【一つ目戦記】第9回 Overwatchのゲームモード紹介

こんにちは、CYCLOPS OSAKA 所属のRyoya(@Ryoyapongo)です。Overwatch部門のリーダーを務めています。先日のJeSPA第2回日本eスポーツ選手権大会では準優勝という戦績をおさめてきました。
今回はOverwatchのゲームモードの紹介記事を担当させていただきます。

 

クイックマッチ

現在14マップからランダムに選択された1マップをプレイします。マップ種類は4種類(ポイントキャプチャー(アサルト)、ペイロード、ハイブリッド、コントロール)あり、それぞれのルールがあります。
1チーム6人で1~6人の間なら自由にプレイが可能です。各チーム1ヒーローで同ヒーローの使用は不可能(Overwatchではキャラクターのことをヒーローと呼びます)です。

 

マップ種類ごとの説明

ポイントキャプチャー(アサルト)

勝利条件
攻撃チーム→制限時間内にA、Bコントロールポイントの制圧
防衛チーム→制限時間切れまでコントロールポイントを守り抜く

制限時間は5分で、Aポイントを攻撃チームが制圧するとさらに5分加算され、Bポイントが解放されます。防衛チームはBポイントを守り抜くと勝利となります。
制圧方法は、まず攻撃チームがコントロールポイントエリアに侵入します。侵入すると、制圧率が上昇し、3段階目に達すると制圧成功となります。エリア制圧率が途中までしか溜まってないときに攻撃プレイヤーがエリアから出ると、制圧ゲージは徐々に減少していきますが、段階ごとに制圧率は保持されます。
制限時間がゼロになっても攻撃チーム側がコントロールポイントエリアに侵入しているとオーバータイムが発生します。
A拠点は防衛チーム側のリスポーン地点から遠い場所に位置しているので、攻撃チーム側が有利です。対して、B拠点は防衛チームのリスポーン地点のすぐ傍に位置しているので防衛チーム側有利となり、攻撃チーム側はより早い殲滅が必要となります。

ペイロード

勝利条件
攻撃チーム→制限時間内にペイロード(護衛対象の車両)を目的地まで運ぶ
防衛チーム→制限時間切れまでペイロードの進行を阻止する

制限時間は5分でスタートし、チェックポイントを通過するごとに時間が加算されます。なお、制限時間がゼロになっても、攻撃チーム側がペイロードに触れているとオーバータイムというものが発生し、オーバータイムは攻撃チーム側がペイロードから離れるか目的地に到達するまで継続します。はじめは攻撃チーム側リスポーン付近にペイロードが位置していますが、ペイロードが進むごとに防衛チーム側リスポーンに寄るので、進むごとに防衛チーム側のリスポーンが早くなります。

 

ハイブリッド

勝利条件
攻撃チーム→制限時間内にペイロードを目的地まで運ぶ
防衛チーム→制限時間切れまでペイロードの進行を阻止する

ルールはポイントキャプチャーとペイロードを複合した感じです。
Aポイントキャプチャー後、ペイロードが発進します。オーバータイムの仕様等も前述の2つと同じです。

 

コントロール

勝利条件
コントロールポイントの制圧の進捗率を100%にすること
BO3(best of 3)で行う ※BO3…2本先取のこと

開幕30秒はコントロールポイントにロックがかかっていて、占領することは出来ません。
コントロールポイント内に敵チームが侵入していると占領は不可能で制圧率は上がりません。
100%に至るまでにコントロールポイントを取り返されても進捗率は減少することがなく、占領権を失うまでコントロールポイント内に敵チームがいても進捗率は上昇し続けます。
99%に到達した段階で敵チームがコントロールポイント内に残っているならオーバータイムに突入します。

※オーバータイム…制限時間がなくなっても、目的が争奪中の場合に発生する延長時間のこと

RELATED POST

関連記事

「Hearthstone」の世界一を決めるeスポーツ大会「HCT World Championship」は1月にオランダ・アムステルダムで開催

『リネージュ2 レボリューション』によるeスポーツ大会「LINEAGE2 REVOLUTION TOURNAMENT 血盟王者決定戦」が開催決定

「LoL」の学生向けeスポーツイベント「All Campus Series」Stage2に出場する16サークルの対戦表が発表

eスポーツタイトル「LoL」の世界大会「2017 League of Legends World Championship」は9月23日から中国で開催

『プロ野球スピリッツA』1,000万DL突破で、キャンペーンを開催中。eスポーツ大会採用の新イベントもスタート!

ポルシェとマイクロソフトがeスポーツ分野で提携。eスポーツ大会の開催やポルシェ専用パッケージも登場

【eスポーツ大会レポート】RAGE Shadowverse Tempest of the Gods オフライン予選大阪大会 Day2

プロeスポーツチームDetonatioN Gamingがクレディセゾンとスポンサー契約を締結

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RECOMMEND

おすすめ記事

日本の「LJL」から韓国2部リーグへ…元RPGおよびDFM出身Dragonコーチインタビュー

NEW

ビットキャッシュ1万円分を手にするのはどちらのチーム?!CYCLOPS athlete gamingを応援してRazer製ゲーミングキーボードなどの豪華賞品をゲットしよう!

NEW

SHIBUYA GAMEでは、一緒にeスポーツシーンを盛り上げてくれる仲間を募集します!

USG Enty選手の韓国LoLプロチームAfreeca Freecsゲーミングハウス訪問記&トライアウト配信レポート

韓国留学中のUSG Enty選手に直撃インタビュー、海外生活や語学学習そしてeスポーツ事情を語る

結婚すると優勝出来る!? 格闘ゲーマーの結婚と強さの関係に迫る!どぐら × ハイタニ 対談

ハースストーン日本語化2周年記念「炉端の集い」大阪イベント!ハースストーンの聖地は関西にあり!?

もはや格闘ゲームイベントの枠には収まらず。誰もが楽しめたゲームの祭典『闘神祭2017』2日目リポート!

おすすめ記事一覧を見る

WRITTEN BY

オーバーウォッチチーム

View Profile

CYCLOPS OSAKA所属のオーバーウォッチチーム。メンバーはBep / Hexbel l/ Leiden / Ryoya / Sa1int / tbnPeltor / YATIAYASEの7名。

ライター一覧を見る

関西最大の格闘ゲームファンイベント「KVO × TSB 2017」運営本部から見た72時間

前の記事

「The Wargaming.net League Grand Finals 2017」「World of Tanks」の世界一が決まるeスポーツイベントの出場チームが発表

次の記事

RANKING

人気の記事

結婚すると優勝出来る!? 格闘ゲーマーの結婚と強さの関係に迫る!どぐら × ハイタニ 対談

USG Enty選手インタビュー、韓国語とLoLを学ぶため3か月の韓国留学へ出発!

最強ザトー使い小川選手に訊く!『闘神祭2017』直前インタビュー。強キャラ・プレイヤーランキングも!

女性プロプレイヤーたぬかなの『鉄拳7』初心者講座~おすすめ練習方法~

鉄拳プレイヤー たぬかな 話題のアケコン「Razer Panthera」をレビュー

10・22『闘神祭2017 鉄拳7FR』ハイレベルな予選を通過した全15本戦出場チームの戦力情報を紹介!『Twitch JAPAN』で完全生中継!