『DBFZ』EVO直前!知ってほしい日本の格ゲーZ戦士達!

ワールドツアーセカンド開幕!盛り上がるDBFZ!

DBFZはワールドツアーセカンドに突入した。キャラやシステムのアップデートを経て、年に一度の「あの大会が到来する。

http://evo.shoryuken.com/ EVO2019公式トレイラーから

EVOだ。EVOがやってくる。まさに格闘ゲームの天下一武闘会。一番見られている格闘ゲームの「超」大型大会だ。DBFZももれなくメインタイトルとして名前を連ねている上、DBFZワールドツアーとしての開催だ。

そして天下一武闘会に強者が集うのは必然。この記事はそんなプレイヤー達を紹介して、日本勢を応援するために存在している。全てはEVO当日に多くの人に楽しんでもらうため、なにより「日本人プレイヤーのとてつもない強さ」を知ってもらうためだ。

怒涛のスーパープレイの連続!CEO2019!

北米時間で6月28~30日に開催されたCEO2019はまさに衝撃だった。とにかく2日目プレイヤーのスキル水準が極めて高い○○が強いではなく全員が強いのだ。そんな中でもtop16に残った日本人プレイヤー達を紹介しよう。

かずのこ

使用チーム(魔人ブウ(純粋)/孫悟飯(青年)/ヤムチャ)

Twitter/配信チャンネル

主な戦績

  • DRAGON BALL FighterZ WORLD TOUR SAGA 6 Japan Round  優勝
  • CouchWarriors Crossup(オーストラリア) 優勝
  • Dragon Ball FighterZ World Tour Finals(アメリカ)  優勝 など
  • CEO 2019(アメリカ) (7位)

まずはこの人を紹介しなければ始まらない。かずのこ選手だ。ファーストシーズンファイナル優勝。ファーストシーズンツアー大会で4回優勝という驚愕の実績を持つ。余談だが彼が4回優勝したおかげでツアーファイナルの当日予選の枠が広がったというプレイヤーとって嬉しいような悔しいような出来事を作った張本人である。

チームの3人目にヤムチャを据えたチームは「かずのこチーム」として当時流行の編成とはまた別ベクトルのアプローチで高い完成度を誇り、彼本人のファーストシーズン後期の活躍を支えた。プレイスタイルはチーム編成だけに留まらない天才的な「攻め」のセンスを駆使した立ち回り。イーブンな状況から自分の攻勢へ持ち込む力は人並み外れている。前ツアーと同じくそのオフェンス力がツアー大会を席巻するか要注目だ。

[前回優勝を飾ったかずのこチーム、未だ健在!]

立川

使用チーム(人造人間18号/孫悟飯(青年期)/フリーザ)

Twitter/配信チャンネル

主な戦績

  • Stunfest 2018(フランス) 3位
  • DRAGON BALL FighterZ WORLD TOUR SAGA 6 Japan Round 3位
  • CouchWarriors Crossup(オーストラリア) 準優勝 など
  • CEO 2019(アメリカ)  9位

そして立川選手。彼はかずのこ選手とともにプロe-Sportsチーム『バーニングコア』からスポンサードを受けている。若手ながら屈指の理論派プレイヤーで、あらゆるキャラクターを研究する熱量はトーナメントシーンで確かに花開いている。

フリーザ様と18号さんのシナジーに着目したオリジナルチームに魅了されたファンは国内外問わず多い。その独自性も対空の厚さやドラゴンラッシュ(投げ)を食らわないなどゲームシステムに忠実な理解があるからこそだ。

今回は体調不良でEVO2019に出られない結果となったが、更なるトーナメントシーンでの活躍を待ち望んでいる。ツアーは始まったばかりだ。

[今大会の個人的ベストバウトである立川選手VSフェンリっち選手。フリーザ様による大逆転劇!]

まっど

使用チーム(魔人ブウ(純粋)/ヤムチャ/孫悟飯(青年期))

Twitter

主な戦績

  • DRAGON BALL FighterZ WORLD TOUR SAGA 6 Japan Round 7位
  • CEO 2019(アメリカ)9位

まっど選手は関西勢でであり、「DBFZ」と同じ開発会社アークシステムワークスの格闘ゲーム「P4U」で目覚ましい活躍を見せたことで知られている。スポンサードこそされていないが、その実力は折り紙付き。なんと言っても今大会予選でかずのこ選手に勝利しているのだから。

フィジカルの強さ、刺し合いにおいての判断においての巧みさが際立つ攻め重視のストロングスタイルな立ち回りが特徴だ。今大会では相当なやり込みを思わせる場面をいくつも見せてくれた。今後に要注目のプレイヤーだ。

[アシストをあらかじめ出してから気弾→バニッシュムーブ→アシストのヒット→拾い直し!高難度なこのコンボを淀みなく仕掛けていくのは実力者の証だ]

[今大会では珍しく試合の合間にセコンドのアドバイスがアリになっている。このセコンド、もしかして・・・]

どぐら

使用チーム(魔人ブウ(純粋)/クウラ/孫悟空(超サイヤ人))

Twitter/配信チャンネル

主な戦績

  • Thaiger Uppercut 2018(タイ) DBFZ  優勝
  • Stunfest 2018(フランス)準優勝
  • Dragon Ball FighterZ World Tour Finals(アメリカ) DBFZ 4位 など
  • CEO 2019(アメリカ) DBFZ 5位

『CYCLOPS ahtlete gaming』(以下CAG)所属のどぐら選手。多種多様な格闘ゲームであらゆるタイプのキャラクターを使い結果を残してきたオールラウンダー。戦績を見ればわかる通りシーズンを通して安定した入賞率を誇る。

それを実現させたのは彼のプレイにおけるクレバーさがだろう。守り主体のゲームを展開しつつも、何より大会や大舞台での勝負強さ、切り替えの早さがズバ抜けており、ベテランという言葉がここまで似合う人もなかなかいないだろう。またトークスキルも関西仕込みの上手さで多くのプレイヤーを楽しませてくれる。

[関西勢対決となったどぐら選手VSまっど選手の試合。まっど選手Zリフレクトに対して心情を察したかのようなどぐら選手の待ち。Zリフレクトは投げ以外の攻撃を弾くが、空振ると大きな隙をさらしてしまう]

フェンリっち

使用チーム(バーダック/セル/ベジータ(超サイヤ人))

Twitter/配信チャンネル

主な戦績

  • DRAGON BALL FighterZ WORLD TOUR SAGA 6 Japan Round 準優勝
  • Dragon Ball FighterZ World Tour Finals(アメリカ)  準優勝
  • EVOJAPAN2019(日本) サイドトーナメント 優勝 など
  • CEO 2019(アメリカ)準優勝

準優勝したのは同じくCAG所属のフェンりっち選手。『ブレイブルー』覇者であり今作でも発売当初から最前線を走り続けている。

コンボなくしてこの人を語ることは出来ない。その火力の高さ、精度の極まりっぷりは計り知れない。あらゆる所から体力満タンのキャラクターを「溶かす」様は芸術。

チーム構成を変えない職人気質な部分も相まってロマンとプレイスキル両方を兼ね備えた名実共にコンボ職人である。彼のセルに魅了されてこのゲームを始めた人間も少なくないだろう。

[中央からでも訪れる突然の「減り」。あまりにも職人]

GO1

使用チーム(バーダック/孫悟空(GT)/孫悟空(超サイヤ人))

Twitter/配信チャンネル

主な戦績

  • $10000 Millennial eSports DBFZ Tournament(アメリカ) 優勝
  • KVO x TSB 2019(KSB2019)  優勝
  • Combo Breaker 2019(アメリカ)  優勝 など
  • CEO 2019(アメリカ) 優勝

最後に紹介するのは今大会優勝のgo1選手。どぐら選手、フェンリっち選手と同じく『CAG』所属のプロゲーマーであり「UNI」「電撃FC」など2D格闘ゲーム覇者。今作ではファーストシーズンから最強の男と言われ続け、現在もその名を欲しいままにしている。

その圧倒的な守りの堅さは素人目で見ても異常なレベルで、一貫して相手の攻めを通さない。堅い。マジで堅い。ガードの判断でこのゲームの右に出る者はいないだろう

そしてあらゆるキャラクターを使うことができる膨大なやり込み。世界最強と言っても言い過ぎではないほどにCEO2019は仕上がっていた。ファーストシーズンファイナルに続いて『CAG』全員がtop8入賞、DBFZにおいて『CAG』は強い存在感を放っている。

決勝のフェンりっち選手とのゲームは頂上決戦。二人ともあまりの上手さにただ感動していた。ここまで人間格闘ゲーム上手くなれるのか。そんなレベルのプレイや読み合いの連続だった。この頂に何人辿り着くことができるのか。EVOはそこまで来ている。

[go1選手があまりにガードが固いために至近距離で「何もしない」を選択したフェンリっち選手。別次元の戦いでしか起こりえない読み合いだった]

top16中6人が日本人という驚異的な入賞率。寝る間を惜しんで日本勢をとにかく応援したくなる筆者の気持ちが少しでも伝われば幸いだ。top16からの試合はOPENREC公式ファイターズロビーの応援配信のアーカイヴがあるのでぜひチェックしてほしい。

ヌキさん、ふーひさん、えいたさん実況解説お疲れさまでした。

前のページ
1
2
次のページ

マニュエル@海老

プロフィールを見る

すげえプレイヤーのすげえ部分を多くの人に見てもらうために副業で文章を書いています。  好きな食べ物は冷凍チャーハン。

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

すべての記事を見る