どれを着てみたい?オシャレで多様なeスポーツチームのユニフォームをまとめてみた!

近年、eスポーツの発達と共に、選手たちの着るユニフォームも進化を続けています。eスポーツのカルチャーは未だ発展途上であるがゆえに、多種多様なスタイルが見られます。

eスポーツは、服装にこれといった制限がないため、ユニフォームのデザインの自由度も極めて高い稀有なスポーツなのです。意外にもバリエーション豊かなユニフォームの数々を、『リーグ・オブ・レジェンド』のプロシーンから見ていきましょう。

 

Tシャツスタイル

引用元:LoL Esports Photos|flickr

最もオーソドックスなTシャツスタイル。MSIで世界制覇を果たしたヨーロッパ代表、G2 Esportsもこのスタイルです。

チームのイメージカラーをベースに、チームやスポンサーのロゴが多く入っているデザインが一般的です。選手たちはボトムスやシューズで個性を出すこともしばしば。寒いときには長袖のアンダーウェアを着込むのが基本のようです。

 

ポロシャツスタイル

引用元:LoL Esports Photos|frickr

シンプルなポロシャツスタイル。ロシアの名門、Gambit Esportsなどがこのスタイルです。

襟元に飾り気がある分、紳士的な気品のある雰囲気が感じられますね。デザインは胸元と肩口にワンポイント程度の、シンプルなチームロゴが似合います。一方で、スポンサー企業のロゴを多く入れたいチームには向かないかもしれません。

 

スタジャンスタイル

引用元:LoL Esports Photos|frickr

Tシャツの上に、スタジアムジャンパー(アワードジャケット)を羽織るスタイル。韓国の絶対王者、SK Telecom T1などがこのスタイルです。2018年の世界王者、中国代表Invictus Gamingの「極」の一文字を背負うスタジャンも印象的ですね。

その名の通り、スポーツ選手のための防寒具として生まれたスタジャン。これをユニフォームにするというのは、eスポーツの「スポーツ」の部分に重きを置いた選択と言えます。また、背面を大きく使ったデザインが取り入れやすいのも特長です。

引用元:LoL Esports Photos|flickr

 

ジャージスタイル

引用元:DetonatioN FocusMe公式|Twitter

Tシャツの上に、ジャージを羽織るスタイル。日本代表として世界に挑んだDetonatioN FocusMeなどがこのスタイルです。

多くの場合、ボトムスもセットアップになっています。一般的なスポーツの感覚ではユニフォームにはなり得ないジャージですが、部屋着に近い楽な格好という意味では、“自室でプレイする”というゲーム文化に根付いたユニフォームと言えるかもしれません。

 

パーカースタイル

引用元:LoL Esports Photos|flickr

ゆったりとしたプルオーバーのパーカースタイル。アメリカの覇者であるTeam Liquidや、同じくアメリカの古豪Cloud9などが、主に冬シーズン用のユニフォームとして採用しているのがこのスタイルです。

スポーツのユニフォームという枠からは少し外れたような印象を受けますが、同時にカジュアルで親しみやすい印象でもあります。「冬服」としての機能性も良く、ファンが着やすいという点も高評価でしょう。

引用元:LoL Esports Photos|flickr

 

まだまだある!特にユニークな韓国のeスポーツユニフォーム
前のページ
1
2
次のページ

ササンチ

プロフィールを見る

ゲームと漫画とスポーツ観戦をこよなく愛する平成のオタク。  大体どのゲームでも「地元では最強、ガチ勢の中では最弱」くらいの腕前。  LoL、スマブラ、ポケモンを中心に幅広くプレイ。任天堂派。

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る