eスポーツ選手の獲得賞金ってどれくらい?

近年急激な成長を見せているeスポーツでは、若くして有力な選手が億を超える賞金を獲得しています。League of Legends、Dota 2、CS:GOのeスポーツトーナメントに絞り、現在までにどの国のどのプレイヤーが、どれくらいの賞金を獲得したか調べてみました。選手や国の獲得賞金はあくまでトーナメント優勝賞金のみで、スポンサー料や契約料は含みません。

 

◆Dota 2の現在までの賞金

引用元:DOTA2

Dota 2は今までに701回のトーナメントを開催し、現在までの賞金総額は9600万ドルまでに上ります。賞金総額の内85%が上位100名で獲得され、その中でも上位28名は100万ドル以上を獲得している状況です。上位100名が獲得している約8100万ドルの内、もっとも賞金を獲得している国は中国で、8100万ドルの41.7%を獲得。次いでアメリカは10.6%を獲得しています。アメリカは獲得賞金上位100名に5人しか名を連ねていないですが、トップ5の3名はアメリカのUniverse選手、PPD選手、Fear選手が収めています。彼らはチームEvil Geniusで前々回のトーナメントから立て続けに成果を上げ、200万ドル以上の賞金を獲得しています。同じチームで上位100名の内、唯一のパキスタン国籍のSumaiL選手は、わずか2年ほどの選手歴で250万ドル以上を獲得しています。

 

◆League of Legendsの現在までの賞金

引用元:League of Legends

League of Legendsの歴代総額賞金は、1,837回のトーナメントに渡って3800万ドルです。Dota 2のように上位者により賞金が独占されておらず、100名が48%の賞金を獲得しています。獲得賞金上位100名の総額賞金の大部分、39%を獲得している国は、国際大会でも活躍が著しい韓国です。韓国に続き20%を中国、アメリカが10%、台湾が9%を獲得。韓国が中国の約2倍、アメリカの4倍を獲得している割合ですが、実際の額でも更に差が広がります。韓国でもっともLeague of Legendsの獲得賞金が多いFaker選手は現在までに 897,818.98ドルの賞金を獲得しています。アメリカでもっとも獲得賞金の多いDyrus選手は148,642.78ドル、中国のClearLove選手は 347,768.06ドルです。Faker選手はDyrus選手の約6倍、ClearLove選手の約2.5倍の賞金を獲得しています。

 

◆CS:GOの現在までの賞金

引用元:Steam

Dota 2、League of Legendsと比べると賞金獲得割合の偏りがなく、2,223回のトーナメントで賞金の総額は3100万ドルです。欧米勢が多く活躍し、獲得賞金上位100名の総額の内16%をスウェーデンが獲得。次いでアメリカが13%、デンマーク12%、ポーランド10%、フランス10%を獲得しています。トップ5の座はポーランドのチーム、Virtus.Proが独占し、チーム合計の獲得賞金は約220万ドルに上ります。近年ではトーナメントの賞金は増額傾向にあることがCS:GOの特長です。獲得賞金上位者を見ると、選手歴の浅いブラジルのcoldzera選手は9位で獲得賞金は427,818.54ドル、14位のTACO選手は417,926.97ドルです。coldzera選手とTACO選手よりベテランなスウェーデンのflusha選手は15位で397,802.28ドル、16位のJW選手は382,441.60ドルです。

 

◆3つのeスポーツの上位300名

Dota 2、League of Legends、CS:GOの賞金獲得上位300名のランキングを作ると、300名の20.3%は中国、15%が韓国、9.3%がアメリカ、8%はスウェーデンになります。賞金額の高いDota 2の選手たちがランキング上位を占める中、League of LegendsのFaker選手は33位に食い込んでいます。eスポーツのトーナメントによって賞金額も異なるため、実力者の中でも獲得賞金に差は出てきます。選手歴も長いポーランド出身、CS:GOのNEO選手の獲得賞金は463,298.49ドルです。Dota 2のUniverse選手の獲得賞金額2,727,796.47ドルと比較すると約五分の一、League of LegendsのFaker選手の額897,818.98ドルの約半分です。

 

スポーツのようにeスポーツも大きな努力は大きな報酬で報われるようになってきました。League of Legends、CS:GOともに賞金額が増額されるとの話も上がっています。賞金額が表すように、eスポーツの未来も更に大きく発展していく事が予想されます。

参考サイト:

https://www.thescoreesports.com/dota2/news/13962-how-much-money-do-esports-players-make

RELATED POST

関連記事

初めての全国大会制覇は18歳!プロゲーマーGO1の昔話

eスポーツ界でチャンピオンになるには!Rick Foxに聞いた

eスポーツとしても人気のデジタルTCG「Shadowverse」にて「1st Anniversary 人気カード投票」が開催

【一つ目戦記】第12回 hexbell流のキャラ分析 Ana Amari その2

バンダイナムコ『鉄拳7』発売でeスポーツバー“e-sports TEKKEN BAR”をオープン!

2024年夏季オリンピックがeスポーツ採用を検討中

eスポーツプレイヤーのリクルートと管理を行うプラットフォーム『DreamTeam』をリリース。ベータ版のローンチは9月の予定

ハリウッドTCLチャイニーズシアターに“VR”eスポーツシアターが開設!

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RECOMMEND

おすすめ記事

MASTERCUP.9開催直前!たぬかなによる大会出場チーム紹介!

NEW

CYCLOPSインタビュー(たぬかな選手/黒豆選手/nazomen監督)―鉄拳、FIFA、StarCraftってどんなゲーム?―(前編)

NEW

唯一の女性所属チーム『iFTY』がSQUAD優勝!『PUBG ASIA INVITATIONAL G-STAR 2017 Day3 SQUAD』優勝チームインタビュー

NEW

日本の「LJL」から韓国2部リーグへ…元RPGおよびDFM出身Dragonコーチインタビュー

NEW

ビットキャッシュ1万円分を手にするのはどちらのチーム?!CYCLOPS athlete gamingを応援してRazer製ゲーミングキーボードなどの豪華賞品をゲットしよう!

SHIBUYA GAMEでは、一緒にeスポーツシーンを盛り上げてくれる仲間を募集します!

USG Enty選手の韓国LoLプロチームAfreeca Freecsゲーミングハウス訪問記&トライアウト配信レポート

韓国留学中のUSG Enty選手に直撃インタビュー、海外生活や語学学習そしてeスポーツ事情を語る

おすすめ記事一覧を見る

WRITTEN BY

シブゲー編集部

View Profile

シブヤの片隅からゲームのことを。シブヤの片隅から、ニュースやキーマンへのインタビュー、イベントレポートを中心に、ディープでエッジの効いたeスポーツ関連情報を発信します。

ライター一覧を見る

【eスポーツ大会レポート】RAGE Shadowverse Tempest of the Gods オフライン予選大阪大会 Day2

前の記事

『World of Tanks』ファンのためのeスポーツイベント“WG Friendship Day 2017 in Tokyo”が開催決定!

次の記事

RANKING

人気の記事

結婚すると優勝出来る!? 格闘ゲーマーの結婚と強さの関係に迫る!どぐら × ハイタニ 対談

USG Enty選手インタビュー、韓国語とLoLを学ぶため3か月の韓国留学へ出発!

最強ザトー使い小川選手に訊く!『闘神祭2017』直前インタビュー。強キャラ・プレイヤーランキングも!

女性プロプレイヤーたぬかなの『鉄拳7』初心者講座~おすすめ練習方法~

鉄拳プレイヤー たぬかな 話題のアケコン「Razer Panthera」をレビュー

10・22『闘神祭2017 鉄拳7FR』ハイレベルな予選を通過した全15本戦出場チームの戦力情報を紹介!『Twitch JAPAN』で完全生中継!