台湾Overwatchリーグ参戦中SunSisterインタビュー(後編)―今しかできない、楽しい思い出を!―

プロゲーマーの追っかけ出身である女性ライターのスイニャンがeスポーツ観戦に関するさまざまな情報やコラムを不定期でお伝えします

前編ではおもに「Overwatch Pacific Championship 2017 Season1」についての話を中心にお届けしましたが、後編では選手たちのパーソナリティに迫るような質問をいろいろとしていきます。台湾でのさまざまなエピソードも交えながら、彼らの今後の目標なども余すところなく語ってもらいました。

もっと知りたい!選手たちの素顔を垣間見る

スイニャン:ここからは自分の性格について話してもらおうと思ってるんですが、ほかのみなさんも自由に発言してもらって大丈夫です。

ZETMAN:分かりました。僕は普段はものすごい面倒くさがり屋なんですが、チーム内での性格はどうしたら試合に勝てるかを常に考える「ポジティブ担当」ですね。現状勝っていないことが多いのでテンションが落ちないように笑える状況をつくったりとか、みんなが笑顔の状態でプレイできるように心がけています。

Odenkun:自分はおとなしいですね。あまり周りの人と話さないタイプです。基本的にひとりでゲームしています。

N1ght0wl:寂しい奴かよ(笑)。でもおとなしそうに見えて、けっこう毒吐いたりしてます。

ShirasPan:俺が話しかけるからかもしれないですけど、ふたりでいるときはめっちゃ喋りますよ。俺はOdenkunと逆でずっと喋ってます。夜中にランクしてたら、オーナーにも「うるせぇ」って怒られました(笑)。

Molis:俺は番長やってます(笑)。普段はわりと楽観的ですけど、やると決めたものに関してはけっこうストイックに考えるほうですね。ただ考えすぎちゃって行動にできないというか。周りから答えは欲しいんですけど、あんまり求めに行かないほうですね。性格は相当短気です。

スイニャン:じゃあ次は、XQ選手。

XQ:うーん……。

N1ght0wl:以上です!

一同:(爆笑)

XQ:なんて言ったらいいんですかね。暗くはないですけど、真面目にゲームしているときは、自分で喋っててなんか高圧的かなっていう感じの雰囲気になりやすいです……。

N1ght0wl:ストイックっていうか、負けず嫌いなところが強いのかなっていう。

ShirasPan:Overwatchだけじゃなくて、めっちゃゲームが大好きなんだろうなって。大会とかもすごい見ててびっくりしました。

XQ:レベルの高い試合を見るのが好きですね、まあプレイするのも好きなんですけど。

N1ght0wl:僕はZETMANと同じで基本めっちゃ面倒くさがり屋なんですけど、共同生活していくうえでやるときはやる!って感じです。ほかのときはずっと寝てたりとか、ケータイで海外ドラマを見てたりとか。あとはきれい好きってわけじゃないんですけど、基本的にみんな掃除しないので僕がやってます。みんな衛生観念大丈夫?みたいな(笑)。もう我慢ならん!って感じで。

kira:自分は基本的に普段はけっこうおとなしい感じですね。ゲーム中はうるさいときもありますけど、ゲーム内でもおとなしい性格が出たりすることもありますね。

N1ght0wl:たまにツイッター見てひとりで「フフッ」とか笑ってるよね。

Elu:俺は自分ではそういうつもりはないんですけど、「猫かぶってる」って言われますね。

ZETMAN:絶対かぶってる!腹黒いですよ、絶対。

一同:ただの悪口じゃねぇか(爆笑)。

ZETMAN:いや、なんかけっこう静かでいろいろ見てるんで、いつかやられそう(笑)。

Molis:確かに、人を分析するのは上手そうだよね。

Elu:俺ずっとサッカーやってて、センターバックっていう後ろ目のポジションだったんですよ。だからすべての物事について、若干後ろから全体を見ていたいタイプなんですよね。

N1ght0wl:まさしくルシオ!

今しかできないチャンスをつかんだ男たち

スイニャン:みなさんとても仲が良さそうなのが伝わってきますが、そもそも今回の台湾行きについて躊躇とか周りの反対はなかったんでしょうか。

ZETMAN:選手として壇上でプレイすることが小さいころからの夢だったので、何が何でも行く!っていう感じでしたね。もともとはコーチだったところを、台湾に来るために急きょトライアウトを受けて選手になったぐらい。迷いは一切なかったです。

Odenkun:時期的に就職を考えていたので、自分は迷いましたね。でも周りから「こういうチャンスはないぞ」って説得されて、台湾まで来ることにしました。

Molis:ちょうどこの話が決まる前に子供が生まれたばかりで厳しいかなという感じだったんですけど、嫁が「勝っても負けてもやりきってくれればいい。仕事はできるときにしてくれればいいし、子供の面倒は見られるときに見てくれればいい」と言ってくれて全面的にサポートしてくれているので、来ることにためらいはなかったです。

ShirasPan:俺も話聞いたときにめっちゃ行きたいって思ったんですけど、すでに就活を始めていたのでちょっと悩みました。でも「やっぱりこんなチャンスないから行きたい」って親に話して。父さんとは今ケンカしてますけど、母さんは「帰国してからちゃんと就職してくれるならいいよ」みたいな感じでしたね。

XQ:もともと別のチームでプレイしていたときに台湾の話は聞いていたんですけど、社会人が多くて行けなくて。ちょうどチームを抜けたタイミングでこの話がきて、個人的に一番いい時間の使い方はフルタイムでやれる環境でプレイすることだという考えに行きついたので台湾に来ました。

N1ght0wl:僕の場合は仕事を去年の秋ごろ辞めてて、そろそろ就職しようかなというときにちょうどこの話がきて、だったら台湾3か月行ってから就職するのも悪くないかな、と。中学ぐらいから何回も東京にFPSの試合をしに行っていたので、親も「また行くの?台湾?」みたいな感じだったんですけど。最終的に「帰ってきたらちゃんと働いてね」という感じで了承してくれました。

kira:僕はかなり躊躇しました。その理由は大学を卒業したばかりで就職しようと思っていたからなんですけど、Overwatchが好きでこんなチャンスはめったにないかなと思って、いろいろ悩んだ結果来ることにしました。

Elu:僕はもともとゲームが大好きだったんですが、25歳を過ぎてからはゲームをつくるほうで頑張ろうとゲーム会社に勤めていたんです。でもOverwatchをやってみたらめちゃくちゃ面白くて、プレイヤーとして本気でやってみようということで活動していました。台湾行きに際しては、会社をやめる覚悟で「台湾のリーグに出たい」と上司に相談したら、社長から直々に「休職扱いにするから」と言っていただけたのですごく嬉しかったですね。

右も左も分からない!台湾生活のエピソード

スイニャン:では、台湾での生活はどうですか。困ったことなどはありませんか。

Odenkun:自分は英語も中国語も喋れないのがけっこうきついですね。食べ物ではタピオカが大好きで、毎日タピオカ入りの飲み物を飲んでいます。

ShirasPan:今日も行きつけの中華屋さんで新しいメニューに挑戦したんですけど、Odenkunが「これ字的に小籠包みたいじゃない?」って頼んだら、出てきたのはクリームパン(笑)。でも、言葉が分からないなりに楽しんでますよ。

Elu:食べ物はだいたい予想より味が薄いか甘い。僕、食事として甘いものは嫌なんです。とくにソーセージが甘くて、食べたいものとはちょっと違うなっていう。あとは、タクシーが暴走してるぐらいですかね。高速道路でもない普通に人も渡ってるところで120キロ出てたりしますから。料金が安いのはいいんですけどね。

Molis:自分は楽しいなっていうのはまだ出てきてないですね。でも日本に比べたら分からないことだらけで、それが逆に楽しいなっていうぐらいです。

kira:僕は慣れましたね。高校のころからニュージーランドにいて、大学は日本ですけどアメリカに留学して。帰ってきて今度は台湾みたいな感じなんで、海外の生活に慣れるのは得意なんです。

スイニャン:ところで台湾のファンの人ってどんな感じなんですか。

ZETMAN:俺らファンいないんじゃないですかね(苦笑)。でも運営の方がすごく心配してくれるんですよ。この前も「お前ら元気か?せっかく日本から来たんだから笑顔で頑張れ」みたいなことを言われて。トップチームとの格差みたいなのは運営からは感じなくて、どちらかと言うと下位の俺らに気を遣ってくれていますね。

N1ght0wl:これだけ励まされているチームもないんじゃないかなってぐらい。やっぱり負けたら悔しいし、今わりと全員メンタルやられています。でも、楽しんでやることが一番の近道かもしれないですね。頑張ることは大事ですけど、血眼になって切羽詰まってやるよりも、ある程度和気あいあいとやったほうが上手くいくような気はしています。

台湾での経験やノウハウを日本に持ち帰りたい

スイニャン:では最後に皆さんの今後の目標と、日本で応援してくれているファンの皆さんにメッセージをお願いします。

ZETMAN:もちろん勝ちにはいきたいんですけど、楽しい思い出づくりもしたいですね。そして若い人たちにノウハウを教えられるような経験をしてきたいです。これからも長くSunSisterで戦えるようなプレイヤーになりたいと思うので、応援よろしくお願いします。Twitterでファンの皆さんが声かけてくれるとすごい嬉しくて、いつも励みになってます。

Odenkun:ほかの選手から憧れられるようなプレイヤーになりたいです。ファンの皆さんには、大会のときに配信のコメント欄にいっぱい書いてくれると嬉しいです!応援よろしくお願いします。

Molis:とりあえず環境に慣れるように、というのが目標です。ファンの皆さんにはTwitterのDMやLINEで応援メッセージをいただき、ありがとうございます。引き続き応援よろしくお願いします。

ShirasPan:日本にいる家族に、何かしらの形で恩返しすることが目標ですね。チームに入る前は配信で講座をやっていて、ファンの人たちから「またやってください」とか要望が来るんですけど、それはちょっと待ってもらえたらなと思います。この3か月で俺もやれるんだっていうところをお見せしたいです。

XQ:最近は一番強かったときのパフォーマンスより落ちてきているので、この3か月をフルに使って実力を戻して知識面もしっかり増やして、リーグ終了後にプレイヤー向けに知識を共有してシーンを育てていけたらいいなと思っています。ファンの皆さんには……まあ、見といてください!

N1ght0wl:この3か月でレベルアップして、帰国後もトップシーンで争えるチームでいたいと思います。台湾リーグは韓国リーグのようなレベルの相手ではなく、まだ僕たちが戦える相手だと思うんです。今は応援してくれている方にカッコ悪いところしか見せられていませんが、「応援していて良かった」と思ってもらえるような形にもっていくので楽しみにしていてください。

kira:チームで勝つことも重要ですが、僕個人の目標としては自分のプレイに注目してもらえるような選手になりたいです。試合ではあまりサポートは映してもらえないですけど、たまにある視点のなかで「サポートがこんなすごいプレイをしているぞ」と注目してもらえたらと思います。まあ、あんまり僕を応援してくれる人はいないと思うんですけど(苦笑)、応援よろしくお願いします。

Elu:僕はプレイヤーとしてeスポーツを日本に広めたいです。プレイ面では目立たないポジションなんですけど、メンバーが最大限のパフォーマンスを出せるように上手くできたらなと思います。僕もファンはあまりいないと思うんですけど、僕と同じように一旦ゲームから離れていた人や年齢が上の人も、僕を見てもう一度やってみようかなって思ってもらえたら嬉しいです。自分だと思って、応援してください!

前後編にわたってお送りしたSunSisterのインタビューは以上です。あくまでも自分たちはプロではなく、学業や仕事と両立させていくスタンスなのだというSunSister。そんな彼らが、「この3か月だけは」というマインドで「今」を精一杯楽しんでいました。だからこそ、私がこれまで見てきたプロゲーミングチームとはまた違った魅力で、新鮮に映ったのかもしれません。そんな彼らの出場する「Overwatch Pacific Championship 2017 Season1」は毎週金土日に行われています。ぜひ配信を見て、彼らを応援してみませんか。

SunSister
公式ページ:http://www.sunsister.net/

 

RELATED POST

関連記事

【一つ目戦記】第31回 Overwatch サポートソンブラについて その3

eスポーツ実況システム「bi-e-Play」の大会リプレイ機能「Battle Timeline」が10月21日の闘神祭で採用決定

「スプラトゥーン2」の公式eスポーツ大会「第3回スプラトゥーン甲子園」の詳細が発表、決勝大会は闘会議2018で実施

LeagueU、これぞ青春の1ページ! LoLで学生の頂点を決める「All Campus Series」決勝戦会場レポート

eスポーツが大学で学べる?!マレーシアの大学でeスポーツの授業が開講

【一つ目戦記】第36回 「ウィンストン」を使って勝利をつかみとれ!

台湾で条例の改正が行われ、eスポーツが新たにスポーツ産業として定義

北米で人気のeスポーツタイトルMARVEL VS. CAPCOMシリーズ最新作の海外向け発売日が発表、国内は2017年9月21日?

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RECOMMEND

おすすめ記事

ビットキャッシュ1万円分を手にするのはどちらのチーム?!CYCLOPS athlete gamingを応援してRazer製ゲーミングキーボードなどの豪華賞品をゲットしよう!

NEW

SHIBUYA GAMEでは、一緒にeスポーツシーンを盛り上げてくれる仲間を募集します!

USG Enty選手の韓国LoLプロチームAfreeca Freecsゲーミングハウス訪問記&トライアウト配信レポート

韓国留学中のUSG Enty選手に直撃インタビュー、海外生活や語学学習そしてeスポーツ事情を語る

結婚すると優勝出来る!? 格闘ゲーマーの結婚と強さの関係に迫る!どぐら × ハイタニ 対談

ハースストーン日本語化2周年記念「炉端の集い」大阪イベント!ハースストーンの聖地は関西にあり!?

もはや格闘ゲームイベントの枠には収まらず。誰もが楽しめたゲームの祭典『闘神祭2017』2日目リポート!

【闘神祭2017】たぬかな選手と若手選手が大活躍!『鉄拳7 FATED RETRIBUTION』と『THE KING OF FIGHTERS XIV Arcade Ver.』のChampions Cupをリポート!!

おすすめ記事一覧を見る

WRITTEN BY

スイニャン

View Profile

韓国在住経験5年。在韓中の2006年ごろeスポーツと出会い、StarCraft: Brood Warプロゲーマーの追っかけとなる。帰国後2009年ごろからさまざまなWEBメディアで取材・執筆活動を行うほか、語学力を活かして韓国人プレイヤーのインタビュー通訳・翻訳や国際大会の日本代表団引率通訳などの活動も行っている。自らはゲームをほとんどプレイせず、おもにプロゲーマーの試合を楽しむ観戦勢。

ライター一覧を見る

CAPCOM Pro Tour大会「FINAL ROUND XX」レポート(前編)

前の記事

LoLのeスポーツリーグLJL Summer Split 2017は6月2日より開幕

次の記事

RANKING

人気の記事

結婚すると優勝出来る!? 格闘ゲーマーの結婚と強さの関係に迫る!どぐら × ハイタニ 対談

USG Enty選手インタビュー、韓国語とLoLを学ぶため3か月の韓国留学へ出発!

最強ザトー使い小川選手に訊く!『闘神祭2017』直前インタビュー。強キャラ・プレイヤーランキングも!

女性プロプレイヤーたぬかなの『鉄拳7』初心者講座~おすすめ練習方法~

鉄拳プレイヤー たぬかな 話題のアケコン「Razer Panthera」をレビュー

10・22『闘神祭2017 鉄拳7FR』ハイレベルな予選を通過した全15本戦出場チームの戦力情報を紹介!『Twitch JAPAN』で完全生中継!