eスポーツ大会「RAGE」Vol.4に追加タイトルとしてストリートファイターVが採用

シブゲー編集部

eスポーツ大会RAGE Vol.4の追加タイトルとして、ストリートファイターVの大会が開催されます。

今回はRAGEとしては初の海外プレイヤーも参加可能なトーナメントとなり、予選が5月20日に、決勝が6月10日にそれぞれ行われる予定です。

引用元:RAGE 公式サイト

◆概要

株式会社CyberZは同社の運営するRAGEVol.4において、昨年開催されたVol.2に続き株式会社カプコンより発売中の格闘ゲーム「ストリートファイターV」を競技種目として採用することを発表しました。RAGEは2015年より運営されているeスポーツ大会で、Vol.4にはShadowverseとストリートファイターVが採用タイトルとして発表されています。

他の競技タイトルについても検討中で、後日改めて発表が行われる予定です。また、CyberZは「本取り組みを通して日本におけるeスポーツの認知拡大を図ると共に、市場発展に向けたeスポーツコミュニティの活性化を目指してまいります。」とコメントしています。

引用元:RAGE 公式サイト

◆大会詳細

RAGE ストリートファイターVの募集人数は256人、12歳以上なら誰でも参加可能です。参加には事前のエントリーが必要となり、エントリー期間は4月19日12:00から5月8日23:59まで、受付は公式サイトにてオンライン上で行われます。また5月20日にRedbull Studioにて予選大会が行われ、予選を勝ち抜いた8名による決勝は6月10日ベルサール高田馬場で実施されます。

賞金総額は300万円、1位には200万円が授与され、参加費用は発生しません。ルールについてはダブルエリミネーション方式を採用し、2ラウンド制のBO3、エントリー時に登録したキャラクター1体のみが使用可能です。また詳細は公式サイトにて公開されているPDFを参照してください。

 

RAGE ストリートファイターV公式サイト
https://sfv.rage-esports.jp/

 

大会の配信は同じくCyberZが運営する動画配信サイトOPENREC.tvにて行われる予定です。

引用元:RAGE 公式サイト

Shadowverseに続いてストリートファイターVが採用されたRAGE Vol.4、決勝はどちらも6月10日にベルサール高田馬場で行われる予定ですが、たまには配信ではなく会場へ足を運んでみるのも楽しいかもしれません。また、さらなる追加タイトルにも注目です。

 

参考サイト
https://sfv.rage-esports.jp/
https://rage-esports.jp/
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000102.000006792.html

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

WRITTEN BY

シブゲー編集部

プロフィールを見る

シブヤの片隅からゲームのことを。シブヤの片隅から、ニュースやキーマンへのインタビュー、イベントレポートを中心に、ディープでエッジの効いたeスポーツ関連情報を発信します。

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る