み合わせも非常に強力です。優先度は『ショウジンの矛』に劣りますが、チームの前線をより強固なものにしてくれます。チョ=ガスやガレンなどに装備させましょう。

ドレイブン:グインソー・レイジブレード+ラピッドファイアキャノン

ドレイブンは素の状態でも非常に強力ですが、『ラピッドファイアキャノン』を装備した場合の火力は桁違いです。斧を落とす回数が激減するためですね。『ファントムダンサー』に対するカウンターアイテムでもあります。

カーサス、ミス・フォーチュン:セラフエンブレイス+セラフエンブレイス

カーサスやミス・フォーチュンのスキルはTFT最強クラスの火力を持ちます。しかし、その分マナコストが重いためスキルを詠唱する前に倒されてしまう、といった事がよくあります。それを解消するアイテムセットがこちらです。

セラフエンブレイスは1つあたりマナ+40のステータスを持ちます。2つ持たせることによってマナコストが75であるミス・フォーチュンはラウンド開始時にスキルを詠唱します。カーサスのマナコストも85のため、ほとんど即時詠唱に近いです。3つ目のアイテムにはスキルダメージを強化するラバドン・デスキャップやスキルに燃焼ダメージと回復阻害を付与するモレロノミコンを装備させましょう。

まとめ

今回は、TFTの基本となる戦略や構成、アイテムについて解説しました。具体的な各構成における考え方や注意する事などについても順次解説していく予定です。パッチ9.14で実装されるランク戦に向けて自分の得意な戦略や構成を模索していきましょう。

ばるたん

プロフィールを見る

プレイより大会観戦とB/P予想が好き。ストラテジーとTRPGが趣味。

あわせて読みたい

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

すべての記事を見る