【PUBG】PJS Season3総合優勝は「DetonatioN Gaming White」!準優勝「Rascal Jester」とともにバンコクへ DAY6ドン勝&アジア大会出場チームインタビュー

『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』(以下、PUBG)のDMM GAMESが主催する日本公式リーグ「PUBG JAPAN SERIES」(以下、PJS)では、2019年7月13日(土)にSeason3最終日となるDAY6が都内オフライン会場にて行われました。

この日、2019年7月26日(金)からタイ・バンコクにて開催されるアジア大会「MET Asia Series: PUBG Classic」に、日本代表として出場するトップ2チームがついに決定。

今回は、各ROUNDでドン勝を獲得したチームに加え、Season3総合優勝チーム「DetonatioN Gaming White」と、準優勝チーム「Rascal Jester」のインタビューをお届けします!

【ROUND9】「Rascal Jester」が今シーズン4度目のドン勝!

「Miramar」で行われたROUND9でドン勝を獲得したのは「Rascal Jester」。今シーズンにおいて、これが4度目のドン勝となります。

熾烈な総合2位争いが繰り広げられる中、このドン勝で「Lag Gaming」と「Crest Gaming Xanadu」を抜き、一歩リードする展開になりました。

SeaKingJAWS選手、Wesker選手 kendesu選手、Maron選手

■「Rascal Jester」インタビュー

――ドン勝おめでとうございます!国際大会への出場がかかった最終日、どのような意識で挑んでいるか教えてください。

SeaKingJAWS これまで声掛けなどコミュニケーションの部分でミスが多かったので、今日はみんな声を出すようにと言っていて、1試合目は頑張れたと思います。

Wesker 冒頭のインタビューでもMOST KILLを取ると言ったんですが、今日はキャリーする気持ちで来たので、この後の試合もキルをガンガン取っていきたいと思います。

kendesu 以前、世界大会にギリギリで行けなかった時に悔いが残ったので、今回は悔いがないように、ミスなく自分のやれることを全部やって、勝ちにいきたいと思っています。

Maron 海外大会のことは特に意識せずに、前回からの反省を活かして、1試合1試合しっかりやっていきたいと思っています。

■ROUND9の試合結果

【ROUND10】「DetonatioN Gaming Black」が降格圏を抜け出すドン勝!

「Miramar」で行われたROUND10でドン勝を獲得したのは「DetonatioN Gaming Black」。今シーズンでは、DAY1ぶり2度目のドン勝となりました。

DAY5終了時点では総合16位となっていましたが、このドン勝で降格圏を脱出。最終的には総合11位まで順位を上げ、Grade1への残留を果たしました。

MimoriN選手、babukichi選手、cocorou選手、Ansiy選手

■「DetonatioN Gaming Black」インタビュー

――ドン勝おめでとうございます!厳しい状況が続いていたと思いますが、今日に向けて改善してきたことや意識したことがあれば教えてください。

MimoriN 大きく変えたことは特になく、この1週間で本当に小さなことでも直せるところは直そうということを心掛けていました。

babukichi チームの雰囲気があまり良くなかった部分も実際あったんですが、その中でも大会当日はしっかり楽しくできるように、みんなで声を掛け合えたのが良かったと思います。

cocorou DAY4やDAY5では、いろんな判断の場面で上手く決めきれず、他のチームに良いポジションを取られてしまうことがありました。そういったところを改善して、はっきりと判断して移動できるようになって、結果がついてくるようになったかなと思います。

Ansiy 皆が言った通りなんですけど、あとはやっぱり気持ちで負けないこと。撃ち合いは日和ったら負けるので、ガッツが大事だと思います。

■ROUND10の試合結果

【ROUND11】「Crest Gaming Xanadu」が2位争いに食らいつくドン勝!

「Erangel」で行われたROUND11でドン勝を獲得したのは「Crest Gaming Xanadu」。今シーズンのドン勝としては、これが2度目となります。

このドン勝で上位チームとの差を縮めましたが、最終的には総合4位に着地。惜しくもアジア大会出場には届かない結果となりました。

Aries選手、Rio01選手、kurad選手、Dep選手

■「Crest Gaming Xanadu」インタビュー

――ドン勝おめでとうございます!Season2最終日の怒涛の追い上げを彷彿とさせる展開となりました。最終ROUNDを控えた今の気持ちを教えてください。

Aries 最初の2試合でコケてしまってすごく焦っていたんですけど、3試合目でドン勝できて、ひとまず安心しました。ただ、まだまだポイントが離れているので、ここからも頑張りたいと思います。

Rio01 ドン勝取って海外大会に行けるかわからないですけど、頑張ります。

kurad 安地が引けて良かったです。

Dep 嬉しいです。

■ROUND11の試合結果

最終ROUNDドン勝で「RJ」が準優勝!総合優勝は「DGW」
前のページ
1
2
次のページ

綾本 ゆかり

プロフィールを見る

ソーシャルゲームをつくっていた会社員時代を経て、現在はフリーライターとして活動。PUBGで観戦の楽しさを知ったことをきっかけに、eスポーツの世界へ。ゲームやプレイヤーの魅力を伝えるべく、イベントレポートやインタビューを中心に取材記事を執筆します。

あわせて読みたい

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

すべての記事を見る